テレビ東京系『サキよみ ジャンBANG!』で『ジョジョ』特集ッ! 極秘の『アイデア帳』には、気になる「家系図」が…!?

シェアする


ジョジョメノン表紙用に描きおろされた
承太郎のイラストを手にする荒木先生。

 テレビ東京系で2012年10月19日(金)に放送された、ジャンプ情報バラエティ『サキよみ ジャンBANG!』で、『ジョジョ』特集が行われ、荒木先生のアトリエ訪問とインタビュー映像が放送された。

 インタビュー映像では、ジョジョの名前の由来や、波紋からスタンドに変わった理由などの裏話から、『身上調査書』(PDF)を使ったキャラクターの作りこみ、擬音、カラーの塗り方など作品作りの秘密、そして、ストーリーが事細かく書かれているという極秘の「アイデア帳」の中身など、かなり突っ込んだ内容まで見ることが出来た。

<アイデア帳より、『ジョジョリオン』東方家の家系図(ネタバレ?)>



 アイデア帳に書かれていた『ジョジョリオン』東方家の家系図。だが、長男に子供が2人いたり、長女「座敷ろう」、二男「死亡」など、年齢も含めて、3巻に登場した「家系図」とは異なる部分が見られる。カメラの前で見せてくれたという事は、これらはボツになった案という事だろうか。
ちなみにネタを作品で使った後のアイデア帳は、きちんと保管されているのかと思いきや、何と「捨ててるものもあるかも」との事。(何だってェーッ!?)


 カメラの前でサラサラと描き下ろされた、岸辺露伴のイラスト。視聴者にプレゼントされるかと思ったが、そんな事は無かった。


 ホラー映画で流れる音の話から、荒木先生の『ゾンビ映画』愛が炸裂。「何でもいい! どんなくだらない、「ゾンビ対チアガール」とかそんなのでも大丈夫!!」と発言はヒートアップした。(ちなみに「ゾンビ対チアガール」は本当にある映画で、しかもかなりアレな内容らしい…。)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい