2月19日発売「週刊プレイボーイ」連載の、南海キャンディーズ『2時間だけのトリオ』、今回のゲストは荒木先生!

シェアする


2月19日発売の「週刊プレイボーイ」3/5号で連載されている、南海キャンディーズの山ちゃんとしずちゃんがゲストを招いて「トリオ」で対談するコーナー『2時間だけのトリオ』に、今回ゲストとして荒木飛呂彦先生が登場!(記事はモノクロ4ページ)。
いつもはアイドルが招かれるコーナーのようだが、今回はしずちゃんの強い希望で「しずちゃんにとってのアイドル」である、荒木先生との対談が実現したとか。まるで、しずちゃんが投げたボールを、荒木先生が明後日の方向に打ち、それを必死に捕らえる山ちゃん、そんな奇妙に息の合った対談は、「漫才」のような面白さ。

「しずちゃんが憧れの荒木先生をデートに誘うとしたら?」、という問いに、しずちゃんの回答は「オーロラを見に行きたい」。寒いと言い合いながら何日もオーロラが見えるのを待つ、と言うしずちゃんに、荒木先生は…

荒木:「ははははは! ロマンチックですね。すっごく仲良くなれそうだけど、
もし死にそうになったら喧嘩して、最終的にお互いで食べ合ったりしてね

なんかグロいよ! 荒木先生!! 更に、「荒木先生がしずちゃんとのデートプランを考えるとしたら?」、という問いに、荒木先生は、

荒木:「妖怪を見に行きたいですね。
もし、妖怪を見れなくても、遠野とか出雲とかの草原から、しずちゃんが神秘的に現れてほしいなぁ。

なんかヒドイよ! 荒木先生!! そんな荒木先生に、しずちゃんは、「私、よかった、妖怪で(ハァト)」。OH! MY! GOD!

#荒木先生を悪く言う意図は全く無いデス。というか、ギャグです。念の為。

関連:

Amazon.co.jp

  • 死刑執行中脱獄進行中―荒木飛呂彦短編集

    この作品執筆時の担当編集者が、
    「猫が好きで好きでしょうがない。生活する上での心の希望なんだよ」
    とまで言ったので、
    「でも、アンデスの山中で遭難したら、食べちゃうよ、きっと
    と言ったイジ悪なわたしの性格が生み出した一編。

    (あとがきより、「ドルチ ~ダイ・ハード・ザ・キャット~」解説)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい
  • c-moon

    私今回のこの対談見ましたが、そんなにひどいとは思いませんでした.
    @氏の引用はごく一部であり、そしてその前後の文も引用されていないので、すこし度きつい印象を与えますが、この対談には吉良についての興味深い考察が載っていますので、非常によろしいものに仕上がっていると思います.

  • Dan

    そりゃちょっとネタにマジレスしすぎじゃないかのう承太郎
    こういう風にアラッキーの天然っぽい爆弾発言を楽しむのもまた一興、というか最近はそれ目的でインタビュー読んでる俺。

  • うり

    少なくとも今回の記事は内容を悪く言うためのものではないでしょう>c-moonさん