雑誌のプロが『凄み』を感じた1冊! 荒木先生描き下ろし表紙の『SPUR』2011年10月号が、『雑誌大賞』グランプリ受賞!

シェアする

 『雑誌のプロ』が2011年下半期で一番すごかった雑誌を選ぶ、Best Magazine Award『第3回 雑誌大賞』で、荒木先生描き下ろしイラストが女性モード誌の表紙を飾った『SPUR』2011年10月号が、見事グランプリを獲得したとのこと。
プレスリリース(PDF) / まんたんウェブ / マイナビニュース / Fashionsnap.com / モデルプレス / コミックナタリー

 荒木先生描き下ろしイラストが女性ファッション誌の表紙を飾ったインパクトやチャレンジ精神、特別付録が『グッチ(GUCCI)』とのコラボ作品『岸辺露伴 グッチへ行く』という豪華さ、普段モード誌を手に取らない層にも大いに注目を集めた事などから、編集長、書店員の票を共に多数獲得し、グランプリを受賞したとの事。SPUR編集長 内田秀美さんは、「一生心に残る企画だった」(モデルプレスの記事より)とコメント。「当初は表紙をグッチをまとったモデルにする予定だったが、撮影前日に急遽変更し荒木先生に表紙のイラストを描いてもらえるよう頼んだ」(Fashionsnap.comの記事より)ことも明らかに。

 授賞式では荒木先生もビデオメッセージで祝福写真)、「(表紙になったのは)本当に光栄で、仕事もすごく楽しかった。女性ファッション誌の表紙を僕が飾るのがあり得ない。『え、本当に描いていいの?』と思いました。描く前に美容院に行ったくらいです。本当におめでとうございます」まんたんウェブの記事より)と、実に荒木先生らしいコメントで喜びを表現されたとの事。

 「SPUR」2011年10月号は、2011年8月に発売され、フルカラー16ページ別冊付録『岸辺露伴 グッチへ行く』が大反響を呼んだ。翌9月にはグッチ新宿で荒木飛呂彦原画展『岸辺露伴 新宿へ行く』が開催、約2万人が訪れた。更に『SPUR』1月号では、荒木先生がイタリアのグッチ・ミュージアムを訪問する「荒木飛呂彦 フィレンツェに行く」が4Pに渡って掲載された。

関連:

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい