数字の「4」が怖い! 更に「2」も!

シェアする

フリーランスの執筆業に就くガレス・ソルターさん(37)は、数字の「2」と「4」に異常な恐怖心を抱いており、そのために日常生活でもさまざまな不便を経験。買物では2番目と4番目の棚にあるものを買えないばかりか、「2 for 1(2つで1つの値段)」という特別割引の恩恵にも与れず、好んで食べるシリアル「Special K」も、2ポンド44ペンス(約488円)の値札をつけている近所のスーパーからは購入することができないという。

「4」だけでなく「2」も駄目というダブル・ショック! でもミスタの場合、「4つ」のものから”選ぶ”と良くない事が起こる、というものなので、4の付くモノ自体は、案外気にしなさそうな気も?

関連:

  • 数学者らが完全に公平にケーキを切る方法を発見BioNews Archive

    この方法は、当事者が2人か3人の場合のみ、「完全」である。Bramsたちは、当事者が4人の場合の「完全」な方法を見つけていない

    記事は2004年01月15日のものだが、4人で分ける方法が発見された、というニュースは未だ届いていない。

(情報グラッツェ!<名無しさん)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい
  • だいち

    是非変人偏屈列伝に出てほしいですね~
    あれまた出ないかなぁ…なぁーんて願望はヤバイ?ハハハ