1月30日発売予定「西尾維新クロニクル」にて、荒木飛呂彦×西尾維新スペシャル対談が掲載!!

シェアする

追記(2006/01/03):
書籍名が「西尾維新ANALYSYS」から「西尾維新クロニクル」に、発売日が1月16日から1月30日に正式決定。Amazonの商品紹介を元に見出しと情報を差し替え。

西尾維新クロニクル[AA]
価格: ¥1,680 (税込)
宝島社 ; ISBN: 479665092X ; (2006/01/30)

出版社 / 著者からの内容紹介
戯言シリーズ完結を記念したファンブックが満を持して登場します! 
このファンブックのためだけの書き下ろし小説を収録! 
ついに実現! あの荒木飛呂彦氏と西尾氏によるスペシャル対談! 
西尾氏が語る「戯言」シリーズのすべて 
…などのスペシャル企画はもちろん、西尾作品のイラストレーターコレクション、
戯言キャラクター大図鑑、西尾維新・全仕事、などファン心をくすぐる企画が満載。
ファン必読の一冊です!

(目次より)
○TALK BATTLE1  荒木飛呂彦×西尾維新
「すべてはジョジョからはじまった!」





西尾維新(にしお・いしん)氏は、2002年に「クビキリサイクル」(AA)で第23回メフィスト賞を受賞し、デビューしたライトノベル作家(参考:はてなダイアリー – 西尾維新とは)。代表作の「戯言」シリーズと呼ばれる連作は、11月26日に発売された「このライトノベルがすごい!2006」で、堂々1位を獲得している(ちなみに昨年も2位を獲得)。

そんな西尾作品は、作中に少年漫画ネタ、中でもジョジョネタがかなり多い事でも有名。(これまでも多くのタレコミを頂いておりました。(3)TANさん、sawaraさん、U-keyさん、TMSIさん、緑茶さん、どらねくさん、グラッツェ!)

西尾作品のジョジョネタについては、Morning Gloryさんの「西尾維新のジョジョ」コーナーを参照。ちなみに、戯言シリーズの最終章で、先月に下巻が発売された「ネコソギラジカル」(AA)も、「それはスタンドで言えばパープルヘイズみたいなモンか」、「やっぱそいつはマン・イン・ザ・ミラーみたいな認識でいいのかな」といったネタが出てくるとか(笑)。

自作にジョジョネタを使うほどの生粋のファンである西尾先生が、荒木先生本人を前に、一体どんなトークを繰り広げるッ!?(イロイコ先生のことだから、西尾作品を全然読まずに対談…なぁーんて冗談はヤバイ?ハハハ…。)

関連:
(情報グラッツェ!<名無しさん)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい
  • c-moon

    この西尾って人は荒木氏と肩を並べて対等に対談するくらい偉いの?

  • DIO

    どんな者だろうと人にはそれぞれその個性にあった適材適所がある
    漫画家には漫画家の・・・・・・
    ライトノベル作家にはライトノベル作家の・・・・・・
    それが生きるという事だ

  • 名無し

     ちなみに、『零崎軋識の人間ノック2』にも「プロシュート兄貴にマジ説教」という台詞がある。マジ吹いたwww

  • 774
  • 謎の人物

    おもしろい

  • レン

    西尾維新はえらいの

  • ami

    1巻を小6の時に読みました。
    もっと早く読んどきゃよかった・・・
    西尾維新はえらいしうまいし最高です

  • シキ

    西尾維新さんの作品は最高です!!面白くて、しかもひねってある!傑作です!