ジョジョリオン感想 #006

シェアする

『ジョジョリオン』 コミックス2巻に収録!
(#006:「ソフト&ウェット その5」)
ジョジョリオン #006

#006 キラ・ヨシカゲ
[49P]記憶の手がかりとして訪れたマンションで、殺意を持って襲ってくる上の階の敵。4箇所に「印」を付けられるが、わずかな隙を突いて能力で形勢逆転、ついに上の階の男を捕らえた。こいつが吉良吉影!?

【今月のジョジョリオン 感想サイトリンク集】

  • 上の階の男のスタンドは「ファン・ファン・ファン」
    元ネタはビーチボーイズの最高にかっちょいい曲だぜ!!

    というわけで、上の階のヤツの職業は「サーファー」。

    「サーファー?それ仕事じゃあないだろう」
    【続きを読む】

  • 扉絵は前回までジョースケを苦しめた上の階の男のスタンド「ファン・ファン・ファン」のスタンド紹介。
    ・真上に立たれるとその人は動きを支配されてしまう
    ・人の四肢の4点にキズをつけられると印ができ、完璧に動きを支配されてしまう
    まあ前回読んでない人のために、こういう能力の相手と戦っていましたよーっておさらい。
    【続きを読む】

  • まさかの「オラオラ」ラッシュでついに上階の「敵」を捉えた吉良吉影くん(主人公の名前が「吉良吉影」で確定ではない気がするので、当ブログでは便宜上、主人公の名前を「吉良吉影くん」と記述しております、なんて言うのも今月まで!)。
    【続きを読む】

    サイト:e視点
  • 辛くも「上の階の男」に勝利し、見事に捕まえる事に成功した主人公。
    同じ高さに位置したからか、付けられた印は消えてしまいました。
    これでもうこの「上の階の男」は怖くない!
    ついでにヘビの「血清」を奪い取りました。
    荒木先生、毒の事を忘れたワケじゃあなかったんですね。
    【続きを読む】

  • 今回扉絵でこの男のスタンドが紹介され、名は「ファン・ファン・ファン」と言うらしい。
    真上に立つと下にいる者を支配出来るそうで、四本足で立っている(?)ちょっと異様なデザインのスタンドの様です。
    転落したショックからなのか、「男」の印は消滅!
    蛇の解毒剤も手に入れ、後は自分の正体を探るだけだったのだが…。
    【続きを読む】

  • ●トビラ絵は、「操り師」のスタンド紹介!これといった説明もなく、もう当たり前のように「スタンド」という用語が使われてます。まあ、物語中で今後、「スタンドとは何なのか?」と再解釈されるのかもしれませんが。「ジョジョリオン」から読み始めた人には不親切設計ですな。
    スタンド名は『ファン・ファン・ファン』。ちょいと調べてみると、これは「ザ・ビーチ・ボーイズ」の曲名のようです。
    【続きを読む】

  • 今月号にはジョジョの付録が。

    VS JOJO マニアクス。

    内容は今年のジョジョ&荒木アニバーサリー企画のひとつ、
    ジョジョに若き作家たちが小説で挑むという企画「VS JOJO」の別冊特集。
    【続きを読む】

    サイト:へっぽこ日記
  • 前回まで主人公くんを攻撃していたのは、スタンド名『ファン・ファン・ファン』。
    能力は、両手両足の『4点』にキズをつけられると、印がつき、『4点』を支配されてしまう。
    しかしこのスタンド、今回は紹介のみで活躍は無し。

    引き摺り落とされて落下してきた『敵』を捕まえ、部屋の中へブン投げ、今度は主人公のターン。
    【続きを読む】

    サイト:しやわせ空間
  • いきなり操り師のスタンド図解から!
    ビジョンが前回と変わってるけどベルトの掛け方がかっちょいい!
    頭部はダサい・・・一人目の敵スタンド使いとしてはこんなもんかな。
    その名も「ファン・ファン・ファン」

    元ネタはThe Beach Boys「Fun, Fun, Fun」ですね
    【続きを読む】

  • 少年が吉良吉影ではないことが判明し、 また今まで攻撃してきていた敵も判明しましたが、いろいろと引っ掛かるところがあります。

     笹目が吉良吉影の部屋に罠を仕掛けたのが3日前です。 おそらく女の子を閉じ込めたのもこのタイミングでしょう。 では、少年が吉良吉影の部屋を訪れ、罠に使われていた女の子に出会った際に
    【続きを読む】

    サイト:空気供給管
  •  吉良吉影宅のバトルはついに決着の時を向かえ、ジョジョリオン少年(仮)は上の階の男を捕まえた。
     はたしてこの男が吉良吉影なのか!

     ということで、今回は異様な雰囲気の漂う、上の階の男の物語。
    【続きを読む】

ジョジョリオン 感想サイト、キャモオオオ――ン!

今月号の『ジョジョリオン』の感想サイト、お待ちしております!

#感想は後日書きます。

  • 【扉アオリ】頭上の恐怖の招待は!?/「上の階の男」の正体が!?
  • ↑このアオリが、まるで主人公の台詞に見える位置にあって違和感。
  • 遂に、上の階の男を捕らえる事に成功。4点の支配も解除され、形勢逆転。「血清」もゲット。(かなり平気そうに見えるが、一応は毒蛇だったのか。)
  • 敵が漏らした言葉に、一同唖然。「あんた、『吉良吉影』じゃあなかったのか…」。こいつが吉良吉影か、とおもいきや、こいつは「上の階の住人」で『吉良吉影』じゃあない。そして主人公も『吉良吉影』じゃあない!? (さすがにこの小物臭がプンプンする男が『吉良吉影』とは思えなかったので、良かったというのが本音)
  • 「なんか喋ったかあ~~ 聞こえないなあ おれはもう聞きたくないフザけたセリフは聞かないことにした!」 割りと躊躇なく暴力を振るう主人公。殺されかけたとはいえ、主人公としてはちょっとコワイ感じもする。
  • 『上の階の男』が言うには、『吉良吉影』を攻撃するために上の部屋を借り、「女の子」を罠に待ち構えていたという。そして、写真という決定的な証拠と共に、『吉良吉影』と『上の階の男』の関係が明らかにされる。
  • 『吉良吉影』
    年齢:29歳/職業:船医/スタンド:不明(スタンドは見えていた)/「美しい手」をしているナルシスト/過去に殺人を犯している(証拠なし)/あいまいな事を嫌う/悪のカリスマのようなものを持っている/3日前に立ち寄ったと女の子が証言した男は『吉良吉影』だと思われるが、現在は行方不明。(前回主人公の記憶に出てきた男は、吉良吉影ではなかった様子。)
  • 『笹目桜次郎』
    年齢:22歳/職業:サーファー(自称)/スタンド:「ファン・ファン・ファン」/実家が「壁の目」近くに建っていた。子供の頃からのスタンド使い。/吉良吉影とは2008年夏に知り合った。/吉良吉影にそそのかされ、自分の手の指を食べてしまった。/復讐のために吉良吉影を狙っていた。3日待って現れたのは『吉良吉影』ではなく『主人公』だった。
  • 現在が2011年だとして、2008年夏に知り合ったなら、約3年はどのような関係だったのだろう。指の傷はかなり古いものに見えるが。
  • 吉良の写真の後ろに写っていたのは、『壁の目』。それも主人公が埋まっていた辺り。「行かなくっちゃあな! この部屋にもう用はない…」
  • 「最初の場所」。吉良が何度も来ていた場所。主人公の埋まっていた穴の水を抜くと、その穴の裏側に死体が。検死の結果、それは紛れも無く『吉良吉影』だった。死後推定3日。吉良がマンションを立ち去ったのは3日前、主人公が現れたのも3日前? しかも吉良はタマが「2つ」とも無かった。主人公はタマが「2つ×2」。吉良のものと思われる帽子も、最初から被っていた。本当にこいつは何者なんだ!? まるで吉良が混ざっているようだが!?
  • そしてスタンドも月までブッ飛ぶこの衝撃、何と『東方常秀』の父親が、主人公の身元保証人に! 8人の大家族で、全員がスタンド使いでも不思議じゃあないような、特徴的過ぎるファッションセンス。東方常秀と仲良くやっていけるとは到底思えないのだが(笑)。
  • そして遂に、仮だが主人公に名前が! その名は、
    『東方定助(じょうすけ)』!!!!
    って、ジョースケ!? 第4部の東方仗助との区別がディ・モールトややこしくなりそう。(とりあえず日本語変換は、区別のために「サダスケ」で変換する事にしよう…。)
  • 【後ろアオリ】もちろん「タマ」はなかったぜ…っ
  • マンションから全裸のまま逃げた女の子が、子供に見られて物語はTo Be Continued…。この女の子は、今後出てくることはあるのだろうか?(笑) そして『東方定助』が杜王町でどう暮らしていくのか。スタンド使いになった東方常秀と早速殺し合いになりそうな予感。

☆今月号のUJ巻末コメント


スーパーカーのカレンダーを買った。運転もしないのに、自分でも「何故?」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい
  • 112

    笹目のファン・ファン・ファンのデザイン、前月と変ってますね。人型からタコ型に。

  • nmr

    一気に話が進んで、さらに謎が深まった。
    吉良がレクター博士みたいで怖い。
    4部の時とは違った方向にサイコだと思う。
    しかし東方家のファッションセンスは尖ってるな。
    文句なしに面白かった。次号からの展開も楽しみ。

  • bakeratta

    まさかの人違い。謎が解けて、さらに謎が深まった感じですね。面白かったです。
    桜二郎……O次郎!?と思った途端、桜二郎本人もどことなくそう見えたり、『ファン・ファン・ファン』の印がQの字に見えたり。
    西尾JOJOも楽しみです。

  • ふーご

    本当にジョジョは文句なしに面白いなー。
    やっぱり今、こんな面白い漫画を書ける人は荒木先生と富樫の二人しかいないような気がするのは僕だけでしょうか??

  • ブラ坊

    >ふーごさん
    バキとかエクゾスカルとかはどうですか?
    西尾JOJOどうなるんでしょうかね? 恥知らずが良作だっただけにちょっと心配です~

  • チバ

    玉4つは、キラのがくっついたものか、だから少し似てるってか?面白すぎ!!!