「どれだけ勇気と幸せをいただいたことでしょう」 『まんが道』43年の物語完結に寄せて、荒木先生のお祝いコメントが掲載

シェアする

 4月5日発売の漫画誌ビッグコミックオリジナル2013年4/20号[A]掲載の『愛…しりそめし頃に…』完結記念メッセージで、荒木先生がお祝いのコメントを寄せている。

 藤子A先生の自伝的作品『まんが道』の続編として、1989年から連載されてきた『愛…しりそめし頃に…』[A]が、4月12日発売の増刊号で完結するのに合わせての記念企画で、
漫画家だけでなく各界から84組がお祝いのコメントを寄せている。荒木先生のコメントは約260字で、『まんが道』から数えて43年間続いた作品に、“初めて読ませていただいた子供の頃から現在までに、どれだけ勇気と幸せをいただいたことでしょう。特に、この『まんが道』から続く『愛…しりそめし頃に…』は生きるための道しるべであり、時代の証言であり、日本の漫画界の発展の記録であり、しかも何といってもストーリー漫画として面白すぎです。”と、深い感謝と祝福の言葉を綴っている。なお、荒木先生は『まんが道』愛蔵版にもエッセイを起稿している

関連:
(情報グラッツェ!<久仁彦さん)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい