“文豪の名作”ד人気漫画家”! 川端康成『伊豆の踊子』の表紙カバーを、荒木飛呂彦先生が手掛ける!

シェアする


集英社文庫が毎年この時期に行っている「夏の一冊 ナツイチフェア」が、今年も6月下旬より全国の参加書店にて実施され、このフェアの企画として、集英社文庫の川端康成『伊豆の踊子』が、荒木飛呂彦先生描き下ろし表紙カバーにリニューアルされ、6月下旬より書店に順次並べられるとの事。(大きめの画像がORICON STYLEITmedia Newsに掲載中!!)

『伊豆の踊子』の表紙に使われるイラストは、今年春の『土浦桜くらべ展覧会』に荒木先生が出展されていた、あの『伊豆の踊子』。マスコミ取材でも露出を徹底的に避けていたのは、この企画の為だったッ!(意外ッ!? それとも、半ば予想通り!?(笑)) 情報はUJ7月号の本誌や、UJの荒木先生情報まとめにも掲載中。また、7月19日発売の「ウルトラジャンプ」8月号には、特別付録「荒木飛呂彦『伊豆の踊子』特大ポスター」が付いてくるので、荒木ファンは確実にゲットしよう。

なお、

荒木先生の『伊豆の踊子』の他にも、芥川龍之介『地獄変』夏目漱石『こころ』の表紙を『デスノート』[AA]小畑健先生が、中原中也の詩集『汚れつちまつた悲しみに……』の表紙を『テガミバチ』[AA]浅田弘幸先生が手掛け、人気漫画家による描き下ろし表紙は全部で4冊となる。
この新装版は、1年間の期間限定との事。

昨年のフェアでは、小畑健先生描き下ろし表紙の太宰治『人間失格』[AA]が、3ヶ月で10万部を突破する異例のヒット
今年のフェアでも、“文豪の名作”ד人気漫画家”表紙が話題を呼ぶことは『確実』ッ!?

Amazon.co.jp

(情報グラッツェ!<to46さん)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい