ジョジョ名言を現代人の「基礎教養」に! 精神科医・斎藤環さんによる『ジョジョの奇妙な名言集』書評が朝日新聞に掲載

シェアする

 荒木先生がカバー絵を描き下ろした、ちくま文庫『生き延びるためのラカン』の著者で、精神科医の斎藤環さんによる、『ジョジョの奇妙な名言集』の書評が、朝日新聞社の書評サイト『BOOK.asahi.com』に掲載されている。(6月3日の朝日新聞に掲載された内容と同じ)

 斎藤さんは、『ジョジョ』の魅力的なセリフの数々について、漫画を超えて引用され続けているその影響力から、「本書に収められた名言は、いわば現代人の基礎教養なのである。」と言い切る。また、斎藤さんは自身が最も好きなセリフとして、岸辺露伴の「だが断る」を挙げ、自己犠牲をもいとわないナルシシズムの格好良さと評し、こう締めくくられている。

 そう、荒木作品は私たちに教えてくれる。まず自分を愛し、そこから自前の倫理を確立せよ、と。時に猟奇的な様相すら呈するこの作品が、きわめつけの「人間賛歌」と呼ばれるゆえんである。

 そして荒木先生は、『ジョジョの奇妙な名言集 Part4~8』[A]収録の、荒木先生による解説「セリフは、ほとんどが”天然”で生まれています 荒木飛呂彦」で、「人間讃歌」についてこう語っている。

4087206378

 勇気や人間が素晴らしいものなのであり、それを肯定していく考えは最初から変わっていません。「人間がとくかく一番」という極めて単純なこと――「人間讃歌」が、やはり『ジョジョ』の根底にある考え方なのです。そのことは新しい部を描くごとに、肝に銘じています。きっと『ジョジョリオン』のストーリーやセリフにも、滲み出してくることでしょう。

関連:
Amazon.co.jp
(情報グラッツェ!<えいちさん、ろべっちさん、anonimoさん)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい