SBR感想 #45 大統領が来る!(3)

シェアする

ジャンプコミックス『スティール・ボール・ラン』 18巻に収録!
(#70:「D4C(ディー・フォー・シー) その5」)


スティール・ボール・ラン #45

#45 大統領が来る!(3)
[47P] 大統領のスタンド能力「D4C」の前に、絶体絶命のDio、そして状況が飲み込めないウェカピポ…! 大統領の能力の「正体」を見抜き、窮地から脱出できるのかッ…!?

【今月のSBR 感想サイトリンク集】

  • ●時間は再び「現在」を刻む。視点も再びディエゴへ。スポンジとスポンジが重なって「2つ」が1つになるように、2人の大統領が1つに重なり合う。そして、2人のディエゴの肉体はスポンジのようになって崩れていく。「同じ世界」に「同じ人間」が2人同時に存在する事は出来ない。大統領以外は。それが『D・4・C』の能力ッ!
    ディエゴを救出しようとするウェカピポも、『D・4・C』のパワーには敵わず。どんどん肉体が削り取られていく中で、ディエゴは必死に脱出策を考えます。
    【続きを読む】

    サイト:あらき100%
  • タイトルが今月も「大統領が来る!」だ。
    しかも「(3)」って。

    もっといってるような気がするんだけれど、完全に気のせいでした。

    冒頭から、平行世界の「スポンジ化」現象の説明が!
    お~超納得!
    【続きを読む】

  • 「もう一つの世界」に引き込まれたDIOが体が少しずつ分解していきます。

    しかし大統領は二つの存在が同時に存在しても、それはあたかも
    スポンジとスポンジが重なって・・・
    そのスキ間がそれのスキ間に入り込むように『2つ』がひとつになるのです。
    【続きを読む】

  • 2ヶ月ぶりのご無沙汰でした。
    衝撃的なネタバレがあった前回でしたが、そこで休載になってしまったのはアンマリと言えばアンマリ。
    満を持して今月は47ページで登場しました。
    以前の様に60ページというのはもう無理ですかね?
    状況からしてクライマックスなのは間違いないところですが、この調子だとジョジョシリーズ最長の部になりそうですね。
    【続きを読む】

  • 1ヶ月の休載を経ての最新話
    今回は、ディエゴ視点で進みました。

    前回、圧倒的な能力を見せ付けられ瀕死のディエゴでした。
    しかしDioですから、、、、死なない展開になるのではと話題でしたが、でたあ!
    なんと死んでませんでしたねえ。
    まあ、ジョジョでは下半身がなかろうが、体に穴が開こうが、全然問題ないのですから。
    【続きを読む】

  • ・こっちの世界とあっちの世界

    大統領のスタンド能力は空間を、作り出して行ったり来たりするものかと思ったが
    間違っていた。
    同じ世界に同じ2人は存在することができない。これを逆手に取るような能力らしい。
    あっちの世界はこっちとは同じだか、少しだけ違う。その少しだけ違うこっちの世界に
    対象を引きづり込んで倒す。
    【続きを読む】

    サイト:memo(´し_`)mon
  • ”スポンジとスポンジが…… 重なって……
    そのスキ間がそれのスキ間に入り込むように
    『2つ』がひとつになって”

    「大統領が 大統領が… このオレがッ!! Dioがッ!! 『2人』!
    『2人』! オレの胴体がッ…… 細切れのスポンジみたいになって崩れて行く
    あと5~6個体にこの穴が開いたら!! このままだとオレは切断されるッ!」
    【続きを読む】

    サイト:しやわせ空間
  • スポンジの不思議な話から始まって、
    うーん、あの話はわかったようでわからないッ!!
    これからわかっていくのでしょうか???

    それはそれとして、意外な展開ッ!!

    まさか、ヴァレンタイン大統領は誰も殺さずに、Dioがウェカピポを消滅させてしまうとは!
    【続きを読む】

  • 1.隣の世界へ移動する能力
     隣の世界への移動方法ですが、物の間に挟まれることで移動できるようです。ドアの間であったり、国旗の間であったり、ディオと地面の間であったり、馬と馬の間であったり。若干「物の間」て定義があいまいですが、まぁ、そこらへんは能力者の主観によるのでしょう。スタンド能力に客観的な定義は必要ないでしょうし。
    【続きを読む】

    サイト:空気供給管

SBR 感想サイト、キャモオオオ――ン!

今月号の『SBR』の感想サイト、お待ちしております!



進行する不可解なクライマックス



絶望的な状況下でも
耐えろ、
見極めろ――!

“☆驚愕の真実…!!” 
スポンジとスポンジが重なるように、『2人』の大統領が1人に重なっている。しかし『2人のDio』は細切れのスポンジのように崩れていくッ!

「同じ世界」に「同じ2人」が存在する事は、どんな者だろうと出来ない………、このわたしのスタンド能力以外はな……

なすすべもなく崩れゆくDio。しかしそんな絶望的な状況下でも、耐え、見極めようとしていたッ! 
大統領がDioの敗北を確信し、立ち去ろうとしたその時、マンホールから現れた恐竜、そして暗闇から星の浮かんだ腕が、大統領を打ち抜いたッ! まさかッ! こいつはッ!!


「ジョニィ・ジョースタ――――――――――――――――ッ!!」

(今月の超鳥肌ポイント!!)

「隣りの違う世界」とはいえ、ここが元とそのまま「そっくりの世界」なら、排水溝に逃れたジョニィも近くにいるはず! そしてDioは恐竜を使って、瀕死のジョニィを下水口からここまで誘導したのだったッ! 絶望的な状況下でも諦めず、しかも敵であるジョニィを利用するしたたかさ。(状況を把握してDioではなく大統領を攻撃したジョニィも凄すぎるんだけど)

逃げようとしたところを更に背中から連続狙撃された大統領は、民家のドアに挟まれるように倒れ、絶命した。しかしそれは、こっち側のもうひとり(・・・・・・・・・・)の方で、元の大統領は『眼球』を持って、無傷の世界に帰っていた。
帰るならNOW! しかしどうやって…? 残されたDioは必死に考え、そして大統領のこれまでの行動から、「何か」にはさまれば帰れると推測。そして、Dioが取った恐るべき行動は…

「悪いな…ウェカピポ… おまえのおかげだ(・・・・)……
 これでヴァレンタインのこの能力の正体がおそらくわかる(・・・)……………
 おまえと組めて良かったよ…… おまえのおかげで(・・・・・・・・)……………

 ……オレだけが理解する………

近づいたウェカピポの胸ぐらをつかみ、強引に引き倒したDioは、ウェカピポに「挟まれる」ことで、無事、元の世界へ! しかし、同時に「向こう側のウェカピポ」までも「こちら側」に入り込んでしまった。それはつまり、

「同じ世界」に「同じ2人」が存在する事は、
どんな者だろうと出来ない―――

スポンジとスポンジが重なるように、2人のウェカピポが重なり、「世界」から崩壊していくウェカピポ。「感謝するよ……ウェカピポ、さようなら」、Dioのあまりにも白々しいセリフにも、断末魔すら上げられず、あまりにもあっけなく、彼はこの世から消滅してしまった。
第1部ではジョナサンの体を奪う事で生き延び、第3部では承太郎に殴られた先にいたジョセフの生き血で復活し、SBRではウェカピポを利用して元の世界に帰還。この前向きな邪悪さ・非情さは、まさにDio。

遺体は大統領に全て奪われてしまった。しかし、戦いで大統領の能力をかなり推理できたDioは、「勝利の風はこのDioの背後から追って吹いている」とリベンジに闘志を燃やすのだった。

とはいえ! Dioの推理通りだとしても、かなり謎が多い、大統領のスタンド能力。ここでちょっと自分なりに纏めてみる。

『D・D・D・D・C』(ディー・4・シィー)

  • 「同じ場所に「隣りの世界」を同時に存在させられる」
  • 「同じ世界」に「同じ2人」が存在する事は、どんな者だろうと出来ない。「同じ世界」に「同じ2人」が存在した場合、スポンジとスポンジが重なるように融合し、両方が崩壊することになる。
    • 距離が近ければ近いほど、崩壊は早まる? 融合まで行ったウェカピポはあっという間に崩壊。しかし半分で固定され、ある程度離されていたDioは、かなり時間がかかった。(大統領がDioをなぶり殺しにするために、あえて引き離していたと推測。)
    • 逆に、距離が関係しないのであれば、単に相手を引きずり込むだけで倒せることになってしまう。同じ2人がそれぞれ認識できる距離が崩壊のトリガー?
    • 元の世界に戻れば、崩壊は元に戻る。別世界の自分が死んでも、それは別人なので、自分には影響しない。
  • 「隣の世界」への出入り口は、「何か物質の間に挟まれた場所」。「ドア」と「壁」、「地面」と「国旗」、「馬」と「馬」、「壁」と「Dio」、「地面」と「ウェカピポ」など。
    • とりあえず有機物、無機物は関係無い模様。
    • 出入り口を作れるのは、大統領のスタンド能力だけ。出入り口はいくつでも作れる?
    • 何かが挟まっている間は、出入り口はキープされ続ける?
  • 「隣の世界」はひとつではなく「いくつか並んで世界がある」。
    大統領が無敵なのは、負傷するたびに「隣の無事な自分」と入れ替わり、負傷した自分を隣に「捨てて」いたため。

    • 隣の無傷な自分は、少し時間軸をずらした「負傷する前の自分」だろうか? これなら、ルーシーに刺された後復活したり、ルーシーの逃亡ルートを「見た」のも一応説明が付く。
  • 『遺体』はあくまで1つ。『隣の世界』には存在しない。(隣のSBRは「ダイヤ」か何かを集めるレースになっている) そして、遺体のあるこの世界が『全ての基本』。

    • 「隣の世界」はファイルをコピー&ペーストするように、大統領が『その時点の元の世界』をベースに作り出しているのか?
    • 「元の世界」と「隣の世界」は、互いに影響しあうのか? 隣で大統領を狙撃したジョニィは、大統領とDio(の半分)が隣に移動して、ウェカピポだけが残されていた「元の世界」でも、マンホールの所まで来ていたようだが。(この、元の世界のジョニィが何を見たかで、能力の本質が分かるッ!?)
    • そもそも、ジョニィを撃ったのが、ウェカピポ、Dio、大統領の3人に見えた現象は、結局どういった物だったのか? 隣で大統領(達)が取った行動が、「D4C」の能力解除とともに「元の世界」に統合され、たまたま近くにいた人物で辻褄合わせが行われる??
    • 大統領は隣の世界にいても「臭う」のか??(笑)

結論:「そこんとこだがおれにもようわからん」

「☆GO! ジャイロ、GO!!」(後ろアオリ) 
ここでようやくジャイロのターンッ!? 追うべきは大統領やDioではなく、ここで「何か」を見たジョニィ! 全ての遺体を揃えた大統領は、次にどんな行動を取るッ!? そしてそれを追うDioはッ!? 表紙&SBR17巻専用カバー付で、次号、ウルトラジャンプ2009年4月号(3月19日(木)発売)に続く!!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい
  • 72

    ピーポーが…

  • 十一

    先々月号のDioがウェカピポに礼を言うシーンで「あれ?Dioって意外といい奴じゃん」
    って思ってたらいつの間にかウェカピポが捨て駒にされていた
    何を言ってるかわからねーとは思うが俺も何が起こったのかわからなかった・・・

  • ろろろ

    ウ・・・ウエカピポォ~!!涙。
    あとはDio様の見事な股の開き具合に釘づけになりました!
    ジョジョ立ちに加えていただきたいです。
    難しくて何だかよくわかりませんでしたが、とりあえずジャイロの今後が心配です・・・。

  • nana

    欠落してゆく体の破片の形がメンガーのスポンジでしたが
    隣り合う世界に属する存在そのものをそれぞれスポンジと表現するのが面白かった。
    そしてDioはッ! 新世界になってもッ!
    我々の知るDioだったッッ!!
    ウェカピポ、再起不能や死亡を通り越えた「消滅」してしまうとは。
    あのDioが共闘するなんてめずらしいと思ってたらこれですよ・・・

  • 川尻浩作

    次回はジャイロのターン?
    サブタイも変わる?
    正直四部を越されるのは嫌だなあ。
    まあ、確かに一巡後だから仕方ないけど。
    SO文庫で『一巡後』の秘密が明かされてました。
    荒木先生らしいというかw

  • perie

    考えれば考えるほど理解できなくなる大統領の能力だが、「メンガーのスポンジ」の例えと「なにかに挟まることで隣の世界に移動できる」というDioの言葉で「頭でなく心で理解できたッ!!」
    もうこれ以上考えないことにします。
    ラスボスに重要キャラが殺されるのは定番ですがDioの非情さを演出しながらというのが上手いですね。ウェカピポの死に様はあんまりでしたが・・・

  • ウェカッ、ウェ・・・ウェカピポォオーーーーーッうおおおぉぉぉっ

    Dio一生ゆるさんッ!!

  • 売り切れ

    きっと
    ウエカピポはどこか違う世界で生きていますよ・・・

  • メフィレス

    やたらに死に顔を見せる大統領が逆に怖いな
    ゾンビみたいだよ大統領

  •  

    すべてを破壊し、すべてを繋げ!な能力なんですね、大統領。

  • nya

    ウェカピポがあっけなさ過ぎです。
    ジャイロ達が別の世界のウェカピポを連れてきて・・・みたいな展開のための伏線かと勘繰ってしまいます。

  •  

    感謝するよウェカピポ、さようなら
    おまえはこうするためにこの大陸にきたと考えろ
    はゲロ以下のにおいだとか邪悪の化身だとかそんなちゃちなもんじゃあ断じてないいいセリフだった

  •  

    「うおおぉッ!!こっち側の世界のオレが死んだぁーーーーッ!!」
     というDioのセリフには、なんというかこう…ジョジョ魂みたいなものを感じた。

  • 417

    Dioは、やはり「DIO」だった。
    ところで、前話見たとき「もしや?」とは思っていたのですが、大統領のD4Cの「スポンジ」は「メンガーのスポンジ」でした。
    体積は限りなく0であり、表面積は限りなく「無限」であるというフラクタル図形の一種です。
    黄金回転以外にも「無限」の力が!!
    Wikipedia[メンガーのスポンジ]
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%82%B8

  • 417

    追記ですが、
    ラストは、「全ての基本」となる世界に、
    「隣り合う世界」で生きていたウェカピポ含め故人を大統領の能力で呼び集めて全員生還ッ!
    とか、グッドエンドはないですよね笑

  • 白熊

    >第2部では承太郎に殴られた先にいたジョセフの生き血で復活し
    三部では?

  • シャト@管理人

    >>第2部では承太郎に殴られた先にいたジョセフの生き血で復活し
    >
    >三部では?
    3部が正しいです。スイませェん。
    修正しました。

  • さじ

    黒い背景からささやくDIOにゾクっとしたね。第3部の「カリスマ!」を思い出した。いいねえ。まだまだ続いてほしい。20巻以上希望。

  •  

    大統領の能力は直接「時」とは関係ないみたいですが
    大統領が遺体を全て手に入れて能力が変化する
    みたいなことがありそうですね。

  • 114

    この流れはなんか6部のプッチ神父を思い出す。