ダンサーたちがトラップ(処刑道具)に!? 舞台『死刑執行中脱獄進行中』森山未來インタビュー、ステージぴあに掲載

シェアする

2015-09-11-pia

 チケットぴあ、劇場などで無料配布されているフリーペーパー『ステージぴあ9+10月号』に、森山未來さん主演の舞台『死刑執行中脱獄進行中』のインタビュー記事が1ページ掲載されている。(記事は「関東版」「関西版」の両方に掲載。どちらもWebで無料閲覧『可』能)

 11月から上演される舞台は『死刑執行中脱獄進行中』と『ドルチ』の2作品を組み合わせた内容だが、舞台では本当の海を作れない代わりに、紙のような素材を波に見立てたり、映像を流したり、ダンサーたちがトラップ(処刑道具)を表現するなど、摩訶不思議な世界を身体で具現化させていくとのこと。ダンサーが電気ソファーやひき肉ミンチマシーンを表現するのだろうか? そしてドルチの要素とどう繋がるのか? 公開まで興味は尽きない。

 ちなみにインタビューで森山さんが語っている、ヤン・シュヴァンクマイエル監督の『部屋』は、1968年作のモノクロ短編映画で、以前から一部のジョジョファンの間で『死刑執行中脱獄進行中』の元ネタではないかと噂されている作品。男が密室で理不尽な目に遭う、というプロットは同じだが、「悪意」と「殺意」、突きつけられた絶望に対してどう動くかなど、両作品を比較しながら見るとベネ。

★意外! それは追加キャストッ!

 舞台『死刑執行中脱獄進行中』に追加キャストとして、女優の初音映莉子さんが参加ッ! 初音さんは「ドルチ ~ダイ・ハード・ザ・キャット~」パートで、ミステリアスな存在感を持つ女性役などの役どころで出演とのこと。原作で登場した女性は、主人公が『元気』つけようと思って○れ○にさせておいた彼女だけだったが、果たしてどんなアレンジが行われているのか。

 チケットは好評発売中抽選受付中ッ!! 「見たい」と心の中で思ったならッ! その時スデに、行動は終わっているんだッ!(そんな訳で、私は8月のウルジャン先行抽選販売で大阪公演のチケットを購入済み。)

・ぴあ:http://w.pia.jp/t/ssds-st/
・イープラス:http://eplus.jp/ssds-st/
・ローチケ:︎http://l-tike.com/ssds-st/

スポンサーリンク

シェアする

フォローする