荒木飛呂彦フルカラー新作『Rohan au Louvre(岸辺露伴 ルーヴルへ行く)』、フランスでは4月から発売に!

シェアする

#追記(2/16):フランスでの発売は2月→4月に延期となった模様。

 ルーヴル美術館とFuturopolis社による共同プロジェクト作品で、荒木飛呂彦先生のフルカラー短編作『Rohan au Louvre (岸辺露伴 ルーヴルへ行く)』の単行本が、フランスでは早くも2月4月から発売される模様。(海外サイトの記事 / Google翻訳

 フルカラー128P、ハードカバー、20×29cm、フランスで販売される本なので、内容は当然フランス語で書かれている。標準価格は、ルーヴル美術館(フランス語)の紹介ページGoogle翻訳)では22.00ユーロ(日本円で約2,760円)、amazon.frでは19,50ユーロ(日本円で約2,450円)となっている。日本からでも、洋書を扱っている書店でなら手に入る・か・も?

 『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』は、日本でも発売が予定されており、昨年11月に行われた荒木夫人の講演会で出された情報によると、先にウルジャン本誌で何回かに分けてモノクロ掲載され、その後、フルカラーでコミックス化され、国内でも販売される予定

追記(02/16):
 フランスでの発売は2月→4月に延期となった模様。タレコミによると、Futuropolis社の発売予定のページで、以前は2010年2月11日の欄にあった「Rohan au Louvre」が消されていたとの事。また、別の海外サイトの記事Google翻訳)でも4月発売と書かれている。

(情報グラッツェ!<Mehdi Ba、名無しさん)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい