TVアニメ「ジョジョ」で、家出少女に「アン」と名づけたのは荒木先生だったッ!

シェアする

アニメージュ 2014年 10月号

 アニメ雑誌「アニメージュ」2014年10月号に、TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」津田尚克ディレクター&鈴木健一シリーズディレクターのインタビュー記事が4ページに渡って掲載されている。

 この中で、原作では名前がなかった家出少女に、TVアニメで「アン」と命名したのが荒木先生だったことが、囲み記事でさり気なく明かされている。原作では名前すらなく、いつの間にかいなくなった印象のある、かなり不憫な扱いだった家出少女だが、TVアニメではホテルのチェックインや、飛行機で帰国するシーンなどが追加されている。
(ちなみにアンの声に釘宮理恵さんを提案したのは津田ディレクター。)

2014-10-07-jojo-anime

 インタビューでは原作準拠と表現規制についても語られており、TVの念写シーンでの「ネコドラくん」はアウト、セリフだけの「トムとジェリー」「タグホイヤー」「007」は全然セーフ、承太郎のタバコは「ダメかもしれないと思っていた」がシナリオが難しくなるので何とかセーフ、しかし、「死神13」戦で赤ん坊(マニッシュ・ボーイ)がタバコを吸うシーンは「公査とか言うレベルではなくダメですって(苦笑)」と完全アウトだったとのこと。

関連:

(情報グラッツェ!<夏野さん)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい