6月24日開催、東海中学・高等学校のイベント「サタデー・プログラム」に、荒木飛呂彦先生が講師として参加決定!

シェアする

愛知県名古屋市の東海中学校・東海高等学校で毎年2月と6月に行われている、講師を多方面からお招きし、講習を行ってもらう企画「サタデー・プログラム」(通称サタプロ)。その第9回(2006年6月24日開催)の講師の一人として、何と、荒木飛呂彦先生が参加されることが決定ッ!!

サタデー・プログラム /
2006年6月24日開催 第9回 講座案内
第2部(12:30~14:00)

講座番号 24
講座名 「漫画家という仕事」
講師 荒木飛呂彦(漫画家)
講座の内容 86年から連載が続く「ジョジョの奇妙な冒険」。「人間のつながりをずっと描いている」と語る荒木先生の、中高時代のことから、今の仕事まで熱い人生論!

学校・生徒が運営するイベントだが、学校の生徒やOBだけでなく、一般からの参加も自由ッ!!(うっ…うれしい!) 勿論、他府県からの参加も『許可』されるゥゥ―――ッ!(名古屋まで来れれば、だけど…。)


追記(2006/05/30、31)
荒木先生の講座について、5月30日にサタデープログラム 公式サイト『緊急告知』が。

講座番号24番の荒木飛呂彦先生の講座は、申し込み数が予想以上に多く、当日、大変混雑することが予想される状況となりました。
そこで、混乱を避けるため、サタデープログラム当日の朝8時30分より、講座受講用の座席指定券を配布することにしました。

会場(講堂)の座席数は約1500席、立ち見エリア200名分を含み、
1700名収容可能です。

1700名以上の受講者希望者となった場合には、本校一般教室で1500名以上の方が荒木先生の講座をTV中継での受講ができるようにさせていただきます。

立ち見を入れて1700名、更にTVでの受講も1500名以上なので、見れないなんて事にはならなさそう? とはいえ、やはり早いうちに座席指定券をゲットするのが「確実」。なお、学校近辺は住宅地。徹夜で並ぶのは住民の方に迷惑となる為「許可」されないィィ!! ファンなら紳士に行動しよう(当日の学校の開門時刻は7時)。
今後も発表があるかもしれないので、サタデープログラム 公式サイトは、こまめにチェックしよう。

関連:

(情報グラッツェ!<O-TAKEさん)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい