あのタロットも付いてくる!『ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダース DVD-BOX』、5月25日発売!

シェアする


ジョジョ3部OVAの豪華BOXセット、『ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダース DVD-BOX』[AA]は、5月25日発売! 
1993-1994年と2000-2002年に掛けて制作されたジョジョ3部OVA全13話に、映像特典として、単巻DVDで収録されていた、当時の荒木先生や関係者インタビューなど貴重な映像も収録。トータルボリュームは、本編420分+映像特典75分とかなりのもの。(ただし各話にオープニング、エンディングがあるので実際はもう少し短く感じるかも)

  • 【DISC 1】
    • Adventure.1 「悪霊」
    • Adventure.2 「法皇の緑」
    • Adventure.3 「銀の戦車&力」
    • Adventure.4 「皇帝と吊られた男」
  • 【DISC 2】
    • Adventure.5 「裁き」
    • Adventure.6 「報復の霧」
    • Adventure.7 「正義」
    • 映像特典
      2000.3.14.制作発表会 / 設定資料集 / カラー設定資料集 / スタッフ・インタビューPart.1(企画制作 野村和史(A.P.P.P)) / スタッフ・インタビューPart.2(キャラクターデザイン・総作画監督 羽山淳一) / スタッフ・インタビューPart.3(スカイウォーカーサウンド) / ILLUST COLLECTION(旧作DVDのジャケットイラスト)
  • 【DISC 3】
    • Adventure.8 「愚者のイギーとゲブ神のンドゥール(前編)」
    • Adventure.9 「愚者のイギーとゲブ神のンドゥール(後編)」
    • Adventure.10 「ダービー・ザ・ギャンブラー」
    • 映像特典
      原作者・荒木飛呂彦インタビューPart.1(1993年) / 監督・北久保弘之インタビュー(1993年) / 原作者・荒木飛呂彦 VS 監督・北久保弘之スペシャル対談Part.1(1994年)
  • 【DISC 4】
    • Adventure.11「DIOの世界 亜空の瘴気ヴァニラ・アイス」
    • Adventure.12 「DIOの世界 花京院 結界の死闘」
    • Adventure.13 「DIOの世界 さらば友よ」
    • 映像特典
      原作者・荒木飛呂彦インタビューPart.2(1994年) / 原作者・荒木飛呂彦 VS 監督・北久保弘之スペシャル対談Part.2(1994年) / 原作者・荒木飛呂彦 VS 監督・北久保弘之スペシャル対談完結編(1994年)

3部OVA本編についてはバンダイビジュアルの特設サイトを参照。声のチョイスがちょっと渋すぎる感もあるが、3部の魅力を損なわず、OVAだけの名言(?)「タンクローリーだッ!」など、オリジナルの展開も上手く盛り込まれて、グッとくるアニメとなっている。特典映像の14年前の荒木先生も、思わず「若いッ!」と言ってしまうこと請け合い(笑)。

DVDのオリジナル特典は、荒木先生のイラストから起こされた、完全再現タロットカード31枚セット

以前発売された単巻DVDでも特典として数枚ずつ付けられ、当時のネットオークションではセットだと相当なプレミアが付いていた逸品。見た目にもディ・モールト美しく、表面もマット加工(デスノートのコミックス表紙のような感じ)されており手触りもグッド! ある意味、DVD本編よりもレア、か・も?

プラチナ色に輝く豪華BOX装丁に、北米でのイベントの際に限定販売され、国内未発売だったサントラCD、単巻DVDのイラストなどを収録したブックレット付きで、定価は24,800円(税込)。

1話が7140円もしていた単巻DVDに比べれば破格の安さとはいえ、決して安い値段ではないので、財布の中身と相談しつつ、この機会に3部OVAを手元においておきたい方、特典のタロットカードがディ・モールト欲しい方、今と変わらない若々しい荒木先生が見たい方は(笑)、この機会にBOXセットを購入するのもいい世界かも。

#オレもこのBOXセットを購入済み。初めて…アニメのDVDを買っちまったァ~~~♪ でも想像してたより面白いな!(北久保監督が1部映画を手がけていれば…なぁーんて言葉は禁句?…ハハハ。)
関連:

  • バンダイビジュアルのジョジョ3部OVA紹介
    1話・8話は視聴無料! 2~4話、9~11話も、1話100円で配信中。
  • 荒木先生は、「ああ、そんなのあったね(笑)」とは言っていない!?

    例の「ああ、そんなのあったね」の件ですが、これは荒木先生自身が発言した言葉ではないと思います。
    少なくとも、私も実際に見聞きした事はありません。
    2ちゃんのジョジョスレから発生した言葉だったはずです。

    で、調べてみたところ、2001年8月10日、本スレPart59の843に
    「丈助ってガキの頃同じ髪型の高校生に助けられてるよな? あれってなんかの伏線だと思ってたの俺だけ?」という書き込みがあり、
    845で「対談で荒木自信が「ああ、そんなのあったね(笑)」と言ってた気がする。」とのレスが付いてました。
    以前からあんまりその質問が多かったので、次スレ以降
    この言葉がテンプレに追加され、いつの間にやら
    先生自身の発言として定着しちゃったみたいですね。

    「あらき100%」のマサさんより頂いたタレコミ。この噂の元となったのが、OVAの荒木先生と監督との対談。真相はDISC4の「原作者・荒木飛呂彦 VS 監督・北久保弘之スペシャル対談完結編」をチェック!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい
  •   

    私も25%OFFの時に購入しました…
    でも週末が楽しみだー

  • ハチ公

    是非とも欲しいが、高校生のお小遣で2万以上はキツイ……

  • ジョヴァ~ナ

    「買う」と心の中で思ったらならッ!
    その時スデに行動は終わっているんだッ!といいたいところだが貧乏学生の自分には・・・・・・

  • ネコドラ

    初めて・・・・・・DVD-BOXを買っちまった~~~♪
    ンドゥール戦からはディ・モールト良いです

  • ネコドラ

    「ああ、そんなのあったね」はやはりガセ、というか間違いでしたね。
    荒木先生VS監督 完結編より
    監督「4部って長い構成なんですか?なんか振りが合ったじゃないですか。ほら・・・、仗助が昔の自分に会うみたいな・・・」
    先生「あ~、アレは関係ないですよ。あれは・・・ただの仗助の思い出ですよ(笑)」
    正しくはこうでした。

  • 匿名

    購入ッ購入ゥ!

  • kujo.28

    フゥゥー…単巻持ってるのに買っちまったァー。でもそうぞうしてたよりなんて事あるな、そして俺に向かってマンモーニなんて言えるヤツは・・・。だがしかし、BOXのカードは角が丸くて裏面の模様が上下逆で色が濃いッ!この俺の目はごまかせねぇ!と思ってたら原作のカードの角も丸かったァー!ACT2仕様ということかッ!しかもサントラとブックレットまで付いてきて最高にハイってやつだァーー!!