ジョジョリオン感想 #003

シェアする

『ジョジョリオン』 コミックス1巻に収録!
(#003:「ソフト&ウェット その2」)
ジョジョリオン #003

#003 Who am I?(2)
[33P]帽子屋の注文書を手がかりにマンションを訪れた「吉良」と康穂。物音のする奥へと進んでいくと、浴室に若い女性が…彼女は一体!? 部屋に残された生活の跡は何を物語る!?

【今月のジョジョリオン 感想サイトリンク集】

  • ●トビラ絵は吉良くんと康穂の2ショット!どこかキョトンとした表情の吉良くん、キリッと凛々しい顔付きの康穂。2人の性格がよく表れた絵ですね。早くもお似合いの2人って感じです。「ジョジョ」シリーズ初のボーイ・ミーツ・ガールな物語。今後、この2人はどんな関係になっていくのでしょうか?そして、常秀くんはどう絡んできてくれるのでしょうか?(笑)
    【続きを読む】

  • というわけでウルトラジャンプ(8月号)を買ってきました。
    といってもこのブログではウルトラジャンプの感想じゃなく
    ジョジョリオンの感想しか書かないんですがね。

    付録は「UJ特製うちわ」。
    【続きを読む】

  • まずは表紙に今回も『ジョジョリオン』の名前と主人公の顔が載ってますね。
    早くも大注目でUJの顔となったってとこでしょうか。
    んで、表紙に振られたアオリは、

    「吉良」の素性を追えッ!!新連載第3回!

    とのこと。
    【続きを読む】

  • さてさて、ウルトラジャンプで読んでる人には言わずもがなの先月号での「主人公の名前事件」。
    今月も、「吉良吉影」の存在を裏付けるようなアイテムが多数登場した。
    リビングらしき部屋に飾られた、「モナ・リザ」の肖像画。
    同じ部屋に飾られた、人間の手首のオブジェ。
    そして、何より、
    「爪が入った小瓶ッ!」
    【続きを読む】

    サイト:e視点
  • 前回出た『吉良吉影』の名で、早速クライマックスな雰囲気なジョジョリオン、第3話。

    奥の部屋から物音がして、緊張感の走るリビングには『モナリザ』の絵や『手首の彫像(まさかホンモノ…?)』が。
    静寂の中に、“吉良の臭い”が漂います。
    【続きを読む】

    サイト:しやわせ空間
  • 月刊ウルトラジャンプ連載“ジョジョの奇妙な冒険・第8部”「ジョジョリオン」第3回です。
    今月は33Pで登場しました。

    連載開始から話題を振りまいているジョジョの奇妙な冒険・第8部。
    掲載誌のウルジャンでもかなり力が入っており、今月は付録として「ジョジョリオン」を含む6作品のイラストを使用した特製うちわが付いていました。
    【続きを読む】

  • サブタイトルはWho am I ②となってますが、単行本ではやっぱり(主人公の名前)とかに変更されるんでしょうかね。
    ネタバレを含む感想です。

    前回、帽子屋SBRの顧客リストから名前そして住所がわかった主人公の吉良。部屋の中をいろいろと物色して自分のことをもっと知ろうとします。
    【続きを読む】

  • さて、第3話。
    吉良吉影という名前らしき人物の部屋には、何かいるのか?
    第2話の気になる続きがようやく読めるッ。
    物音はするものの、誰もいないのか?
    【続きを読む】

    サイト:へっぽこ日記
  • 福岡ではウルトラジャンプが21日発売なので
    迷わず朝一で購入してきました!
    今月のジョジョリオンにいきなり新たなジョジョ立ちが!
    話の内容としては主人公(吉良?)の自宅に女性がおり
    どうやら監禁されているようでした。
    【続きを読む】

    サイト:ひまつぶし
  • ■吉良吉影の家

     謎の少年・吉良吉影(?)と康穂のバディ・ムービーな感じになってきたジョジョリオン。
     今月は少年の自宅と思われるマンションの一室から物語はスタートしました。
     いまだ記憶の戻らない少年の正体が、なんと吉良吉影であるらしいということが先月わかり、やってきた彼の部屋。
    【続きを読む】

  • 「荒木飛呂彦、吉良吉影を語る」というインタビューをご存知でしょうか?

    「ジョジョの奇妙な冒険 第4部」のリミックス版(コンビニとかで売ってるやつ)に、
    荒木飛呂彦氏のインタビューが、このタイトルで企画されています。
    【続きを読む】

    サイト:Creative Consuming
    ※管理人注釈:「荒木飛呂彦 吉良吉影を語る」は、2004年のリミックスで
    収録されていたもの(前編後編)。現在発売中のリミックスでは無いので注意。
  •  今回はまとまりなくずらずら行きます。

     モナリザの絵が飾られているのは4部の吉良吉影を匂わせるファンサービスでしょうか。

     上の部屋とシンクロしているように見えます。 そういったスタンド能力なんでしょうか?
    【続きを読む】

    サイト:空気供給管

ジョジョリオン 感想サイト、キャモオオオ――ン!

今月号の『ジョジョリオン』の感想サイト、お待ちしております!

  • 【扉アオリ】記憶の向こうに誰がいる?/自室…なのか!?
  • サイズがピッタリの衣服。しかし「まだ…何も思い出せない…」。この時のポーズが奇妙すぎる(笑)。
  • 大量のグリンピースとわさび。緑色だらけ。吉本芸人に緑色のスーツが特徴の芸人がいるが、それと関連が!?(無い無い)
  • 何故か浴室にいる裸の女性。胸もしっかり確認。
  • 主人公の「オレェェ?」は定着するのだろうか。康穂の「再び失礼~」の顔が面白すぎる。残念ながら、ジャイロ渾身のギャグ「ちょっと420~」は、後生には残らなかったようだ。
  • 助けを求める女性。物音が上からも下からも聞こえる。スリッパの中には画鋲。じわじわと日常が非日常へ。
  • モナリザ、手の置物、瓶詰めにされた「爪」。我々がよく知る『吉良吉影』を連想させるものが次々と出てくるが…。ただ、瓶詰めの爪は、1980年からある、という事は、少なくとも「主人公=爪を切って保存していた人間」では無い!?
  • 女性を写したアブノーマルな写真。その写真の中に映っている主人公。という事は、この写真を写したのは誰? テーブルの下から写したようなアングルも奇妙。
  • 「感覚的に理解できる…… オレはあんたなんか知らないぞ」。主人公が本当に潔白だとすると、ここの住人=吉良吉影なのかも怪しくなってくる。というか、やっぱりこの主人公を吉良吉影と呼ぶには抵抗がある。ちゃんとした別の名前がありそう。もしくは、ずっと名無しで、どんどん『別の誰か』と疑われ続ける展開とか。
  • 女性の言葉から、主人公はここから一度逃げ出して、再び戻ってきた、という事らしい。そして始まるスタンド攻撃。傷を負った部分に印のようなものが付けられ、その手足が操られる。操られた後、どうなる? アブノーマルな写真の被写体にされるのか!?
  • 【後ろアオリ】勝手に足が!?
  • 「※次号(9月号)都合により休載いたします。何卒ご了承下さい。」 あァァァんまりだァアァア!!(涙) 露伴読み切り執筆のための休載なんだろうけど。

☆今月号のUJ巻末コメント


暑いの苦手ですけど、今年の夏はどこか好きです。家に風鈴さげたせいかなあ~?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい
  • bamboohorse4

    読みました~!
    うーん奇妙すぎますね・・・
    今回の話では上の階の物音と自分たちのいる皆の物音がリンクしている感じでしたけれど、それは何故なんだぁぁぁぁぁぁああああ!?
    主人公がこのまま吉良(凶悪犯)って事はなさそうですが、ん~だとしたら帽子屋で何で吉良を語ってたのかも謎だし。。。分からんすぎる!
    ではこれにて420~

  • ws

    感覚的って言葉はずるい!
    昔から思ってたけど

  • me

    写真に写ってる吉良?は、あれは鏡に映った姿ですよ。アングル的に微妙だけど、本人が撮った可能性もなくはない角度ですね。

  • ororo

    手足に出たマークは『デッドマンズQ』のQかな。
    露伴、フィレンツェへ行くの記事は書くべきですよ。

  • 「荒木飛呂彦 吉良吉影を語る」に言及した感想記事を書いたものです。
    あのインタビュー、現在発売中のリミックスには掲載されていないという件、まったく知りませんでした(汗)。
    お手数おかけして申し訳ございません。
    注釈ありがとうございます!