「「柱の男」じゃあ今いち呼びにくいッ!」 北海道・さっぽろ雪まつりで、2年ぶり5度目の『ジョジョ雪像』が出現ッ!!

シェアする

 「我われはこの雪像を知っている! いや! この雪まつりのジョジョ雪像と、この奇妙なチーム名を知っている!」 北海道・札幌市で開催されている、第64回さっぽろ雪まつりに、ジョジョの奇妙な雪像が出現ッ!!


『「柱の男」じゃあ今いち呼びにくいッ!』
ゆ…雪まつりのおかげで助かった!
こいつを完全に雪にしてやったぜ!!
コブラチーム

 メキシコの遺跡で発見された柱の男、『サンタナ』!! しかも周りに埋め込まれているのは、ジョジョの各エンブレムッ! そして側面には、荒木先生のトレードマークの『ペンだこ付き手のひら』という、「手まひまかけてこさえてありますなあ」、とジョジョファンの愛情と拘りが込められた造形。

 この奇妙な雪像を作り上げたのは、ジョジョファン有志による雪像制作チーム『コブラチーム』。イベント参加は、2008年『石仮面』2009年『石仮面(エイジャの赤石付)』2010年『花京院からのメッセージ』2011年『昔 猫だった植物』に続き、今回で5度目となる。(2012年は抽選に落選したため不参加)

 ジョジョ雪像は、「西12丁目会場」で、イベント最終日の2月11日(月・祝日)まで展示。また、2月8日(金)18:30より、『コブラチーム』による雪像の補修が行われるとのこと。(造形に何か変化がある・か・も?)

関連:
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい