荒木家の本家も津波で流されていた… 地方紙『河北新報』(2014年10月21日号)で、荒木先生が「震災」を語る

シェアする

 宮城県仙台市の地方新聞『河北新報』で連載されている「3・11と芸術 震災後を語る」の第29回(2014年10月21日(月)発売号掲載)に、漫画家・荒木飛呂彦先生が登場し、震災について語った。

 記事に付けられた見出しは、「被災地舞台に「人間賛歌」」。荒木先生は震災について、「スティール・ボール・ラン」を描き終え、新連載の「ジョジョリオン」に取り掛かる矢先に起きた震災が、ジョジョリオンの構想にも影響を与えたことや、江戸時代から14代続く荒木家の本家が津波に流され、思い出の風景がなくなりかなりショックを受けたこと、自分がするべきことは何かを語るより、漫画を描き続け、読者に届けることだと感じた事などが語られている。(関連:2013年朝日新聞の荒木先生インタビュー記事) また、「ジョジョリオン」のテーマについては、「自分がなぜそこに生きているか。自分が存在する意味を解明していく物語。青年が自分のルーツを探し、前に進んでいく話が復興というテーマにもつながる」との事。

 ちなみに、記事の荒木先生プロフィールによると、「ジョジョ」の累計発行部数は9000万部以上と書かれている。累計1億部も見えてきたッ!?

河北新聞の記事より。

2014-10-22-kahoku2

関連:

(情報グラッツェ!<通りすがりZさん)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい