超美麗画集+別冊2冊(STANDBOOK & HISTORYBOOK)+ジョジョ展ドキュメンタリーBlu-rayディスク2枚構成!! ジョジョ25周年記念画集『JOJOVELLER完全限定版』

シェアする

★『JOJOVELLER』と『JOJO-A GO!GO!』の比較記事などを追加。

JOJOVELLER完全限定版
JOJOVELLER完全限定版[A]

価格:¥ 20,000

ジョジョ25周年記念画集『JOJOVELLER(ジョジョベラー) 完全限定版』
Amazon.co.jp
/ 楽天ブックス
/ 漫画全巻ドットコム
楽天市場店

 東京ジョジョ展でサンプルが展示され、ジョジョファンが待ち望んでいた、ジョジョ25周年記念画集『JOJOVELLER(ジョジョベラー)』の全貌が、遂に明らかにッ!!
 画集+別冊2冊(STANDBOOK & HISTORYBOOK)に加えて、Blu-ray DISC2枚付き(DISC1:東京ジョジョ展ドキュメンタリー映像、DISC2:荒木先生の制作現場に密着した原画メイキング映像)の「完全限定版」(2万円)は、完全受注生産で、2013年5月7日まで予約受付(刊行は9月19日予定)。また、本のみ3冊をパッケージした「通常版」(予価8,500円)も、1年後の来春発売予定。2万円はヘヴィすぎるし、画集だけでいいから欲しい!という方は、来年春まで待とう。(集英社から「待てるかァ~~ 待てるかァ~~ JOJOファン 待・てェ・るゥ・カァ」という声が聞こえる!?)

JOJO A-GO!GO! (愛蔵版コミックス)
JOJO A-GO! GO!

漫画全巻ドットコムで再入荷中!!

 荒木先生の画集は、2000年に発売された『JOJO-A GO!GO!』以来、実に13年ぶりとなる。『JOJO-A GO!GO!』は、マンガの画集としては 6,800円とかなり高価だったが、収録内容はディ・モールト豪華で、その価値を『納得』できる内容だった。(Amazonのレビューも参照)

 今回の『JOJOVELLER』は、限定版が2万円、通常版でも8,500円と、『JOJO-A GO!GO!』をブッ飛び越える価格。果たして、価格に見合うだけの豪華さ、ボリュームとなっているのか。それぞれの構成を比較してみた。

<『JOJOVELLER』VS『JOJO-A GO!GO!』>


外装
JOJOVELLER JOJO A-GO!GO!

「初回限定版」は、金箔ロゴに型押しのジョジョモノグラムが美しい 黒エナメル調豪華BOX。
(「通常版」の外装は不明)

遊び心ある豪華BOXは、円盤部分をくるくる回すと、小窓から覗くイラストが変化する仕掛けがある。(トリッシュの顔が、荒木先生に!?

価格
JOJOVELLER JOJO A-GO!GO!
完全限定版:20,000円
通常版:8,500円
6,800円
構成
JOJOVELLER JOJO A-GO!GO!
画集+別冊2冊(STANDBOOK & HISTORYBOOK)
※限定版は Blu-rayディスク2枚付(DISC1:東京ジョジョ展ドキュメンタリー映像、DISC2:荒木先生の制作現場に密着した原画メイキング映像)
画集+別冊2冊(スタンドカタログ & 荒木飛呂彦パーフェクトブック)
画集
『JOJOVELLER』 『JOJO A-GO!GO!』
画集『JOJOVELLER』
(B4判 変形サイズ 全208ページ)
※雑誌広告では220Pと表記
ジョジョ第6部~第8部を中心に、ジョジョ展描き下ろし「ジョジョ日本八景」や、渋谷の壁面を飾ったイラスト他、描き下ろし含め、300点以上のイラストを収録。荒木先生が厳選した過去の傑作イラストの解説も収録。
画集『JOJO A-GO!GO!』
(B4判 変形サイズ 全148ページ)
ジョジョ第1部~第5部を中心に、描き下ろしイラスト(ジョジョキャラ達がダンス!)も含め、約130点のイラストを収録。
別冊1
JOJOVELLER JOJO A-GO!GO!
「STAND BOOK」
(A5判 全320ページ(予定))
第3部以降に登場するジョジョの全スタンド(120体以上)、およびスタンド使いを完全網羅。スタンドの特徴や能力を作中エピソードを交え、図版で徹底解説。荒木先生自身によるコメント付き
「STANDS」(スタンドカタログ)
(B5判 全124ページ)
ジョジョ第3部~第5部までの全スタンド(88体)を収録。スタンド使いは顔と略称のみ記載。描き下ろしイラスト(主人公&ラスボスのスタンドをセクシーに描き下ろしたイラスト)や、オラオラ無駄無駄回数、荒木先生のベストスタンドなど、各種コラムも収録。
別冊2
JOJOVELLER JOJO A-GO!GO!
「HISTORYBOOK」
(A5判 全160ページ(予定))
荒木先生と初代担当編集(椛島さん)の3時間におよぶ対談を完全掲載。さらに著者本人、歴代担当編集、関係者へのインタビューで25年の“ジョジョ史“が徹底的に解体される。
「ARAKI HIROHIKO」(荒木飛呂彦パーフェクトブック)
(B5判 全124ページ)
イラスト付きイタリア旅行エッセイから始まり、各部ごとの作品背景、幼少の頃のエピソード、ベスト映画、音楽など、荒木先生に関する多種多様なコメントを収録。デビュー~2000年1・2合併号までの、味のあるジャンプ掲載巻末コメントも収録

 画集『JOJOVELLER』で収録されるイラストは、ジョジョ第6部以降のイラストが中心となるため、『JOJO A-GO!GO!』の収録イラストとは、あまり被らない構成となる模様。(逆に言えば、2冊揃える必要があるとも言える。)

 『JOJOVELLER』完全限定版だけに付属する、2枚のBlu-rayディスクは、東京『ジョジョ展』ドキュメンタリー映像と、荒木先生の制作現場に密着した原画メイキング映像。

<JOJOVELLER DISC1 ダイジェスト>

<JOJOVELLER DISC2ダイジェスト>

 「原画メイキング映像」については、小冊子『ジョジョ25周年記念BOOK 上級編』で、荒木先生は「別に…見なくてもいいっすよ(笑)」と謙遜されていたが、ジョジョマニアとしては勿論、ディ・モールト見たいッスよォ~~!!

 『JOJOVELLER』は、“JOJO”と“TRAVELLER”を合わせた造語。ジョジョの歴史を旅するような、この素晴らしい『黄金体験』を手にできる日が、本当に待ち遠しい。13年は長かったぞォオオオオッ!!

<ジョジョの歴史を巡るジョジョベラー スペシャル PV>

関連:
ジョジョ25周年記念画集『JOJOVELLER(ジョジョベラー) 完全限定版』
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい