荒木飛呂彦先生が「アトムみてーな頭」に!? 手塚治虫先生の長女・るみ子さんとツーショット

シェアする

 漫画の神様・手塚治虫先生の長女・手塚るみ子さんが、ツイッターで荒木先生とのツーショット写真を公開している。

 写真は2016年12月12日に行われた『集英社 平成28年度手塚賞・赤塚賞 受賞記念懇親パーティー』で撮影されたもので、荒木先生が被っているのは、「鉄腕アトム」の主人公・アトムの頭を模したベレー帽。ジョジョ第4部で、主人公・東方仗助が不良に絡まれた際「そのアトムみてーな頭もカリあげっど!」というセリフを思い出さずにはいられないッ!?(ちなみに鉄腕アトムはジョジョ第6部でもチラッと登場している。)

snapcrab_noname_2016-12-17_7-1-26_no-00 
「 ジョジョの奇妙な冒険 第4部 カラー版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)」より、仗助のヘアースタイルを何故か「アトム」呼ばわりする不良。

snapcrab_noname_2016-12-17_7-5-20_no-00 

「ジョジョの奇妙な冒険 第6部 カラー版 12 (ジャンプコミックスDIGITAL)」より、空を飛ぶ日本のアレ。コピーライトも記載されている。

 同じパーティーに参加された、藤子不二雄研究家の稲垣高広さんも、荒木先生とのツーショットを公開している。

 アトムベレー帽はこの日、荒木先生の他にも、藤子A先生ジャンプ瓶子編集長鈴木常務集英社の堀内社長 など、スゴイ人達の頭を移動してきたようだ。ちなみにこの帽子は、漫画家・イラストレーターの桐木憲一先生「手塚治虫文化祭 キチムシ‘16」用に制作したもの。(wikipediaによると、かつて2004年にジャンプで『地上最速青春卓球少年ぷーやん』を連載されていた方でビックリした。)

 荒木先生の漫画家デビュー作は、1980年の第20回手塚賞で準入選となった『武装ポーカー』(当時の貴重なジャンプ記事)。NHKで放送された当時の授賞式の映像では、若き荒木先生が手塚先生と会話する姿も見ることが出来る。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする