ファミ通の漫画『テラオ』に、コアな『バオー来訪者』ネタ!

シェアする

 週刊ファミ通 2009年7月3日号に掲載の、近藤るるる先生の離島コメディ漫画『テラオ』に、荒木先生の初期作品『バオー来訪者』[AA]ネタが!



 


左:「テラオ」/右:「バオー来訪者」




左:「テラオ」/右:「バオー来訪者」




左:「テラオ」/右:「バオー来訪者」



上:「テラオ」/下:「バオー来訪者」

 よく見るとポーズもバオーをパロっているッ!(笑) “バル バル バル”はバオーの代表的な擬音。ちなみに、近藤るるる先生が「テラオ」の前に連載されていた「たかまれ!タカマル」でもジョジョネタがあった
果たして、今回の『バオー』ネタは、読者の何割が理解できただろうか。もし身近に、ネタを理解できていない友人がいたら、「これがッ! これがッ! これが『バオー』だッ!」とコミックスを貸してあげよう。

#ちなみに、荒木ネタではないので紹介はしないけど、今回の「テラオ」の冒頭にあった「確かてみろ!」というセリフは、ゲーメストの伝説の誤植の1つ

(情報グラッツェ!<下等さん)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい