SBR感想 #66

シェアする

ジャンプコミックス『スティール・ボール・ラン』 23巻に収録!
(#91:「ハイ・ヴォルテージ その2」)
スティール・ボール・ラン #66

#66 新たな世界(2)
[49P]聖なる遺体を奪った相手を追走するジョニィ。見覚えのある足跡を辿った先で発見したのは何と死んだはずのDio! しかもDioが展開したのは、見た事のない能力だった…!!

【今月のSBR 感想サイトリンク集】

  • ●トビラ絵は、怪しい煙の立ち込める街に佇む『ザ・ワールド』!……いやあ~~、実に『ザ・ワールド』です。この圧倒的存在感、見事に『ザ・ワールド』です。
    絵柄の変化と荒木先生の忘れっぽさゆえに、ディティールは変わっちゃってます。肩や拳の時計のデザイン、手首のデザイン、膝のデザイン、靴のデザインなんかは特に顕著!
    【続きを読む】

  • まさかの再登場で読者に衝撃を与えた『ザ・ワールド』、今回は表紙に登場。

    ジョニィは時止め&ナイフのシャワー攻撃で絶体絶命。
    そしてこれまたまさかの再登場のDio。 止まった時の中で爪弾をいなし、余裕の表情。
    ここで回想。
    【続きを読む】

    サイト:しやわせ空間
  • 今月は49Pで登場しました。
    これで23巻分としては145Pになった訳ですが、そうなると計算上来月は30~35Pの短編でしょうか?
    来月でいきなり最終回になるのでなければ、過去の例からいって短めになるのはほぼ間違いなさそうですね。
    【続きを読む】

  • ―前回まで―
    遂に大統領を倒したジョニィだったが、
    ジャイロの遺体を探している隙に、
    何者かに聖なる遺体を奪われてしまう。
    見覚えのある足跡を辿り、突き止めた犯人は何とDio!
    しかも以前とは異なるスタンド能力を持っていて――!?
    【続きを読む】

    サイト:大言壮語
  • トビラ絵はTHE WORLD
    3部と違っているのは、
    今の荒木先生の「納得」できるデザインを優先したからでは…と
    思います。

    それにしても、ボール・ブレイカーやタスクact4はトビラになっていないのに、
    THE WORLDがトビラになるとは荒木先生の思い入れが伝わってきます。
    【続きを読む】

  • すべては大統領の謀でしたと言うお話。 いや~、まさかディオに遺志を継がせますかね? 確かに「ニューヨーク市長にしてくれ」とは言っていましたけどねぇ。 アメリカという国のことを思えば最善の選択だったのでしょうか。 そもそも大統領がこんなにも国にことを思っていたというのが意外ではありました。 権力に魅せられているだけではなかったんですね。
    【続きを読む】

    サイト:空気供給管
  •  ジョニィの次にスタートするはずのポージーがやべぇ、ワイヤー的な意味で。
     切れてい無いワイヤーも多いし、ジョニィが通報したりするわけもないし、とばっちりで死亡もありうる。
     大丈夫なのかポージー、活躍シーンが輪切りのみなんてソルべ(5部)以来だぞ!
     …そんなマイナーな状況に前例が居るってのもスゲェな、ジョジョって。
    【続きを読む】

SBR 感想サイト、キャモオオオ――ン!

今月号の『SBR』の感想サイト、お待ちしております!


世界を統べるのは誰だ――?

(扉アオリ)

 ☆まさかの展開―ッ! 死んだはずのDioが生きて現れた! しかもそのスタンドは、『THE WORLD』ッ!! 全ては、敗北を悟った大統領が仕組んだ事だった。大統領として、愛国心のために遺体を集めようとした大統領にとって、その遺体を、価値も分からないジョニィの手に渡るのだけは我慢がならず、その意志を、マンハッタン島をくれと言いはなった、野心の権化Dioに託していたのだった。

「このアメリカだけだ!
 地球の裏側の何も理解しようとしない
 どこかのクソ野郎に
 決して渡してはならないのだ!」

 それにしても、あまりに凄い展開だったので、てっきり遺体が引き起こした現象かと思っていたが、普通に大統領の仕業だったとは…。大統領の正義は、あくまで愛国心の為の正義で、その為なら父のハンカチすら利用して騙し討ちを企むというのが、何だか残念なような、でもそれはそれで尊敬できるような、ちょっと複雑な感情を抱いてしまった。

 『THE WORLD』で時を止めてナイフを投げるDioと、かろうじて応戦するジョニィ。Dioはジョニィの能力をよく知っていて、『無限の回転』への対抗措置も既に考えてある様子。対するジョニィも、たった一戦で『THE WORLD』の能力をほぼ見破ってしまった。時を巻き戻すリンゴォの存在があったとはいえ、相変わらずの理解の早さである(笑)。

 そしてそのまま8th STAGEはゴールを迎える。1位はスループ・ジョン・B…って誰!? Dioが2位なのはともかく、ノリスケが3位、ポコロコが4位、いったい何があったんだ!? ポイント争いは、ポコロコ、Dio、ノリスケ、ジョニィの4人に絞られるという、引力、即ちバトル!な展開。船の上で、ジョニィは悪態をついたり魚を食べたり。足はすっかり立って歩けるようになった様子。

 対岸に着いて、いよいよTHE「FINAL STAGE」の幕開けッ! 市街戦13km、わずか20数分で決着する高速レース。ふと群衆を見ると、そこにはジョニィの父親が。胸にはジョニィの兄ニコラスのブーツ。父はかつての残酷な仕打ちを詫び、ジョニィを称えたのだった。

「わたしの子供の名前は『ジョニィ・ジョースター』
 遙かなる西海岸の端からこの大陸を渡り切って
 たったひとりぼっちで 今! この! 
 ニューヨークへやって来ました…………」

 父を愛=理解したジョニィは、全ての決着を付けるべく、Dioを追う! 近づきすぎると時を止められてやられる、かといって近づかないと爪弾は届かない。ギリギリの射程内を模索し、さらにDioの能力の裏をかかなければならない。「そのギリギリのところで撃ち殺す!」(主人公から「殺す」という単語が堂々出るのがスゴイ)。しかし殺すという意味では、ハングリーさに勝るDioの方が上手だった! 通りに張り巡らされたワイヤーをかろうじて回避するが、裂けきれず…。『ああくそっ』!

 「☆このDio、さらにヤバイ!!」(後ろアオリ) 最終ステージ開幕! 20数分の死闘の末、レースと遺体を手にするのは、ジョニィか、Dioかッ!? 次号ウルトラジャンプ2011年2月号(1月19日発売)に続く!!

☆今月号のUJ巻末コメント


映画『トワイライト』シリーズにハマりました。血吸いたいのに吸えないよね。

 またまたご冗談を。………………。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい
  • 5612

    ジョニィ、THE WORLDの能力見切るの早っ!
    そしてDioは無限の回転の対策考えるの早っ!

  •  

    オヤジの謝罪はなんか虫が良すぎる話でなんかいやだった

  • ダニ

    確かに親父は虫が良すぎると思ったけど、不良になってしまい挙句に慢心で落ちに落ちたジョニィに謝る機会を見つけられ無かったのかとも思える。

  • siz

    勝手な予想だけど、Dio遺体と合体して「俺は人間を超越する!!」とか言いそう。でシェルターに入って海底へドボーン。
    実は3部のDIOは吸血鬼でいるのが嫌になって聖なる存在になって人から尊敬されたくて散々研究してメモに残して神父の友人作って宇宙を一巡させて次元を飛び越えてやっと実現できましたとかないか。意外と人間臭かったというお話?

  • ren

    リンゴォの前例があったから見切るの早かった説もあるけどね。

  • かえる

    見切るの早かったのは、読者にすでにバレているからってのもあるだろう。
    3部当時は、読者にとっても謎の能力だからこそ
    引っ張る価値があった。

  • syosyo

    優勝賞金が「70億円」って!円ではなく、ドルが正しいと思うが・・・。これも、大統領の陰謀か?・・・というか、今の物価水準に合わせて表記してくれているのだろう。
    ジョニーが船に乗った時は、第1部の終わりとオーバラップしてしまった。
    ジョニーのThe World対策が見ものです。

  • クライド

    親父が本気で謝ったわけないでしょ
    あわよくばジョニィが優勝したら賞金巻き上げようって魂胆

  • ジョナサソ

    The worldを既に持ってるDIOと聖なる遺体が合わさったら、
    矢で2回射るとかのレベルじゃすまねぇぞw
    レクイエムを超える何かになるぞ…
    アルティメットスタンドの誕生だぁ

  • まさあや

    <今後の予想>
    ジョニィ⇒Dioに勝利。
    ポコロコ⇒スタンドが裏返って今までの幸運のツケがまわりすべてが不幸に。そしてゴール寸前でリタイア。
    最後の直線。ノリスケとジョニイの一騎打ち。ジョニィが優勝!
    ジャイロは結局海から見つからず。
    ジョニィが遺体を海に還すと海からジャイロが現れる。(聖人の奇跡)
    優勝賞金で恩赦を受けてマルコは救われる。
    こんな感じかな。

  • BS10

    The Worldの登場に賛否両論あるようですが。
    今月号を見るに、並行世界で生きているDio=基本世界で既に大統領に殺害されてたDioよりも圧倒的に強い能力を持っていたため生き残れたDioと考えれば、ある程度つじつまが合うような気もして、個人的には納得感ありました。

  • 千林豆ゴハン。

    ヴァレンタインが建設をしていたという「シェルター」ですが。
    ひょっとしますと、「一度そこに保管されたらどんな『軍隊』だろうと『スタンド能力』だろうと侵入や破壊は不可能な安全な場所」であるようにするために、ずいぶんと以前から大統領は、ザ・ワールドの能力を持った隣の世界のディエゴをここへと連れてくるつもりだったのではないでしょうか?
    時間は、停まる
    のだけれども、永遠にその「シェルター」の中でだけは
    そして時は動き出す
    ことができ無くなる、そんな場所なのだとか、、、?

  • ute

    まさかラストは,ジョニィがポコロコの強運を利用する展開では!!?