SBR感想 #36 決戦の地へ

シェアする

スティール・ボール・ラン #36
ウルトラジャンプ2008年05月号(137号)掲載)

「SBR」コミックス 16巻収録 #60「ボース・サイド・ナウ その1」)

#36 決戦の地へ
[53P] 遂に7th.STAGE ゴール、フィラデルフィアへ辿り着いたジャイロとジョニィ。アメリカ発祥の地で二人を待つのは? ウェカピポ、ルーシーたちの動向は? 最終決戦が迫るッ…!!

【今月のSBR 感想サイトリンク集】

  • ●何事もなかったかのようにレースに戻ったジャイロとジョニィ。とうとう7th.STAGEもゴールです。1890年9月25日にスタートした「スティール・ボール・ラン・レース」も、すでに3ヶ月が経過。現在は12月28日との事。1890年のうちにレースは終了し、新しい年が明けると共に皆、それぞれの新しい道へと歩み出すって形になるのかも。
    【続きを読む】

    サイト:あらき100%
  • 今月はまず7thSTAGEの結果から。
    ジャイロは6位、ジョニィは7位でフィニッシュしました!
    まあ、レース以外の事もやっている訳ですから仕方ありませんが、残るステージはたったふたつ。
    大丈夫なのかな?(苦笑)
    【続きを読む】

  • 7th.STAGEゴールの時。
    遺体をすべて奪われたジャイロ&ジョニィは項垂れたままのゴール…。
    着順は以下の通り。
    ————————–
    1着:ディエゴ・ブランドー
    2着:ノリスケ・ヒガシカタ
    3着:ポコロコ
    4着:スループ・ジョン・B
    5着:バーバ・ヤーガ
    6着:ジャイロ・ツェペリ
    7着:ジョニィ・ジョースター
    ————————–
    【続きを読む】

    サイト:しやわせ空間
  • 7thステージゴール!
    残るは2ステージ。

    1着は「DIO」。
    ここにきて復活とは。
    もうレースとしては絡んでこないと思ってたんだけどな。
    まさか1位とはな。
    ラスボス(大統領)戦の前にDIO戦が順当だろうけれど、遺体を全て回収した完全体DIO戦とかもありそう。
    【続きを読む】

  • ●レース展開
     かなり後方にいたはずのDioでしたが1位になってましたぁぁあああああ!いつの間にかァあああああ!
     展開的には面白いですが、ラッキーに守られてるポコロコをおさえての1位っていうのはちょっとご都合主義過ぎる気もしますな。
     とりあえずはまだまだ勝利者が見えてこないレース展開という事に。
    【続きを読む】

  • 1.ディオ復活
     7thステージの1位はなんとディオでした。これは、まだレースを捨てていないってことなんでしょうか?以前から言っていますが、大統領との取引が成立しているなら、残りはジャイロたちへの復讐のみなのでレースにこだわる必要はないような。
    【続きを読む】

    サイト:空気供給管
  • 扉はクリックリの眼差しのジャイロ・ツェペリ。「今、オレたちこそがSEXY!」のアオリを思い出しました。複数形じゃあないけどな!どうでもいいけど、このジャイロはたぶんジョニィ・ヴィジョンだと思うんだ。関係ないけど、頭に付けてるのはブラジャーじゃないよ!(当たり前だ)
    【続きを読む】



オマエには危機に見えるか?
オレには好機に見える。

6着&7着で辛くも7th.STAGEをゴールした、ジャイロとジョニィ。
しかし『遺体』はゲティスバーグで全て奪われた為、次の遺体への手がかりは一切なくなってしまった。そして大統領はただ「始末する」だけのために攻撃してくる…。
しかしそんな状況でも、ジャイロ・ツェペリは全く諦めていなかったッ! 復活して1位でゴールしていたDioが、まだ「左眼球部」を所持していると確信し、それを奪うことで突破口を切り開く! 今まで攻められる側だったジャイロ達が、全ての遺体を奪われたことで、逆に攻める側へと転じる!
「…「緑信号(GOシグナル)」はまだ点滅しているぜッ!」

一方、Mr.スティールは、ルーシーが「大統領夫人」に成り代わっている事に偶然気付くが、そこに「氷の世界」から生還したマジェントが現れ、「用済み」となったスティール氏を狙撃してしまう! 異変に気付いたウェカピポと、そのまま疾走する馬車の上での決闘になだれ込むッ! ウェカピポはマジェントからスティール氏を守り、ルーシーを救い出す事が出来るのかッ!?

そして「フィラデルフィア独立宣言広場」の市庁舎内では、大統領夫人に成り代わったルーシーと、その側には大統領が。
「だが君は… 『何か』… 今日の君は以前とは『どこか』違う」 
夫人の変化に何かを感じる大統領と、悲壮な決意を秘めたルーシー。そのスグ側、扉1枚を隔てた向こう側には、大統領が回収した『全ての遺体』が!

『8th.STAGE ボース・サイド・ナウ』、予想日数わずか2日の間に、ジャイロ&ジョニィとDioに、ウェカピポとマジェントに、大統領とルーシーに、どのような決着が訪れるッ!? 
物語は終盤へと突き進むッ! 
ウルトラジャンプ2008年06月号は、5
月19日(月)発売ッ!!

<お知らせ>
「SBR感想」ですが、感想の投稿がめっきり少なくなってしまったので、暫定案ですが、次回からは、「SBR感想」のエントリーを早めに立てて、コメント欄の方で自由に感想を書き込んで貰う方式とします。また、感想サイトへのリンクは、特に期間は設けず、こちらで随時追加していきますので、改めて、よろしくお願い申し上げます。(感想をサイトにアップされたら、投稿フォーム等からお知らせして頂けると助かります)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい
  • Qスケ

    相変わらずシャトレーゼ氏の説明が素晴らしいですね!めっちゃ続き読みたくなりました!
    よく考えたら3ヶ所で戦い(駆け引き)が行われるんですね。いよいよ物語も終盤、楽しみですね!!

  • レイイ

    14巻は個人的につまらなかったけど今月のウェカピポとマジェントはかっこよかったです。ポイントはやはり「下っ端のクズ」の本音っぷりでしょうか。
    ジャイロ達をおそった3人組、最初11人の男ならぬかァーッと思いましたがスタンド持ってなかったですね。おかっぱ君がべしゃり暮らしの森田先生っぽい絵に見えました。
    もういいかげん大統領のスタンドが出そうですね。でも今の作風だと「キング・クリムゾン!!ドーン」みたいな出し方はしないんでしょうね多分。大統領の「濃さ」がまだ足りない気がしますが、ここらでガツンとカリスマへ成り上がってほしいです。

  • 417

    敢えて『全て』を差し出した者が最後には真の『全て』を得る…。
    シュガー・マウンテンのこの言葉、どこで活きて来るッ?!

  • インド

    今回は「再戦」がキーワードであるかのように感じます。
    ジャイロとジョニィがDio対して
    マジェントがウェカピポに対して
    ルーシーが大統領に対して
    といった具合に。

  • 餃子

    このところ他の趣味に没頭していて、全く感想書いてませんでした
    ウェカピポとマジェントが最高にかっこよかったです
    完全に防御型のスタンドで、圧倒的に攻撃面で劣るマジェントが、ウェカピポにどう立ち向かうのかが非常に楽しみです

  • tom

    終盤を感じさせる回だった。
    やっぱりラストは、
    「大統領から遺体を奪ったdio」

    「ジャイロが祖先から受け継いだ回転で挑む」
    かたちになるんでしょうかねー