受け継がれるツェペリ魂! 『スーパーマリオファミリーズ』がGBAに登場!!

シェアする

【注意:これはエイプリルフールネタです!】

地下遺跡に閉じ込められたマリオ・ツェペリを助けに、ウィル・A・ツェペリ他の家族が奮闘する、初期のジョジョアクションゲーム『スーパーマリオファミリーズ』が、ファミコン生誕20周年を記念して、遂にGBAに登場ッ!!

@SBR-アットマーク・スティール・ボール・ラン-さんの記事を見ると、移植度もグンバツで、ディ・モールト面白そうッ! しかも単なる移植ではなく、2004年版という事で、2Pが「ジャイロ」にアレンジされている模様。オリジナル版の2Pキャラ(シーザー)も使えるのかは不明。ファミコン世代なら、「座ったままの姿勢でジャンプ」を見ただけで、目頭が熱くなるッ!?

#3-3の最後のポールが、波紋葉で滑空すれば飛び越えられると聞いて、何度も何度もチャレンジしたっけなぁ(つД`)。

「ファミコンに『スーパーマリオファミリーズ』なんてありませんよ…、ファンタジーやメルヘンじゃあないんですから」、というワケで、これは禁じられたパクリさんによるエイプリルフールネタでしたァン! 「マリオ」って、そっちのマリオかよッ!(笑) 
座ったままジャンプ、波紋で花を咲かせるなど、ネタが絶妙すぎ。しかもよく見ると、プレイヤー選択が「ワイン」だったり、画面左上もちゃんと「WILL.A」になっていて、ニヤリ! マリオの改造ゲームゲゲゲマリオのように、どなたかマジに作って下さい。
#っていうか『@SBR』って何だYO! YO! YO!(笑)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい