SBR感想 #68

シェアする

ジャンプコミックス『スティール・ボール・ラン』 24巻に収録!
(#93:「ハイ・ヴォルテージ その4」)
スティール・ボール・ラン #68

#68 新たな世界(4)
[33P]別次元からきたDioの、時間を止めるスタンド能力「ザ・ワールド」の前に防戦一方のジョニィ。起死回生のチャンスをうかがうが、Dioもジョニィの戦法を予測していて…!?

【今月のSBR 感想サイトリンク集】

  • トビラ絵は、スロー・ダンサーの上に座るジョニィ。傷だらけでも穏やかな表情を浮かべる彼の姿は、まさしく「男」そのものです。確固たる自信と誇りと勇気を秘めた、「男」の顔付きです。最高にカッコイイ。車椅子に乗って周囲に文句ばっかタレてたかつての彼を思い返すと、実に感慨深いですよ。よくぞここまで生長したなあ。
    【続きを読む】

  • アオリに現れました。

    「最終回まであと3回…!!」。
    ああ、ついにこの時が来たか…という思いです。

    下水溝に逃げたジョニィですが
    あっさり、引火は消えております。
    【続きを読む】

  • ついに来るべき時がやって来ました。
    今月号の扉絵に最終回までのカウントダウンが表示されたのです!
    ウルトラジャンプの顔である事から「天上天下」同様の措置が取られるんじゃないかとは思っていたのですが、それによると今回を含めて残りは3回。
    【続きを読む】

  •  やはりジョニィが下水道に逃げたことはディオにとって意外だったようで焦りを見せていました。 時を止めるにしても相手の姿が見えればこそですものね。 そんな状況でディオの取った対抗策が観衆を利用しての肉の盾。 ジョニィに対して「おいおい、ひどいな」と言っていますけど、 酷いのは盾にしたあなたの方でしょうと。
    【続きを読む】

    サイト:空気供給管
  • 『ゴールまで残り3km… 最終回(フィナーレ)まであと3回…!!』
    唐突なカウントダウン開始ッ!?
    スタンドも月まで何とやら、の衝撃です。

    カウントダウン通りに行くと、第70話が最終回になりますね。
    7部に数字合わせされて、遊び要素がここにも見られた気がします。
    【続きを読む】

    サイト:しやわせ空間
  • あと3キロで決着、レース優勝を目指す他参加者の中でジョニィとDIOの最後の戦いが続く。
     最終回まであと3回! あと3回! あと3回!
     つまり次回が2回でそのまた次が1回ですよ、当たり前ですね!
     入りきるのかコレ、ポコロコはもうどうでもいい感じかコレ。
    【続きを読む】

  •  たくさん大切なものをくれた親友の死を乗り越え、そして壮絶な確執があった父親と、やっと和解ができたジョニィ。
     表紙のジョニィは、これまでよりも大きな「確信」に満ち満ちているように見えました。
    【続きを読む】

  • ☆逆襲へッ!!

    ズルゥゥウ

    下水道へ滑り込むACT4とジョニィ
    【続きを読む】

    サイト:大言壮語

SBR 感想サイト、キャモオオオ――ン!

今月号の『SBR』の感想サイト、お待ちしております!

☆カウントダウン開始!見逃すな、クライマックス!!☆

ゴールまで残り3km…
最終回(フィナーレ)まであと3回…!!

(扉アオリ)

 ☆逆襲へッ!! あと3回だとォォ――――ッ!? スタンドも月までブッ飛ぶこの衝撃、何と最終回までのカウントダウンが始まってしまった! 第6部ストーンオーシャンでは、“骨肉弾、リローデッド!!”のアオリの翌週にいきなり最終回を迎えたが、『SBR』では最終回を『覚悟』したうえで読むことになった。

 下水に逃れて炎を消したジョニィ。それにしても、ガソリン→炎上→下水というハードな展開にも関わらず、ジョニィを乗せてひた走る愛馬スロー・ダンサーがスゴすぎる。ジョニィが下水に逃れたのは、炎を消すためだけじゃあなく、死角からDioを狙撃するためだったッ! 「う…うまいッ、炎からの防御がイコール攻撃につながっているぞ」(SPW) これなら時を止めるタイミングが分からないッ! しかしDioは何と、女性ファンを肉の壁としてまとわりつかせて、攻撃を回避してしまう。無表情のまま消滅する女性2人。いともたやすく行われるえげつない行為…。

 レースは残り3km、ブルックリン橋に突入。ジョニィはDioの時間停止が「5秒」だと予測(相変わらずスゴイ洞察力だな!)し、ギリギリからの狙撃を狙うべく、全力で加速し、Dioを猛追する。対するDioも全力で加速する。Dioはこのジョニィの行動を予測したうえで、「それ相応の犠牲と対価を払わなくてはならない」が、必ず勝利する策を持っているらしい。

「串刺しにしてやる
 おまえは串刺しになるんだ……」

 そのまま接近戦から、5秒の時間停止へッ!

 「☆決着の瞬間(とき)!?」(後ろアオリ) Dioの策とはいったいッ!? ジョニィはナランチャのように串刺しにされるのか!? 『遺体』はこのまま2人の戦いに沈黙を続けるのかッ!? 残り2話ッ!! 次号ウルトラジャンプ2011年4月号(3月19日発売)に続く!!

☆今月号のUJ巻末コメント


NYへ行って来ました。死ぬかって寒さで「ジョニィ」は偉いなと思いました。

 このタイミングでNYへッ!? 次回作と関連があるのか、それともただの旅行なのだろうか…。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい
  • 匿名

    後2回で終わりか……

  • miti

    さみしいよぉぉぉぉぉ…

  • ミラー

    ついにクライマックス・・・!

  • hu*

    を正真正銘ジョジョvsディオのラストバトルを、全世界が注目するSBRレースのクライマックスの大舞台に持ってきたかったんでしょうねイロイコさん!

  • いよいよラスト3回!!
    今月は引き続きジョニィVSディオの最終レース上でのバトル。
    かなりスピーディな展開で、ディオとジョニィがお互いの能力をフル活用して、レースと並行して戦うという展開。
    最終的に、ジョニィの攻撃を受けて、ディオが時を止めて次週へ続く。
    ラスト3回という事を踏まえて、気になるポイントは
    ・「覚悟」というディオのセリフ
    何か肉体的なダメージの事なのか、それとももっと大きな意味なのか?
    (「覚悟」というセリフが、5部ジョルノのギアッチョ戦でのセリフを思いだす)
    ・「全ては計画通り」というディオの発言
    前号から繰り返しでてきていて、何か引っかかる。
    ディオが言う計画が、単なる先頭での勝利ではなく、何か別の意味も含んでいるような、、、。
    やはり、1部のディオとジョナサンの事があるので、ディオが生き延びて遺体の力で現代に
    蘇る、という流れになるのでは、と想像してしまう。
    全ては2ヶ月後にははっきりするんだろうけど、待ちきれません!
    余談ですが、
    SBRの世界観と、MUSE「Knights Of Cydonia」すごくハマります。
    馬に乗って走る感じと、SFっぽい感じがほんとピッタリ。
    聞いた事無い人、この曲を聴きながら、是非読んでみて欲しい。

  • kh

    ジョニィは遺体を狙って爪弾を撃ったのでは?