荒木先生の読み切りか!? 謎のティザーサイト「少年ジャンプ+」がオープン

シェアする

2014-09-01-jumpplus

 週刊少年ジャンプ関連と思われる、謎のサイト「少年ジャンプ+」が2014年9月1日にオープンした。

 サイトには荒木先生の描き下ろしイラストが拡大して掲載されており、サイトの右上にある「+」をクリックすれば、イラスト全体を見ることができる。イラストで描かれているのは、老若男女5人(家族?)と、月と、ススキ。時期的にも「十五夜」を彷彿させる構成となっているが…!?

予想としては、

答え(1) ハンサムの荒木先生の読み切りが突如Webマガジンで掲載される。

答え(2) ジャンプ増刊雑誌に荒木先生の読み切りが掲載される。

答え(3) このイラスト1枚のみ。現実は非情である。

 答え2だとあまりに普通すぎるので、答え1を期待したいところ。

 なお、週刊少年ジャンプ2014年40号にも広告が掲載されていたが、「ジャンプ+」のサイトURLすら伏せられており、内容は輪をかけて全く理解不能。

2014-09-01-jumpplus2

 以前あった「ジョジョニウム」のティザー広告は、巻末目次から内容がバレてしまうという、呪いのデーボ級の失態をしてしまっていたが、今回はジャンプの巻末を見ても、残念ながら目次には何も掲載されていなかった。

 「少年ジャンプ+」のサイトは、9月8日、9月13日にも更新が行われるようなので、続報をディ・モールト期待して待とう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい