文化庁のメディア芸術サイトに、”Manga Meister” 荒木飛呂彦ロングインタビューが掲載!!

シェアする

文化庁が運営するメディア芸術情報サイト『文化庁メディア芸術プラザ』で、”Manga Meister”(マンガの巨匠)として、荒木飛呂彦先生のインタビューが掲載!!
 
荒木先生の漫画家としての歩みから、『スティール・ボール・ラン』の目指す方向や連載の苦労話(”男の世界”について踏み込んだ発言も!)、そして「ジョジョ」の今後や若者へのメッセージまで、文化庁に「ブラボー! おお…、ブラボー!!」と拍手したくなる濃密世界。

ぼく自身の作品を振り返ってみると、単なる利益目的で描いているだけでは、若い人には受けいれられないんじゃないでしょうか。成長している若い人たちにとって、成長しない作品は必要ないですから。

そしてやはり、荒木先生は”成長度A(超スゴイ)”!! 「原稿の枠も大きくしたいというか、2メートルくらいの原稿用紙でもいいよ、と思っているくらいで(笑)」というオドロキの発言も。是非読みたいッ!(でも出版不可!?(笑))

”Manga Meister”では、井上雄彦先生(代表作『スラムダンク』)竹宮惠子先生(代表作『地球へ…』)のインタビューも掲載されている。

Amazon.co.jp
(情報グラッツェ!<えちさん、奈良茶さん)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい
  • マケル

    すばらしいインタビューだった!
    >原稿の枠も大きくしたいというか、2メートルくらいの原稿用紙でもいいよ、と思っているくらいで(笑)。
    こ、これは…見たい!!