“香り高く深遠なる現代日本の恋” ジョージ朝倉「溺れるナイフ」8巻の帯に、荒木先生のコメントが掲載!

シェアする


荒木飛呂彦氏 絶賛!!
「香り高く深遠なる現代日本の恋。
 『カントリー・ラブ・ストーリー』と呼びたい。」

コミックナタリーの記事より、「溺れるナイフ」8巻の帯コメント)

 8月10日に発売される、ジョージ朝倉先生の恋愛漫画『溺れるナイフ』8巻(Amazon[AA])の帯に、荒木先生の推薦コメントが掲載! ジョージ朝倉先生と荒木先生は、荒木先生がジョージ朝倉先生の誕生日に花を贈ったり、ジョージ朝倉先生の私的なパーティーに荒木先生が奥様と共に出席されるなど、以前から交友があり、今回のコメントもその繋がりだと思われる。
荒木先生の推薦コメントは、まるで洋楽の帯などに書かれてる文章のような『凄み』を感じる内容。(分かるような分からないような…、何ともコメントが難しい(笑))

 コミックナタリーの記事によると、発売日以降に書店店頭で展開される「手描きポップ」には、ジョージ朝倉先生が「ジョジョ立ち」を意識して描いたイラストと、ジョージ先生から荒木先生への感謝のコメントが綴られているとの事。どんなイラストなのか、是非店頭でポップもチェックしよう!

#手描きポップの目撃情報もお待ちしております!

(情報グラッツェ!<名無しさん、たるみそさん)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい