ユリイカ 2007年11月臨時増刊号 『総特集*荒木飛呂彦』、11月12日発売!

シェアする

  • 『ユリイカ 2007年11月臨時増刊号』青土社


    『ユリイカ 2007年11月臨時増刊号』
    総特集*荒木飛呂彦
    鋼鉄の魂は走りつづける


    【徹底討議】
    男たちの奇妙な愛情 !? 『ジョジョの奇妙な冒険』 の平行世界 / 荒木飛呂彦×斎藤環×金田淳子

    【みんなARAKIで大きくなった!】
    荒木作品が世界最高の学術誌の表紙を飾るまで / 瀬藤光利
    『ジョジョ』 だってインフレする! / 元長柾木
    ユーロ・ロックについて / 宇波拓

    【「才能」 と 「才能」 は惹かれあう!】
    ~絵師たちより 拝啓 荒木先生~
       西島大介 田邊剛 丹治匠 彩景でりこ

    【荒木飛呂彦の多元宇宙】
    足や靴には裏がある
     本体とスタンドにおける 「フォーム」 序説。とりあえず、
     杜王町シリーズの広瀬康一(エコーズ)と吉良吉影(キラークィーン)の戦いを例にして / 草森紳一
    奇跡について 荒木飛呂彦先生、告白 / 杉田俊介
    世界と繋がる、もうひとつの冴えたやり方 『ジョジョ』 の神学的理解のための素描 / 宮昌太朗

    【美と方法をめぐって】
    法外なもの、不均衡なもの、否定的なもの マニエリスト漫画作家、荒木飛呂彦 / 加藤幹郎
    Stand and distortion 荒木飛呂彦の 「立ち位置」 / 暮沢剛巳
    ヘブン・ノウズ・ハウ・ザット・ビジョン・イズ 〈ねじれる視線〉と〈神の視点〉の可能性 / イズミノウユキ

    【ジョジョ立ちアルバム】
    ジョジョ愛炸裂! 『ジョジョ立ち』 ヒストリー / カジポン・マルコ・残月

    【上々の女子も 『ジョジョ』 が好き!】
    D/J ジョジョの奇妙な構造と力 / 金田淳子
    加速する肉体の氾濫/反乱 『スティール・ボール・ラン』 から始まるアメリカ / 小澤英実
    ビューティフル・ワールド! 『ジョジョの奇妙な冒険Part6 ストーンオーシャン』 を読み解く / 吉田アミ
    この神聖なお転婆娘たち 荒木飛呂彦作品における女性観の変遷について / 野中モモ

    【資料】
    極私的スタンド事典 / 編=川島章弘+市川真人


11月12日(月)発売の「ユリイカ 2007年11月号臨時増刊」は、『総特集*荒木飛呂彦』と題した、1冊まるごと荒木飛呂彦先生の特集号! 
「男たちの奇妙な愛情 !? 『ジョジョの奇妙な冒険』 の平行世界 / 荒木飛呂彦×斎藤環×金田淳子」や、「『ジョジョ立ち』 ヒストリー」(執筆は文芸ジャンキー・パラダイスカジポンさん!「一週間をかけて書いた炎の1万7千字、とくと読んで欲しいッ!」との事)、マンガ・イラストエッセイ、論考、資料など、多岐に渡る記事を収録し、価格は1,200円(税込)。
ちなみに表紙イラストは、JOJO6251―荒木飛呂彦の世界[AA]で描き下ろされた、1部~4部のジョジョ(「JOJO6251」ではカラーで収録)。

関連:
  • 『書き続ける勇気~少年漫画の王道をゆく~』 (1997年/ユリイカ4月号) ジョジョ百科事典
    この時のインタビュアーも、斎藤環さん。この方はディープなジョジョマニアのようで、「ユリイカ 2004年9月増刊号 総特集 西尾維新」で西尾維新先生と対談された時も、「世の中には、「『ジョジョ』は三部まで」というヌケサクが多くて困るんですよ(笑)。」とも発言されていたとか。(ジョジョは3部で完結した、と思ってる人が意外と多い事を指してると思われる。)
(情報グラッツェ!<Tさん、SWTさん、nagaさん、jigenさん)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい
  • 樹海

    >「世の中には、「『ジョジョ』は三部まで」というヌケサクが多くて困るんですよ(笑)。」
    どうなんだろうこの人。
    ファンであることは分かるけど、荒木の前でなんか痛いことやっちゃいそうな気が…

  • 千林豆ゴハン。

    【論考】のなかに、瀬藤光利先生の御名前があります! w
    こちらのインタビュー
    http://www.gelifesciences.co.jp/newsletter/life_science_news/pdf/lsn2004_2_interview.pdf
    では、「老化研究の重要性」「老化を(研究)テーマに選んだ動機」について語っていらっしゃいますくらいですので、こちらの『ユリイカ』でも荒木先生の若々しさについて説き明かしているのかもしれません。

  • サーレー

    西島大介がどんな風にジョジョを描くか気になるw
    しかし11月はジョジョ関連に出費が多くて喜んでいあのやら悲しんでいいのやら・・・

  • 「…楽しい不老長寿を目指す』という使命のもと、『老化』に関連する研究を行って」
    http://www.nips.ac.jp/~setou/ja/about.html
    いらっしゃる瀬藤先生が語る
    <吸血鬼><石仮面><呼吸法>という内容でしょうから、これ絶対おもしろいはずですって!

  • 炎の魔術使順平

    >ジョジョは三部まで
    世代交代編と言う意味でしょう
    波紋編とスタンド編は見たまんまだが
    世代交代の方はチョッと解らない事も・・・

  • だいち

    orz…300円足らない…

  • のぶひろ

    ある程度予測出来た事態ですが、職場付近の本屋は全然置いてない・・・。こいつはグレートにまいったぜェ・・・
    保存用にとAmazonでも1冊買っておいて、やれやれ良かったといったところか・・・。

  • のぶひろ

    こ、この冒頭対談の金田淳子という女性、俺は良く知らないんだが何者なんだ・・・。
    なんてうか・・・その・・・失礼なんですが「うっおとしいぜっ!!」

  • サーレー

    ユリイカは気になった特集があるたびに買っているが、最近はオタクを意識し過ぎな記事が酷い。
    特に金田女史と荒木先生の対談は原作への敬意を全く感じられなかった。
    内輪で盛り上がる分にはいいことも、何も知らない人に対して自分の主張を押しければドン引きされる。
    ジョジョが様々なメディアを通して多くの人に認知されるのはうれしい。
    でも、もうちょっとその方法を伝える側は考えるべきじゃないだろうか。
    ・・・と真面目ぶってみましたが、それなりに楽しめました。

  • みかん

    私もジョジョには腐女子要素を含まないでほしかったなぁ(;_;)てか汚さんといて=3誰よ金田さん↓↓ありえへんっ
    相変わらず荒木さんワールドはステキだなぁ(^∪^)

  • リンゴ

    ふふふ・・・予約した四部の小説と一緒に届くぜ・・・
    楽しみだァァァァァァァァァ!最高に「ハイ!」ってやつだアアアアアア!!!!!!!!!!!

  • 奇妙な鳥

    ジョジョ立ちのポージング集がうれしい.パソコンがない友達の家でもジョジョ立ちが出来るから。
    出来ればジョジョ立ちのガイドブックが発売されて欲しい。
    なぁーんて願望はヤバイ?
    ハハハ

  • すだれ屋

    \1200で、この内容は買い!!!
    ただし、靴のむかで屋がトカゲ屋になってたり、本当に読んでンの?っていう人もいるのが残念なてんかな

  • 広瀬

    対談、前半はよかったんだけど、後半が金田さんという方の暴走により、興ざめしてしまいました。
    彼女は何者なんでしょう。
    勝手に、ジョジョをホモ漫画と解釈しないで欲しいナァ~。
    そういうのは内輪でやってほしい。
    全然空気読めてないよこの人・・・。

  • エコー3

    ユリイカって最近サブカル雑誌化してるんですよねぇ……

  • ポリス

    対談の後半は正直ひどかったなと思います・・・
    荒木先生の話が聞きたくて雑誌を買ったのに
    まさか腐女子の妄想話を聞かされるとは思いませんでした。
    女性ジョジョファンが皆ああいうことを考えてると思われるのは嫌だなぁ

  •  

    対談の感想は、「荒木先生は本当に優しいなぁ」ということに尽きる。

  • meke

    冒頭対談感想です。
    「腐女子の観点からジョジョを分析」というテーマには興味があるのですが(もう一人の聞き手である斉藤氏が言及しかけてましたが)、そこは金田氏にも十分寄稿スペースがあるわけで(P112)、この対談に限って言えば後半は「妄想暴露」→「荒木氏の反応」の繰り返しで議論として成り立っておらず、面白くない。
    「ジョジョ立ち」や「しょこたん」に対する荒木氏のコメント(「ファンタジーに幻想を合わせている」)、ネットで増殖するジョジョの世界観(作者の手を離れた作品の世界観)など切り込めば面白そうな箇所もありましたが、さらっと流されたまま妄想世界に突入してたのが残念…でした。
    逆にここまで荒木氏に腐女子的読解を叩きつけた方はいなかったのではないかとも思われるので、そういう点では革新的かも(^^;)
    逆に、マニエリスムと荒木漫画を分析した加藤氏の文中には「そのキャラクターが「萌え」の文脈で語られることはほとんどない」(P102)と言い切っているのが面白い。この二つの観点を絡めた「議論」ならもっと読みたい、と思いました。
    長文失礼致しました。

  • meke

    すみません、上記訂正させていただきます。
    ×「幻想」→○「現実」です。

  • heho

    荒木氏本人を前にあの対談内容はひど過ぎる。
    高級マグロに思いっきり生クリーム載せて食べさせられた気分です。もっといい料理法幾らでもあったろーに…例えがよくわかんねーけど、そんな気分でした。

  • H

    編集部よ
    てめーの好きな作品をにわかファンに知った風なことを言われたらムカッ腹が立つだろう?
    誰だってそーなる。
    俺だってそーなる。

  • えび

    うーん、せっかく荒木先生本人を呼んでおいて、何じゃこの対談??
    ていうか、特殊な思考をお持ちの方の妄想の暴走を延々読まされ、ドン引きになってしまいました。
    承太郎でなくとも「うっとおしいぞ!」と思わざるを得ない展開で残念です・・・

  • kamoko

    本来このような表には出るべき立場ではないのですが、失礼を承知でコメントさせていただきます
    一介の腐女子として言わせていただきたい
    「金田自重しろ」
    基本的にどのジャンルにおいても腐女子とは、決して表舞台で存在を主張してはならず、吉良吉影のようにそのおぞましい本性をひた隠しひっそりと生きねばならない存在!
    一般のファンにとっては反吐が出るような、自己解釈、及び妄想は自分のサイト、絵茶、イベント、コミケ、及びチラシの裏でだけ発表・主張するのが腐女子である以前に、その作品のファンとして最低限の道理!
    一般のジョジョファンの目に触れるところで!ましてや!原作者の前で!!こんな自分の性癖をッ!己の醜態をさらすなどもってのほか!
    同じ腐女子として、不快感を覚えた方々に謝罪の意を表したい。
    それから、女性ジョジョファンが皆ああいうことを考えてると思うと嫌だ、という意見が出ていましたが、女性ジョジョファンのすべてが腐であるわけではなく、女性(一部男性)ファンの極々一部だけ、腐は本当に一部だけなのです。
    女性ファンだからといって、必ず腐な訳ではない。
    だから、女性のファンだからといって色眼鏡で見るのは純粋な女性ファンに対して失礼な行為なのではないかと思いました。
    長文、大変失礼いたしました。

  • KK

    吐き気をもよおす『邪悪』とはッ!
    やおいを知らぬ純粋な作者を利用する事だ・・・!!
    自分の快楽だけのために利用する事だ・・・
    腐女子がなにも知らぬ『荒木』を!!
    てめーだけの都合でッ!
    ゆるさねぇッ!
    ユリイカは今 再びッ!
    オレの心を『裏切った』ッ!
    金田は・・・
    自分が『悪』だと気づいていない・・・
    もっともドス黒い『悪』だ・・・。

  • やし

    対談は本当に酷いですね。
    検索すると、金田淳子とかいう方は腐女子なんとかの対談とかイロイロなさっているようで。
    相手が荒木先生だったからよかったものの、他の作家だったらキレそうなことばかりですね。
    逆に、荒木先生だからあんなにやおいトークが続いたんでしょうけど。
    荒木先生の優しさは半端ねぇ。

  • KY

    金田は特にひどいけど、他の人にも微妙なのがあったな
    「こ…こいつわかってねェ~」
    って感じで頭かかえたくなる文章がチラホラ
    本全体が、とりあえずジョジョについての原稿を書かせて集めただけ…な印象でしたね

  • ドラ猫

    「せっかくだから」管理人さんの感想も聞きたいな。

  •  

     良いところより悪いところの方が見つけやすいから、悪く見えるのかもしれないが。『ジョジョ立ちヒストリー』はよかったと思う。ファンとして心情に同意できる。
     一方、加藤幹郎さんの原稿は、スタンドはスタンドイン(代役)の略称か? と書いているところで「ちゃんと読もうよ!」と口に出していた。

  • まるお

    金田叩きの記事は残してカジポン叩きの記事は証拠隠滅ですか。
    はっきり言ってジョジョ立ちの記事も一部の人間で盛り上がっていることなのに、さも公式のように書いていることに腹がたちました。
    自分達にとって都合のよいように掲示板の書き込みを制限するのはゲス野郎のする事なんじゃあありませんか?シャトレーゼさん。

  • アシカワ

     ユリイカを書店で注文「した」……のに、4日前に予約したのがいけなかったのか、未だに連絡なしッ! みなさんが羨ましいッ!
     ↑のまるおさんが仰っているカジポンさん叩きのコメント、僕としては金田女史叩きのコメントと共に読みたいところッス。
     @JOJOのコメ欄が荒れるのは喜ばしいことではありませんが、反対意見の人が何を考えているかを知ることは、ジョジョラー同士が相手を知り合うきっかけになるのではないでしょうか。
     1人の「ジョジョ立ちをする腐女子」としても気になるトコロです……。

  • シャトレーゼ紅威

    ——————————–
    2007/11/12 16:08
    名前: ジャモン
    メールアドレス
    コメント:
    このメンツで誰が一番痛々しいかって
    それはカジポンでしょうよ、こいつがでてくるとジョジョが汚される。安っぽくなる。
    何を勘違いしているのか、二度とジョジョに関わらないでいただきたい。
    ——————————–
    2007/11/12 17:20
    名前: とと
    メールアドレス
    コメント:
    >>ジャモン
    ジャモンさんはカジポンさんのサイトみたことありますか?
    みてたらそんな事は言えないはず。
    ——————————–
    2007/11/12 17:29
    名前: a
    メールアドレス
    コメント:
    >>ジャモン
    カジポン氏はてめーよりよっぽど立派な人だぜ
    ——————————–
    2007/11/13 09:41
    名前: ニワトリ・マイケル
    メールアドレス:
    コメント:
    >ジャモン様
    それはあまりよろしくない意見だと、思いますが…
    ——————————–
    記事に対する感想なら、削除はしません。しかし、最初のコメントが、ユリイカの記事を読んでの感想ではなく、ただのカジポンさんとジョジョ立ちに対する叩きにしか見えなかった事、そして、このコメントに対するレスが3件も続き、ユリイカ記事とは関係ない、不毛な言い争いが続くと判断し、今日削除しました。
    管理人として、一言。
    にわかファンだの、真のファンだの、自称ファン同士の不毛な言い争いには、正直、ゲンナリしています。
    こんなことをしていただく為に、コメント欄を解放しているのではありません。

  • シャトレーゼ紅威

    > 「せっかくだから」管理人さんの感想も聞きたいな。
    ユリイカの荒木先生と金田さんとの対談ですが、
    前半は面白かったですが、後半は正直、どん引きでした(^^;)。
    っていうか、男と男を恋愛関係に持って行く、という発想自体が理解不能!理解不能!
    でもまあ、そういう楽しみ方もあるのか、という意味では興味深く、
    ルーシーと大統領夫人の「圧迫祭り」の逆なのかな?と思うと、まあ、ある程度は理解「可」能?(笑)
    それに荒木先生なら、今回の対談すらも、いつかジョジョのネタにされる事もあるのかも・か・も?と考えると、それはそれで楽しみでもあったり(笑)。

  • まるお

    〉シャトレーゼさん
    お返事ありがとうございます。
    しかし「ただのカジポン氏叩きと思われる書き込み」を削除するのならば、
    上記にある「ただの腐女子叩きと思われる記事」も削除対象になるべきかと僕は思います。
    ジョジョファンの活動は多様にあり、別のジョジョファンが否定できるものではないのですが、全員が好意的であるわけではありませんからね。

  • シャトレーゼ紅威

    > しかし「ただのカジポン氏叩きと思われる書き込み」を削除するのならば、上記にある「ただの腐女子叩きと思われる記事」も削除対象になるべきかと僕は思います。
    婦女子云々は、ユリイカの対談を読んでの感想でしたので、
    削除は考えませんでした。死ねとかヒドイ書き込みなら、
    問答無用で削除しますが。
    っていうか、そもそも何故、漫画を宗教みたく崇めたり、
    認める・認めないと言い争うのかが、私には理解不能だったり。
    「”共通言語”っていうのは、
     単にうわべの”言葉が通じる”って意味じゃなくて、
     言葉を通して ”楽しい気持ちを共にできる”って
     事なんじゃないでしょうか。」
    金魚屋古書店 4巻より。
    (記事と関係ない書き込みをしている自分にゲンナリ。)

  • パウワウ

    まだ中身をたいして読んでいないのですがジョジョ歴の浅い自分には丸ごと一冊ジョジョの本が出ているという時点でかなり胸躍るものがあるのです。
    けどここのコメントを見る限りあまり期待出来ない内容なのでしょう。。
    けど今月はジョジョの小説もでるということでまた胸躍る日々が送れそうで何よりです。

  • アシカワ

    >楽しい気持ちを共にできる
     大切にすべきことをすっかり忘れて、ただ事情を知りたいがためにコメしておりました……すみませんでした。
     裏を返せば、今回の「ユリイカ」は1日2日でファンの間にこれほどの動揺をもたらす威力を持っていたということッ!
     そしてそれだけのインパクトを与え得る物書きを集めようと動いたツワモノが、ユリイカ編集部の中に潜んでいるということッ!
     希望をもって本の到着を待つことができますッ!!
     ……希望をもって6億円を狙ったサーレーは敗北しましたがorz

  • ドラ猫

    感想ありがとうございます、管理人さん。
    実は自分はまだ読んでないのですが、腐の部分は、もしかすると期待して手に取った人はソッコーブチ切れるのかもしれませんね。
    自分も昔、発売日にコブラチームのアレを買ったことを思い出しましたが、そんな時は素数を数えて落ち着いた方がいいのかも。

  • タザワ

    件の鼎談、あれはあれで面白かったと思うが、鼎談とは別にインタビューもほしかったような。

  • a

    金田女史がどの程度かと思って読んでみた。
    確かに自分の妄想を語ってるだけで、
    対談じゃないですね。
    結論は荒木先生は優しいって事。

  • jj

    〝自称ファン〟というものの性質が良く解る事になってしまいましたねw
    管理人さんには思わず同情していまいますw
    ユリイカの特集は、個人的に良い刺激になりました。

  • エアロ

    最初の対談はアレでしたが、それ以外の記事はまともに分析されてて読み応え有りました。
    132ページの写真とコメントが食い違ってますがね。ちょっと、編集部……

  • ひで

    僕もドン引きしました。
    腐女子どうこうは本人のかってですが
    どうでもいいんですが
    せめてあの対談だけはトップにもってくるべきじゃなかったと思います。
    もし金田さん本人に聞いてみたとして解釈は自由といわれるとしても
    荒木先生の伝えたいメッセージを自分の言いようにまげて受け止めてることが許せないです。
    血縁の物語の演出としてのディオと承太郎の対比をお姫様化されるのには激怒しそうになりました。
    その他の分析等はあたらしい読み方を提示してくれているようでもう一度ジョジョを読み返す新たなきっかけになりそうなのでよかったです。

  • リッキー

    まだ全部は読んでないんですが、金田女史の発言の数々には確かに僕も引きました・・・。
    荒木氏がヤオイ描写を暗に描きたくないって言ってるのに「UJならアリでしょ!?」みたいな発言がしつこくてゲンナリです。
    ゲンナリと言えば、管理人さんの心中お察ししますが、“自称”ファン同士の対立はある程度仕方がないのかな~とも思ったりします。
    名誉毀損等の行為は明らかな犯罪ですが、そもそも例え同じものを好きでも見方が異なる訳だから、常識の範囲内ならカジポン叩きにせよ金田叩きにせよ認める・認めないの議論が起こるのは仕方がない気がします。
    あとは、ファン同士お互いを尊重しあった上での議論でジョジョに関する新しい発見や刺激がこのサイトで得られれば良いなぁと思ってます!

  • 宗治

    今日買ってきて読みました。
    冒頭の鼎談、金田さん、やり過ぎ!
    おもしろいのは始めだけで、途中から邪魔で邪魔でしょうがなかった。
    荒木さんはもちろんのこと、斉藤環さんの話もほとんど聞けてないじゃないですか!
    編集部の人も途中で流れを変えようと努力している姿が伺えましたが、彼女の暴走は止められなかったですね。そういう意味では、読んでておもしろかったのですが、う~ん。
    編集部の責任は大きいですね。

  • ニワトリ・マイケル

    削除文書きのニワトリです。@様、変な発言したばかりにご迷惑をおかけしました…言いたい事はあれど、ちゃんと記事について書かせていただきます。
    私も今回は結構期待していただけに、『もう…ちょっと…』って感じで…
    こんな感じでジョジョが取り上げられたのは、ウレシイやら悲しいやらでした…

  • だいち

    シャトレーゼさんがしっかりしててスゴいなぁと思いました☆これからも頑張って下さいね!
    で、肝心のユリイカを未だ手に入れてない俺…
    そこまで叩かれた金田とやらの失態が見たいッ!
    逆にひかれる!あこがれるゥ!

  • Rice

    昨日、ユリイカ入手しました。
    冒頭の対談に関しては、金田さんの暴走&傍若無人ぶりに素でひいた一人です。
    ここを見て「あ、俺だけじゃなかったんだ」となぜか嬉しい気持ち(笑)。
    が、ああいう人選・紙面にしたユリイカ編集部もどうかと思いますよね…。原稿段階で編集者は何も感じなかったのか? 最近、「反感」を「反響」と勘違いしているマスメディアが少なくない気がします。
    しかし、それらのマイナス点があるにしても、全体的にはこのような一冊丸ごとの特集は一読者としては素直に喜びたい!

  • 俺だけじゃなかったんだ。金田がウザイと思っていたのは俺だけじゃなかったんだ。正直、わざわざ取り寄せまでして読んだ意味が無かった。がっかりした。そんなかんじ。
    荒木先生も引いてるじゃないか、思い切り
    一緒に買ったゴージャス☆アイリンおもしろすぎる

  • spw

    金田=亀田
    編集部=TBS
    そんな感じです。でもそれなりに楽しめました。
    表紙が書き下ろしならもっと楽しめました。

  • autohal

    ユリイカを読んだ者です。
    mekeさんのコメントに非常に共感できます。
    >>「ジョジョ立ち」や「しょこたん」に対する荒木氏のコメント(「ファンタジーに幻想を合わせている」)、ネットで増殖するジョジョの世界観(作者の手を離れた作品の世界観)…(後略)
    >>マニエリスムと荒木漫画を分析した加藤氏の文中には「そのキャラクターが「萌え」の文脈で語られることはほとんどない」(P102)と言い切っているのが面白い。この二つの観点を絡めた「議論」ならもっと読みたい…(後略)
    この二点は本当にそのとおりで、ユリイカという雑誌ならもう少しここに突っ込めたであろうに、残念です。
    「マンガ」という表現も様々な派生・進化を遂げていますが、現在の主な潮流となっている(≒世界的なムーブメントの広がりがある)いわゆる「オタク文化」、アニメや萌えといったキーワードとに代表されるそういった今のトレンドと、稀有にもほとんど関わらない荒木飛呂彦という表現者・マンガ家としての立ち位置は、現代においては実はかなり特殊で(荒木氏も自分のことを『古典派』と呼んでいました)、そこから、今やその誕生当時とは比べ物にならないほど変化・進化を続けている「マンガ」という若い文化の流れ・変遷を俯瞰する試みもできたはずだと思いました。
    金田女史についての感想ですが、私は腐女子、やおい文化といったものに否定的な見方を特に持っておらず、なので持ち出したその話題の是非よりも、それとは別の単なる議論レベルとして見たときに、別段面白みを感じられないのが残念でした。
    たとえば、ある文学作品に対する対談において、「このページのこの箇所は現代文明に対する批判なわけですよね?」みたいな見方一辺倒で作品の本質と食い違うことばかり言う社会学者たいな人がいたら興ざめするのと同じように、金田女史が自分の得意分野に引き込もうとしているだけで実のある議論になっていないのが面白みに欠けました。売春否定派が否定一本槍の主張をするといった感じの頭の硬さが見え、ようは切り口がひとつだけなので柔軟でない展開になってしまっており、転がしようでは、それこそ腐女子観点からあらたな見方を与えられたかもしれないのに、という印象です。
    長文失礼しました。
    このサイトのおかげでユリイカ特集を知りました。管理人さんこれからも頑張ってください!

  • 川尻家

    金田さんは完全に「仕事としてこの場にいる」ことを忘れてますね。しょこたんのノリに近いものを感じる。
    でもいちファンとしては当然の反応なんだろうな、と思います。荒木先生を前にしたらそりゃ舞い上がりますよ!
    全体的には、興味深い記事が多くて、読みごたえがあって面白かったです。「奇跡について」は、読みながらジョジョの奥深さを改めて感じました。やっぱり荒木先生は天才です…!

  • kiki

    金田とかいう奴UZEEEEEEEEE
    自分語りしてんじゃねーよ
    なんであんな人選したのかなー

  • デネブ

    例の対談は、読んでいてとにかくものすごく疲れましたが(苦笑、荒木先生の『大人』な対応にはひたすら感服いたしました。
    先生がお優しいだけに、彼女のつけ上がった発言が特に目立っていましたね…。
    『こういうネタ』は他のジャンプ作家ならほぼキレますよ間違いなく(笑

  • 猪瀬 

    ユリイカ買いました。
    腐女子じゃない女性の私としては、
    金田さんの発言は、へーそういう読み方をする人もいるのね。と思っただけで、
    別に何とも思わなったんですが、
    拒否感を持つ人が多くて驚きました。

  • そんな怒んなくてもいいですよね。ジョジョも荒木先生も自分のものではないですから
    ユリイカ読みましたが、ジョジョのホモ的な描写(ポージング時の絡みっぷり、5部でのミスタジョルノの仲良しっぷり)は男子としても気になっていたし、そこへ突っ込んでくれる人、というのは、どっちかっていうと実は「待って」ました。
    で、荒木先生から「ファッションとして取り入れてるだけだけどその時ゲイカルチャーが入ってるかも」とか「あれはジャニーズとかのイメージ」とかの発言がきけた事は、おおって感じでした。
    5部に関して突っ込まざるを得ない部分があるのは確かだし、誰もが正当な理由もなくなんとなく避けてきた話題だったと思います。
    正直言って腐女子=空気読めってわからなくはないですが、荒木先生は殺人鬼の心が理解できなくて本読みまくったのと同様に、腐女子こそ理解できないために、理解したいって気持ちは起こってるように見えました。
    母性に関わる行為だと思うので、やっぱ男には理解しきれないと思いますが、存在する心理なのに、それを完全否定するロジックをみなさんお持ちなんですか?だとしたら尊敬します。

  • 炎の魔術使順平

    昨日買って読破
    荒木氏自体に「腐女子いい加減にしろ」
    と言う感は無くドッチちかと言うと露伴の様に「蜘同様気持ち悪いと言ってはいけないよく観察しよう」と言う感覚があるような
    荒木氏の結婚が第六部の後と言うの事の方が驚きだったが
    そもそも前世界作家中の中で橋沢育郎似の中一美形だからもっと早く結婚できたはず
    (でも承太郎より娘の数は上だった様な?)
    ジョジョによるネットの反応は最も少ないと自分は思ってたが
    多い方とは以外?
    ジョジョ立ちコーナーは社会現象的でそれまで腹の中では好きだが
    「自分の本性打ち明けてやりたい世間にジョジョ好きと心の本性を聞いてもらいたい」と言う人が多かったとは知らなかった・・・

  • meke

    自分のコメントにまたもミスを発見してしまいました(T-T)
    >マニエリスムと荒木漫画を分析した加藤氏の文中には「そのキャラクターが「萌え」の文脈で語られることはほとんどない」(P102)と言い切っているのが面白い。この二つの観点を絡めた「議論」ならもっと読みたい
    この発言ですが、加藤氏ではなく次ページの暮沢氏のコメントでした。ここに訂正させてお詫び致します。重複すみません。
    ところでこの初版は皆様ご指摘のように誤表記や誤植がすごく目立つ気がします…よっぽど皆さん脱稿ギリギリだったんでしょうか(^^;)
    >autohal様
    コメント有難うございます。
    そうなんです、私も腐女子という存在そのものを否定しているのではなく、
    コミュニケーションのとれたいい議論とはとても見えない、という点が残念だった次第です。
    >アニメや萌えといったキーワードとに代表されるそういった今のトレンドと、稀有にもほとんど関わらない荒木飛呂彦という表現者・マンガ家としての立ち位置
    まさにこれです!これをユリイカには追究していただきたかったです!!
    また吉さんのような男性の立場からのこういった感想もすごく興味深いです。男性でも??っと感じる部分はあるんですねー
    >炎の魔術使順平様
    >ドッチちかと言うと露伴の様に「蜘同様気持ち悪いと言ってはいけないよく観察しよう」と言う感覚があるような
    同感です。(^^)
    異なる立場の意見が適度な距離感で交えられているのがこの掲示板の素晴らしいところだと思います。管理人様、これからも頑張ってください♪

  • D-

    編集部としては
    「あえて違う価値観の人間を当てて化学変化に期待」
    したのかなと。
    ただ放置したのはマズかったね・・・
    (斉藤さんも流れを戻そうとしてたけど)
    ただ前半は十分面白かった。
    ここら辺は質問者の腕というか
    資質の問題ですかね。
    それ以外の考察やジョジョ立ちなどは
    「私はこういう具合にジョジョを読みました」
    というのがビンビン伝わってくる
    とても読み応えのある内容だと感じました。
    特に「奇跡について」はグっときた。

  • 金田のバイク

    腐女子ってそういう読み方もできるから2度おいしいんですね。自分はホモ的な読み方はできないんで羨ましいです。キモいとも思うのも確かですが。
    長年のファンは荒木先生が人間賛歌をテーマにしているんだからそう読んでしかるべきと強制しますが、作者に惑わされず自分の読み方を満喫して結構なんでないでしょうか。
    例え腐女子の妄想読みであっても、新しい読者が増えて、ジョジョについて話ができるのはいいことだと思います。

  • KY

    なんだか「金田を叩いているのは了見の狭い信者。新しい価値観を受け入れられない古参ファン」みたいな意見が見受けられますが、それもまた偏見でしょう。
    金田が批判されてるのは「腐女子」だからではなく「空気を読まない腐女子」だからでしょう。実際ジョジョをやおい的に読み解くなんて20年前からあったから全然目新しくないですし、今回の件で一番憤激しているのは一般の腐女子たちではないでしょうか?
    だいたい、作者の思惑外の読み方をしてる人なんてネット上を眺めればいくらでもいます。。別に特別に偉い事でもなんでもありませんよ。金田の悪いところは自分の妄想を押し付けがましく語りまくった事です。
    もちろんヒステリックに個人叩きに走るのはダメですけど、最近の流れでは批判の対象はユリイカ編集に向かっています。
    例え荒木先生がおおらかな対応をされたといっても、商業誌であるからには購読した我々読者の多くが不快に思った内容を出したユリイカ編集部には反省を求めたいですね。

  • スエキー

    対談後半は、みなさんもコメされていますが「対談」じゃあなく、いち腐女子が舞い上がってるだけにすぎないと思いました。
    私は腐ではありませんが、荒木先生が腐的なものをどれくらい考慮して描いておられるか興味があったので、テーマはいいのにあの内容(暴走っぷり)は残念すぎました(先生がほとんど考慮してなかったことはわかりましたが)。

  • であぼろ

    ディアボロの大冒険の公式TOPでユリイカがギアッチョされてて笑ったw

  • 千林豆ゴハン。

    まぁ、金田淳子さんというライターの
    方につきましては、5ヶ月前に発売を
    されました同誌増刊号での、この
    働きっぷり
    http://www.seidosha.co.jp/index.php?%C9%E5%BD%F7%BB%D2%A5%DE%A5%F3%A5%AC%C2%E7%B7%CF
    をみれば
    「あぁ、こういう人物なんだな。」
    と、冷静に各々
    個々人で、期待値を調節できると
    思うのです。
    この『腐女子マンガ大系』という
    増刊号は、「総特集*荒木飛呂彦」が
    発売されるまでは、同誌のなかでも
    今年に入って、最も売れ行きが好調
    http://www.seidosha.co.jp/index.php?back-eureka
    な号だったわけですから、まぁ
    残念でしたけれども、仕方が無かっ
    たのかな、と諦めています。

  • ドラ猫

    何度も書き込んでスィマセン。
    昨日読みました、例の対談は知らずに読んだ人は怒るでしょうね、後半10ページは苦痛でした。
    金田女史の問題は一方的なだけでなく、言っている事がつまらないことだと思います(後の寄稿文がわりかし普通なのを見ると、やはり「舞い上がった」んでしょうね)。
    以前、大槻ケンジと荒木氏が対談した時は、大槻氏が多分、荒木氏の好みだろうと考えたのか、アブナイ人の話ばかりしたため内容の一部がカットされるということがありました。
    今回同様、その時の荒木氏は聞き手の方に回っていたような印象を受けましたが、その対談の結果、第4部の音石明のデザインが大槻氏の容貌似になったのは周知の事です。
    でも今回のこれの実の無さでは何の「化学反応」も生まれない気がします、上に書き込まれた方が指摘するようにユリイカ側が、これまでの売り上げに貢献した女史を無下にできなかったすれば、少なくとも一読者として残念な部分でした。
    最後にこれから読まれる人へ、この本にはウェカピポ戦までのネタバレがあるので気をつけてください。

  • )*(

    でも、あれだけゲイをにおわせる描写(ディオのオカマ化やセクシーなファッションなど)をやっておきながらそこはあくまでファッションとしてのゲイカルチャーからの影響以上は頑に否定するのが不思議だったな
    やっぱり801的な読まれ方には男として本能的な拒否感があるんじゃないかなあ
    男からみたゲイの解釈と女の願望としてのBLは全然違うしね

  • @@@

    対談はテーマどうこうよりも
    金田氏が何を聞きたかったのか
    何をしたかったのかまるでわからないのが不満。
    せっかくスーツビシッと着た先生呼んできたのに。
    自分はやおいとか全然ダメなんで
    「吐き気を催す邪悪とはッ」って感じでしたが
    そうでなくても一方的に自分の作品解釈喋るだけじゃ対談者として失格でしょ。
    あれじゃただ荒木作品のファンが一方的に喋ってるだけ。
    トップで対談するならもう少し内容(もしくは人選)を考えて構成してもらいたかった。

  • レミ

    荒木先生の言葉が見たくて買ったのに少ないですね…。「誰と誰ができてて~」位は「ハイハイ」っていけるけど、「ディオは様々な男に体を汚されるんですよね」…!!私の心が狭いのかもしれませんが、このセリフはどうしても不快。ましてや作者の前で。

  • 金田

    まあ金田氏は生涯で3本の指に入るくらいの過ちを犯したということだ。
    まったくこの対談を読む人たちの姿と求めるモノを考えず一人オナニーで場と結果をイカ臭くしてしまった。
    荒木神は最近メディア露出が多いけど
    あそこまでページを割いた対談はでも貴重で価値のあるものなので非常に残念で悔やまれる・・・・・・
    ぐっ、冷静さ保とう思ったが、我慢できん・・・・
    金田ふざけんなッ!!!!ボケッ!!ヌケ作がッ!!!!

  • だいち

    とうとう買えなかった…

  • koo

    本屋で立ち読みしてきただけだけど耐えられなかった。
    自分もジョジョというジャンルで腐女子やらせてもらってますが、一般人が目にする本でこうゆう内容はどうか、と。
    こうゆう読み方があったのか、と思える方ばかりなら良いが、ヤオイに抵抗感、嫌悪感を感じる方も多いこの世の中。ヤオイ内容に加え、一方的な妄想をしゃべり続けられ「ハァ?」と思うと同時に、腐女子としても痛々しく感じます。
    今の書籍化などの腐女子ブーム(?)にも、放っておいてくれ、というのが本心。このような企画は内輪の中でやるべきですし、もしくは『萌語り』ではなく『このような読み方もあるという紹介』に留めておいてほしかったです。
    腐女子と金田対談。この2つが重なり『腐女子=空気読めない』と定義づけられ「また腐女子への風当たりが強くなるのか…」と、コメント欄をみてきて悲しくなりました。