イタリア料理を食べに行こうの巻! 『ジョジョ展 in S市杜王町』コラボメニュー「トラサルディ」トニオ風コースが登場!※要予約

シェアする

 ヨダレずびっ! 荒木飛呂彦原画展『ジョジョ展 in S市杜王町』のコラボ企画として、宮城県仙台市のイタリアンリストランテ『PADRINO DEL SHOZAN(パドリーノ・デル・ショーザン)』食べログ)から、「トラサルディ」トニオ風コースが登場ッ!

 ジョジョ33巻[A]で登場した、レストラン「トラサルディー」のコース料理、「モッツァレッラチーズとトマトのサラダ」、「娼婦風スパゲティー」「子羊背肉のリンゴソースかけ」「プリン」の4品を、料理長の矢島広之さんがアレンジしたもの。(さすがに「キリマンジャロの5万年前の雪解け水」は無い模様)
 河北Weeklyせんだいの記事によると、矢島さん自身もジョジョ愛読者で、「料理そのものはクラシックな定番なので、ジョジョの“普通じゃない”イメージを形にするのが難しかった。」との事。料理にはスタンド「パール・ジャム」は入っていないので、肩がえぐれたり歯が飛んだり内蔵が飛び出したりしないが、億泰のように「ウンまああ~いっ」と舌鼓を打つことは間違いないだろう。(くれぐれも勝手に厨房には立ち入らないよう…)

 料金は¥6,500(税込、サービス料10%別)。トニオ風コースは要予約となっており、事前に電話予約したうえで、『ジョジョ展』期間中に、チケットもしくは半券提示が必要とのこと。

関連:
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい