荒木先生は“孫弟子”!? BD巨匠メビウス氏のシンポジウムで、荒木先生がスピーチ

シェアする

 5月9日に明治大学(東京)で開催された、国際日本学部シンポジウム「メビウス×浦沢直樹+夏目房之介」プレス)に、荒木先生が招待され、挨拶のスピーチも行ったとの事。

 メビウス(ジャン・ジロー)氏は、バンド・デシネ(B.D.)と呼ばれるフランス漫画の巨匠で、『エイリアン』『トロン』『フィフス・エレメント』などの映画制作にも参加、宮崎駿監督とも親交が深く、大友克洋先生(『AKIRA』[AA])や谷口ジロー先生(『遥かな町へ』[AA]『孤独のグルメ』[AA])など日本の作家にも多大な影響を与えた人物(詳しくは「メビウス・ラビリンス」を参照)。シンポジウムではこのメビウス氏を招き、さらに、メビウス氏の大ファンだという浦沢直樹先生(『MONSTER』[AA]『20世紀少年』[AA]『PLUTO』[AA])と、漫画評論家の夏目房之介氏をゲストに行われた。

 荒木先生が登場したのはシンポジウムの終盤で、招待席から、日本の著名な漫画家を代表して挨拶のスピーチが行われ、永井豪先生(『デビルマン』[AA]『マジンガーZ』)と谷口先生、そして最後に、「日本の漫画家としては初めてルーブル美術館に作品が展示された作家」(関連記事)として、荒木先生が登場ッ!(この時、会場の巨大モニターに荒木先生が映し出されると、会場からは歓声やどよめきが上がったらしい(笑))
 荒木先生は、「メビウス先生はじめまして」と挨拶した後、「あと永井先生、谷口先生、浦沢先生、夏目先生も…」と次々と挨拶(笑)。
荒木先生は、大友先生や鳥山先生、谷口先生が影響を受けている作家、としてメビウス氏の事を知ったそうで、谷口先生達が“弟子”ならば自分は“孫弟子”だと表現、そして、線で空間や立体感を正確に描き出すメビウス氏を“手品師の様”だと語ったとか。


 夏目氏のブログ記事には、シンポジウムの纏めと、記事の一番下に、控え室で撮影されたという永井先生と荒木先生、内藤泰弘先生『トライガン』、夏目氏の4人が並んだ写真が掲載されている。

Amazon.co.jp

(情報グラッツェ!<もっそりさん、うっちーさん、ルミノールさん、igarasiさん、FLOさん
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい