『岸辺露伴ルーヴルへ行く』も出展! 京都国際マンガミュージアム 特別展「マンガ・ミーツ・ルーヴル」、11月5日から

シェアする

 京都! 行かずにはいられないッ! 京都にある漫画の博物館「京都国際マンガミュージアム」で開催される、ルーヴル美術館とのコラボ作品の原画展「マンガ・ミーツ・ルーヴル――美術館に迷い込んだ5人の作家たち」に、荒木飛呂彦『岸辺露伴ルーヴルへ行く』が出展ッ!

 京都を中心に開催される、映画・ゲーム・マンガなどのコンテンツの祭典「KYOTO CMEX 2010」の一環で、マンガミュージアムでは、ルーヴル美術館とのコラボ作品5作の原画展が開催。マンガミュージアムに問い合わせたところ、『岸辺露伴ルーヴルへ行く』関連記事については、原画と一部複製原画が展示されるとの事。また、作品のスライドショーや解説パネル、そして、「ルーヴル・シリーズ」を含む、5作家の代表作のマンガ/BD単行本100冊以上を手にとって読むこともできる。

 展示会は2010年11月5日(金)~12月3日(金)まで、京都国際マンガミュージアムの1階、多目的映像ホールで開催。料金は無料だが、マンガミュージアム内の展示のため、マンガミュージアムへの入場料(大人500円、中高生300円、小学生100円)だけは必要。(500円で一日中マンガが読み放題! 芝生に寝転がって読むこともできる。

関連:

Amazon.co.jp

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい