荒木飛呂彦先生、あの独特の「擬音」表現を熱く語る!!

シェアする

7月4日と7日に放送された、NHK BSのマンガレビュー番組「マンガノゲンバ」で荒木先生が出演。その中で、独特の荒木ワールドを象徴する要素の1つである「荒木流擬音」について、こう熱く語られた。

(Dioとジャイロの走行シーンのネーム(ちなみにキャラはマルと名前だけだが、擬音は既に書き込まれている)を指しながら)
「ディオが主人公のジャイロをこう抜いていくとこだから、
”グウウウウウン”って感じが欲しいんですよね。
”グウン”とかって言うのではなくて、”グウウウウウン”(力を込めながら)って感じですね。例えばこう、”グウン”と”グウウウウウン”じゃ違うんだよね。
何か”ウ・ウ・ウ~”が欲しいですよね、この何かこう…、振動のような、「うねり」ですね。」

「映画とか見てて気になるのは、
あの「拳銃の音が同じ」とか嫌なんですよね
色んな種類の銃の音が、”ガキューン”とかね、”ガンッ”とかね、”ドンッ”とかね、色々欲しいですね。」

「だから馬の蹄の音もこう、
”ドカラッ”って言ったり、”バカラッバカラッ”って言ったり、
”パカラッパカラッパカラッ”って言ったり、
”ドカッドカッドカッドカッ”と走ったり、
”ガンッ”て走ったりね、色々あるんですよ。」

「あんまり気にしてないかもしんないけど、そういう「音響」で全然…、何だろうな、見ている感じ、引き込まれる感じが違うんですよね、やっぱり。」

マンガ作品における擬音表現を、「音響」と言い表す荒木先生。
この発言を踏まえて『SBR』を読み返すと、また新たな発見がある・か・も。

関連:

  • フジCS『週刊少年「」』でのインタビューより。

    船越:荒木流擬音はどこから思いついたものですか?
    荒木:これはヘビメタですね。ギュウゥゥ―――ンとか。
    船越:あれは楽器の音だったのですね。
    荒木:そうです。あとホラームービーとかに出てくる。キュンキュンキュンキュン……とか。
    船越:出てきますねぇ。
    荒木:ああいうやつ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい