クオリティ維持のためには仕方ない? TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』は“分割4クール”で確定

シェアする

2014-07-31-jojopremia2

 本日行われた第2回「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」プレミア上映会にて、全4クールでの放送が決定しているTVアニメが、途中でインターバル期間を挟む、いわゆる「分割4クール」であることが明らかにされた。(イベントの詳細はGIGAZINEさんの第2回プレミア上映会レポートを参照)

 アニメが毎回ハイクオリティな分、仮に4クールを無理やり1年で「息がとまるまでとことんやるぜ!」とやったとしても、途中で力尽き、ズィー・ズィーの本体のようにアンバランスなクオリティになる可能性が高い。それよりも、間にきちんとインターバル期間を設けたうえで、クオリティを最高に「ハイ!」に保つという選択は、製作陣にとってもジョジョファンにとっても、「それでいいっ! それがBEST!」な選択だろう。「すべてはッ おのれの弱さを認めた時に始まる」。

 現在発売中のブルーレイが全6巻(24話)のため、第24話の放送後にインターバル期間に入ると思われる。願わくば3ヶ月、長くても6ヶ月くらいで再開して欲しいところ。

★次回、第3回プレミア上映会は「大阪」で開催決定ッ! ゲストは花京院典明役の平川大輔さん。プレミア上映会は今後「日本全国に向けて旅立ちます!」との事なので、他の地方のジョジョファンも、今後の展開に注目しよう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい