生命を創り上げた男

シェアする

およそ170年前、偶然「生命」を創り上げてしまった男の話。実験の真偽よりも、それに対する世間の反応が不気味で、悲劇的。

彼はヨーロッパ全体から憎まれ、教会は彼をあたかも神を冒涜する悪魔の手先として扱い、彼の家の側を訪れては悪魔払いさえ行なった。街の人々は彼の姿が見えるだけで扉を閉じて彼を拒絶し、商人すらも彼と取引することを拒んだのだ。

もし、「生命を生み出す能力」が世間に知れてしまったら、ジョルノもボスを追うどころじゃあなかったかもしれない。

#『変人偏屈列伝 エピソード7 アンドリュー・クロス – 生命を創り上げた男』を、ディ・モールト読んでみたい…。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい