荒木飛呂彦先生による、『死刑執行人サンソン』の書評

シェアする

ビジネスジャンプ4号(1月15日発売)の383ページ、集英社の新書広告にて、荒木飛呂彦先生による「死刑執行人サンソン 国王ルイ十六世の首を刎ねた男」の書評が掲載。

「一族」という言葉には
宿命とか誇りとか
愛と悲しみといったものを
感じ、グッとくる。
「死刑執行人」は世襲制だった。
まるで奇妙な
サクセスストーリーを
読むかのような盛りあがりと
スリルがある内容だ。(荒木)

変人偏屈列伝として漫画化されるのを期待したいところ。

(情報グラッツェ!<焼きメロンさん)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい