『季刊エス』2011年04月号に、『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』荒木飛呂彦インタビューが4Pに渡って掲載!

シェアする


 飛鳥新社発行の雑誌『季刊エス』2011年04月号[AA]に、ルーヴル美術館とのコラボ作品『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』についての、荒木先生へのインタビューが掲載!


 『岸辺露伴 ルーヴルへ行く(Rohan au Louvre)』は、ルーヴル美術館が展開する「バンド・デシネ(漫画)」プロジェクト第5弾として発表された、荒木先生によるフルカラー描き下ろし作品。フランスでは昨年4月に出版され、日本でもウルトラジャンプ2010年4月号5月号6月号にモノクロで掲載された。

 インタビューでは、ルーヴルとのコラボ作品を描くにあたって意識した事から、現地での取材と作品の見所、露伴のヘソ出しファッションについてなど、全4ページに渡ってたっぷり語られている。ちなみに今作は120ページを超えるフルカラー漫画となっているが、荒木先生曰く、「これね、意外と難しくないんですよ(笑)。塗ったのは早かった。たぶん一週間か二週間くらいですよ。もちろんアシスタントに手伝ってもらったんですけど」、との事。

 また、記事によると『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』は、いよいよ日本でも単行本刊行準備に入ったとの事。発売がディ・モールト待ち遠しいッ!

関連:

Amazon.co.jp

(情報グラッツェ!<名無しさん、ゆこさん、梨さん)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい