ジョジョ第5部アニメ化への布石!? TVアニメ『ジョジョ第4部』新OPに意味深な映像が見つかる

シェアする

 TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』第27話より、第3クール用の新OPとなった。その中にある意味深なシーンにジョジョファンからの注目が集まっている。

 それは新OPアニメの冒頭、山岸由花子と広瀬康一が登場しているシーンの後ろの看板にある。

2016-10-02-jojo4op

 「DU 1999」、その上に「GW 2001」!

 「DU」は、ジョジョ第4部のサブタイトル「Diamond Is Unbreakable(ダイヤモンドは砕けない)」の略で、「1999」は第4部の物語の年代1999年を示す。

 そして「GW」は! ジョジョ第5部のサブタイトル「Golden Wind(黄金の風)」! 「2001」はジョジョ第5部の物語の年代2001年を示しているッ!!

ミスタ「つまり結論ッ!
 『ジョジョ第5部』のアニメ化は決っているんだ
 どーだ!? オレが考えたこの意見!」

アバッキオ「なるほど 結構説得力あるな」

 もちろん何の発表もされていないので、現時点では「第5部まで続けたい! というスタッフの意気込み」と考えるのが妥当だろう。

 …だが裏にはジョジョ第5部アニメ化への布石という意味合いもありそうだ。(※日経のアレ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい
  • 3部まではよかった

    4部のアニメを見る限り5部のアニメを同じところにやってほしいとは思わないんだよな…
    絵柄が4部で見たことのないものだったり一枚絵で何秒も喋らせたり少し原作を改変したりと見てて違和感を覚えてしょうがない
    ずっとジョジョばかり作ってきた制作側もそろそろリフレッシュしたほうがいいと思いますね