SBR感想 #67

シェアする

ジャンプコミックス『スティール・ボール・ラン』 24巻に収録!
(#92:「ハイ・ヴォルテージ その3」)
スティール・ボール・ラン #67

#67 新たな世界(3)
[33P]別次元から来たDioは、時間を止めるスタンドを持っていた! その圧倒的な力の前に、防戦一方のジョニィ。果たして「聖なる遺体」を奪還出来るか? そしてレースの行方は!?

【今月のSBR 感想サイトリンク集】

  • ●トビラ絵は、現在の主要キャラ集合図!イメージとしては、17巻の表紙イラスト的とでも言いましょうか。それぞれのキャラが、1本の柱・軸のように集まって描かれています。ジョニィの顔が中心となり、彼の周囲にはディエゴ、『ACT4』、ルーシー、『ザ・ワールド』、大統領。そして、頂上部には今は亡きジャイロの姿が。
    【続きを読む】

  • ―前回まで―
    大統領の野望を阻止したジョニィだったが、
    一瞬の隙を突かれ、何者かに遺体を奪われてしまう。
    見覚えのある蹄跡の先で待ち構えていたのは何とDio!
    しかも時を止める能力を持つ、別次元からやって来たDioだったのだ…!!
    【続きを読む】

    サイト:大言壮語
  • ついに2011年!
    荒木先生、執筆30周年。
    ストーン・オーシャンの年でもあります。

    私個人としてはプッチ神父と同じ1972年生まれで、
    刑務所の教誨師(S・Oでは「教戒師」と表記だけど)もさせていただいているので
    なんとも感慨深いものがあります。
    【続きを読む】

  • いよいよクライマックスに突入した「SBR」。
    今月号ではそんな「SBR」の付箋セットが特別付録としてついていました。
    付箋セットというのは結構珍しいですし、ここは普段読んでいるだけの人も買わない訳にはいかない!?
    しかし、何か勿体無くて使えない気もするし…ここは2冊目を買うのも手でしょうか?(笑)
    【続きを読む】

  •  どうやら無限の回転は止まった時の中でも有効なようです。 有効と言ってしまうと言い過ぎかもしれませんが、 少なくともスタンドは動いている様子。 ジョニィがもっと止まった時のことを意識できれば、 止まった時の中でも回転がひたすら続くようになり、 ディオにダメージを与えられるようになるんでしょうか。
    【続きを読む】

    サイト:空気供給管
  • 「『止めた時の中』で何でも出来る!!
    そんな能力に僕は勝てるのか…!?」
    アッサリDioの能力を暴いたジョニィ、(花京院たちの命をかけた闘いは何だったのかと、ちょいと言いたくなるが)
    しかしその能力への打開策は見付からず―!
    【続きを読む】

    サイト:しやわせ空間

SBR 感想サイト、キャモオオオ――ン!

今月号の『SBR』の感想サイト、お待ちしております!


遺体争奪戦、レース…
全ての決着、迫る――!!

(扉アオリ)

 ☆最終決戦!! ←というアオリが出る、泣いても笑ってもここがファイナルステージ。『止めた時の中』で何でも出来るDioに、追跡さえもままならないジョニィ。膝の肉がスカッと切り飛ばされる描写が痛々しい! しかしジョニィもやられっぱなしではなく、転倒しながらもDioに向かって『爪弾』を発射。時を止めて難なく対処しようとするDioだったが、停止した時の中でも動く『ACT4』に驚愕する。まるで「第3部」の承太郎VSDIOのような展開(あえてだろう)。ACT4の『無限の回転』に触れるのは敗北だと即座に気づいたDioは、なにやら「覚悟」を決めた様子。そしてジョニィも不屈の闘志で立ち上がり、追跡を続行する。

 場面は変わって、S・スティールとルーシー。主催者の権限を持ってしても、別の次元からやってきたDioを止める術は無い。「遺体」の意志が味方するのは誰なのか――。それにしても、ルーシーがやたらとセクシーなポーズを取っているが、サービスカットなのだろうか(笑)。

 先頭集団に追い付いたジョニィ。ブルックリン橋が見えて、それを渡るとマンハッタン。たった13キロ、20数分で決着する市街戦、もたもたしてはいられないが、時を止めるDioにはうかつに近づけない。ジョニィが考える攻撃方法は、『見え』ないように、あるいは『聴かれ』ないように『ACT4』を撃つこと…。しかしチャンスをうかがうジョニィを、Dioは待ったりはしない! 気づかれないうちに時を止めて、『油(ガソリン?)』をジョニィに浴びせ、更に時を止めて火の付いたマッチを浴びせる!(時を止める『ザ・ワールド』が妙にセクシー(笑)) いともたやすく行われるえげつない連携攻撃で、ジョニィは愛馬と共に火だるま状態に…。「勝ったッ! 第7部完!」とは勿論ならず、『ACT4』で道路をこじ開けて(そんな事も出来るのか!?)下水に逃れるのだった。不敵なのは、Dioの「計画」。この火だるま攻撃はただの布石で、Dio自信も覚悟が必要な「爪」消滅の策があるらしい。

 「☆GO! ジョニィGO!」(後ろアオリ) ノンストップで展開する最終ステージ! Dioの「計画」とは!? 遺体はどちらに味方するッ!? 次号ウルトラジャンプ2011年3月号(2月19日発売)に続く!!

☆今月号のUJ巻末コメント


謹賀新年。今年も『ジョジョ』をよろしくね。

 2011年は荒木先生執筆30周年。GO! 荒木先生GO!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい
  • クライマックスに突入中のSBR。
    ジョニィ VS Dio(ザ・ワールドバージョン)の戦いが続きます。
    ・ザ・ワールドとタスクの攻防!
    ・ACT4、止まった時への侵入!
    ・Dioの「覚悟」で、ACT4を封じる方法を一手づつ進める!
    (ガソリン&マッチ攻撃)
    ・下水へ逃げるジョニィ!
    という息もつかせぬ展開。
    今週の内容は、ジョニィ VS Dio戦で、起承転結の「承」という感じでしょうか。
    余り盛り上がりにくい中盤戦ながらも、
    「ザ・ワールド」の能力とスピーディーなレース展開にぐいぐいと引きつけられた今回。
    来月号では、DIoの覚悟が明かされて、ジョニィが更に追い込まれる展開になるような気がします。残り後わずかと思われるSBR。
    果たして結末はどうなるのか!?
    今現在私が気になっている、今後の展開を握る謎。
    (1)ジャイロの生死
    (2)ジョニィとDioとの因縁
    (3)8部の時代設定
    以上3つがあります。
    今後の展開でこれらがどうなるか、楽しみです。

  • 黒い猫

    たぶん今の対ディオ戦が最終決戦だろうけど、
    その後でジャイロが生き返るような展開だけは絶対に止めて欲しい。
    ジャイロの生き様のおかげでジョニィは自ら立ち上がり、
    今は目の前の大きな壁に立ち向かっているわけだから。
    生き返って優勝してハッピーエンドでした、
    じゃ三流の描くストーリーだからね。

  • LOVE=愛ッ

    >>黒い猫
    >生き返って優勝してハッピーエンドでした、
    >じゃ三流の描くストーリーだからね。
    ジョジョでそんな展開は何度もあるうえ
    亀にしがみついて延命した奴までいる件
    それでも読んじまうんだからおもしろいんだよ
    三流とか一流とか細かい事の前に、
    つまらないなら見なくなるただそれだけだし、
    おもしろければ一流だろうが三流だろうが、
    たいした問題じゃないのさ