ジョジョリオン感想 #005

シェアする

『ジョジョリオン』 コミックス1巻に収録!
(#005:「ソフト&ウェット その4」)
ジョジョリオン #005

#005 soft&wet(2)
[49P]記憶をなくした青年が、帽子を手がかりに突き止めた、「吉良吉影」という名前と、住所にあったマンション。その浴室には全裸の女性がいた。上の階にいる謎の敵に「印」を付けられ、手足の自由を奪われていく。活路はあるのか!?

【今月のジョジョリオン 感想サイトリンク集】

  • ●トビラ絵は吉良くんと『ソフト&ウェット』!吉良くんは血の「印」が刻み込まれた両手を前に突き出し、真剣な眼差しでこちらを見つめてきます。でも、スキっ歯設定があるばっかりに、どんなシリアスなシーンでも大概、口は半開き。チラリと覗くスキっ歯が、愛嬌を感じさせます。彼が被っている帽子は、手形マークが付いてて、被る部分もねじり鉢巻きっぽい感じになっているバージョン。帽子もセーラー服もパンツも、本編の方でも早く完全体になってほしいものです。
    【続きを読む】

  • ザックリと4話のあらすじを書くと、数々のトラップで3点まで奪われてしまった主人公。
    ただ、能力を駆使して支配から逃れる事に成功し、上の階の男を倒すべくベランダに走ったのが前回まででしたね。

    んで、今回。
    【続きを読む】

  • 前回主人公のスタンド名、そしてその能力(『ソフト&ウェット』方の星形の傷からシャボン玉を出し、それが割れるとき、「何か」を奪う能力。スタンド自体もかなりの攻撃力あり)がわかり、それをうまく使うことでピンチを脱したかに見えました。
    しかし、活路と信じて飛び込んだベランダにも敵(上の階の男)の罠が。
    【続きを読む】

  • 今月号は49ページと読み応えのある回。まだまだ謎だらけながらも、物語の進むペースは明らかに上がってきていて、僕のテンションもアガるってもんだ。

    やはりというべきか、ベランダに逃げた吉良吉影くん(主人公の名前が「吉良吉影」で確定ではない気がするので、当ブログでは便宜上、主人公の名前を「吉良吉影くん」と記述しております。)を待ち受けていたのは新しい罠。
    【続きを読む】

    サイト:e視点
  • さて、第5話。

    謎の相手からの攻撃を受け、
    『吉良吉影』の部屋から脱出を試みる主人公。

    ・・・名前がほしいな。
    【続きを読む】

    サイト:へっぽこ日記
  • ついに上から攻撃を仕掛けてくる敵に対し反撃を試みる吉良仗助(仮)ッ!!
    ベランダから敵を叩く!反撃なるか!!?

    敵「そのベランダに足をかけるんじゃあねぇーーーーッ!
    オレは上! きさまは下だ!!」
    【続きを読む】

  • 表紙は主人公とスタンドのツーショット。
    早くもスタンドのデザインが変わっています。いつもの事なので逆に違和感無しw。

    「あと『一か所』! 印を『4点』!!付けられたら……
    間違いなくこの部屋で起こることは『絶望』だけになるッ!!」
    【続きを読む】

    サイト:しやわせ空間
  • 3月11日の大震災で被災した杜王町。
    「男」の名が「吉良吉影」であり、女性を縛り上げる様な男だと知ってマンションから飛び出してしまった広瀬康穂。
    だが、彼女が去った後、「男」は部屋の異変に襲われる。
    突然、風呂の中で水没する女を救助する際、手を傷つけ「印」をつけられてしまった「男」。
    【続きを読む】

  • 前回、ベランダへ逃げ出した主人公。
    予想通りにトラップが仕掛けられていて・・・
    猛毒ヘビ。
    上階からヘビをチョロチョロさしてるのは笑えた。
    このシーン部屋の中のモナリザと奇妙な手のオブジェとか気になりすぎる!
    【続きを読む】

  •  前回に引き続き、敵の意図が読み取れません。 ベランダに蛇を放ったのはベランダからの逃亡を防ぐためだとするならば、 やはり少年を階下の部屋に閉じ込めておくことが目的なのでしょうか。 四肢の自由を奪った後にのこぎりで舌を切断しようとしたのは助けを呼ばせないためと考えれば、 そこにつながる気がします。
    【続きを読む】

    サイト:空気供給管

ジョジョリオン 感想サイト、キャモオオオ――ン!

今月号の『ジョジョリオン』の感想サイト、お待ちしております!

  • 【扉アオリ】「印」に抗え。/活路はベランダ…!?
  • 敵が見失ったスキに、ベランダにダッシュ。ガラスが粉々に砕けているのに、シィィーーーンという擬音が付けられるのが、ジョジョらしくて奇妙。
  • 脱出した先には、毒蛇が放し飼い。浴室と同じく、ベランダにも執拗な罠が。『死刑執行中脱獄進行中』のような展開。この部屋は純粋な罠で、部屋としては使われていない?
  • 右足を蛇に噛まれ、これで4点取られた…が、位置を見失っているせいか、「印」は発動しない。上から蛇を投げ落とす敵が異常過ぎる。
  • 「息が苦しい… ま…まさか こ…この蛇」広げられた図鑑には、毒の強さ「A(超スゴイ)」!? しかも「切り落とせばぁ…?」とラベルが付けられたノコギリ。猟奇とゆるさが、シュールな笑いを誘う。
  • たまらず室内に退避。主人公のスタンド「ソフト&ウェット」は、仗助のクレイジー・Dと同じく、自分には使えないらしい。「世の中……都合のいい事だらけじゃあねえってことだな」。ますますジョースケって感じ?
  • 敵は主人公を「殺す」気らしい。倒すと覚悟を決めた主人公。しかし、自分は誰? 敵は誰? その時、脳裏に浮かんだのは、「壁の目」と「謎の男」。前髪の長いイケメン、こいつが敵=「吉良吉影」かッ!? 当たり前だけど、記憶があるということは、やっぱり過去があって、どこかで何かをやっていた事になる。どこか異邦人のようだった主人公も、宇宙人でも異次元人でもない、普通の人間という事か。
  • リビングの電話が鳴る。電話をかけてくるのは上の階の男。浴室にいた女性が言う。「いつだって誰かの都合で利用されてばかり… あたしはただのアイテム…… 用が済んだらもういらない便利な子 でもあたしは死にたくない こんな所でこのまま殺されるのはイヤ…」 そして女性は敵に告げる。「『黒いソファ』の上にいるわ」
  • ついに4点取られた主人公。スタンドも動かせない。「ドスドスドス」という怒りの足音のまま、TVラックにドグシャンとぶつけられ、ノコギリで口を引かされる! ギーコギーコが怖すぎるんですけど!!
  • そこに戻ってきた、広瀬康穂。やっぱり広瀬康一と同じ、いい奴なんだなぁ。とはいえこの室内は敵の胃袋も同然。主人公の逃げろという叫びも虚しく、主人公の手によって、右腕に「印」を付けられる泰穂。
  • さらに床を這いずる状態から、ノコギリで泰穂に斬りかかろうとする主人公。しかし肩が自由になったおかげで、能力が使えるように! 奪ったものは、上の階の床の「摩擦」! ズデェェェンという派手な転び方。それにしても下からのアングルがエロイです。主人公のエロっぷりを警戒してか、泰穂もスカートは手でしっかり抑えている。
  • 摩擦で滑ったのか、床の無いところへ逃げようとしているのか、敵はベランダに移動。それに引きずられて、主人公もベランダに一直線。「ツルツルだあ……」とちょっと楽しそう。
  • ある程度自由が効くのか、ベランダには行かず、サッシで踏みとどまる。そして再び能力を上に飛ばす。今度奪ったのは、「視力」。しかも少しだけ「光」が見える状態。するとォーー
  • 悲鳴と共に明るい方、つまりベランダの向こうに進もうとした為、敵はそのまま垂直落下。「オラオラオラオラオラオラアラオラオラ」 そして敵を遂に捉える! 「おまえが……『吉良吉影』か」って、さっきの記憶の中の男とはまるで別人なんですけど!? 敵の正体である事は明らかだが、イコール記憶の男には思えない。こいつは何者? また次号が気になりすぎる。
  • (そういえば、蛇の毒はどうなったんだろう。結構元気なんですけど。)
  • 【後ろアオリ】操り師の正体…!

☆今月号のUJ巻末コメント


最近好きなのは、固いのよりユルユルのスパゲティ。

プッチ「もはやユルユルで湯がき過ぎだぞ!」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい
  • B

    jojolionいいですね~!
    毎月の、いや、人生の楽しみですね!ジョジョは!!!

  • yoshiyoshi

    戦闘パートと日常パートに分かれるんだろうか 
    JOJOで日常とか考えられるワケがないッ!

  • shiobana

    あのヘビって毒蛇に擬態してるけど毒はもってない「ミルクヘビ」じゃないですかね。上の男がパニくらせるために図鑑置いといたのでは?