ジャイロ・ツェペリVS… こち亀連載30周年記念本『超こち亀』に、荒木飛呂彦先生も寄稿!!

シェアする


「こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)」のジャンプ連載30周年を記念して作られた特別企画本『超こち亀』。こち亀の歴史的資料としては勿論、こち亀と「ゴルゴ13」「ルパン三世」「キン肉マン」「ドラゴンボール」の驚愕コラボ漫画、雑誌や出版社の枠を越えた総勢82名の作家達による特別寄稿など、常識をブッ飛び超えた内容となっている。

そして、特別寄稿には当然、荒木飛呂彦先生も参加ッ!! 今回の特別寄稿は、自らの代表作と「こち亀」とをコラボさせた1ページ漫画、その名も「こち亀キャラ in アナザーワールド」。荒木先生のコラボ作品は、「スティール・ボール・ラン」!! ジャイロ・ツェペリの挑発に、「奴」は…!?
(色んな意味で) 濃 密 世 界 を 目 撃 せ よ ! !

#『超こち亀』の凄さについては、「マンガがあればいーのだ。」さんの、「超こち亀が超すごい」「超こち亀が超すごすぎて卒倒しました」を見れば、理解『可』能。

関連:

  • うすた京介先生の個人サイト「めくるめけ日々」、9月16日の日記より。

    秋本先生の連載30周年記念パーティに参加。
    (中略)今までビビって一度も話せなかった荒木先生と初めて話ができたので
    個人的には相当感激でした。
    メチャメチャいい人だったな…何をあんなにビビってたのか。

Amazon.co.jp

(情報グラッツェ!<ラミーさん、tamaさん)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい
  • ふだん、ネットの漫画サイトでは無視されがちな「こち亀」ですが(苦笑)、超こち亀の凄さはあちこちで盛り上がってますね。亀マニアとしては嬉しいです。
    荒木先生は以前、「4部の頃、JoJoをこち亀みたいにする(虚構と現実の区別を曖昧にする)案もあった」って仰ってましたっけ。