西尾維新の新作『蹴語(シュウガタリ)』のアオリがジョジョネタ

シェアする


西尾維新 『蹴語(シュウガタリ)』
 
「ジョジョ」38巻 [AA]


講談社のBOX入りライトノベル&コミックマガジン「『パンドラ』vol.2 SIDE-A」Amazon[AA])に掲載されている、ライトノベル作家西尾維新先生の新作『蹴語(シュウガタリ)』のアオリが、
“プライドも月までブッ飛ぶこの蹴撃”!? 元ネタはジョジョファンの間でもよく使われる、「ジョジョ」38巻[AA]で、康一の相談に驚いた仗助が言うセリフ、「スタンドも月までブッ飛ぶこの衝撃」

西尾維新先生といえば大のジョジョファンで、『西尾維新クロニクル』では荒木先生との対談を行っている
また、作品に漫画やゲームの小ネタ特にジョジョネタをさり気なく忍ばせる事でも有名。アオリは担当編集者が付けたものだと思われるが、これは今回もジョジョネタを仕込んでいる、というサインなのだろうか?(笑)

関連:

Amazon.co.jp

(情報グラッツェ!<いおさん
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい
  •  

    >自分が好きであることを必要以上にアピールしたくなる作品なんですよ
    そーいえばそー