「荒木飛呂彦 ルーヴルへ行く」! ウルジャンエッグに『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』プロジェクトレポート第2回が掲載!

シェアする

 ウルジャン4月号より3号連続掲載、4月19日に発売されたウルジャン5月号で「中編」が掲載された、ルーヴル美術館とのコラボ作品『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』。その誕生秘話を明らかにするレポート「ARAKI HIROHIKO meets MUSEE DU LOUVRE report」の第2回が、ウルジャンのWeb増刊サイト「ウルトラジャンプエッグ」で公開ッ!

 レポート第2回は、「フランス取材記 荒木飛呂彦 ルーヴルへ行く」。作品の岸辺露伴と同じく、物語の舞台となる「ルーヴル美術館」を訪れた荒木先生。「人類の祖先が作った作品にお会いしに行く場所、という感じですね。日本人が神社に参拝するような、敬意を抱く対象と言うのかな」。そして取材のため、現地のスタッフらと共に、普段立ち入ることの出来ないエリアへと進んでいく荒木先生の様子が、豊富な写真と共に紹介されている。※作品とリンクした内容なので、出来ればウルジャン5月号掲載の「中編」を読んでからレポートを読むことを推奨。

関連:

スポンサーリンク

シェアする

フォローする