ジョセフが老けこんだのは何故? → 荒木先生の回答「気の持ちよう」

シェアする

 TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』第12話で、ついにジョジョ第4部でもジョセフ・ジョースターが登場した。だが、アニメでジョジョを見てきた方には、あのマッチョだったジョセフが老いて杖をつき、少々ボケているような姿に、さぞショックを受けたに違いない。

 だが、「波紋使いは年を取らない」はずのジョセフが、DIOとの戦いから十数年で何故あそこまで老けこんだのか。この問いかけに、荒木先生は以前こう答えている。

2016-06-19-joseph

船越:
何故……。リサリサよりもジョセフのほうが僕は波紋パワーは上だと思うんですよ。何故、ジョセフは人間と同じスピードで歳をとっちゃったんでしょう?

荒木:
気の持ちようというか(笑)。

船越:
失礼いたしました(笑)

(2003年放送のCS番組「週刊少年『』(かぎかっこ)」荒木飛呂彦先生インタビューより。)

 いつまでも若々しくありたいなら、気をしっかり持とうッ!!

 ちなみに同インタビューによると、ジョジョ第6部ストーンオーシャンの2011年時点でも、ジョセフはまだ生きているらしい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい