ディアボロの受難 -ボスの奇妙なレクイエム-

シェアする

オ、オレは何回死ぬんだ!? 次はど…… どの漫画ネタから…… い… いつ「襲って」くるんだ!? オレは! オレはッ!
 オレのそばに
   近寄るなああ
     ――――――――ッ

終わりのないのが『終わり』、それが『ディアボロ死亡ネタ』。

関連:

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい
  • ~J・デリダ的にジョルノVSボスを考える~
    ある秘儀(キングクリムゾン)を
    別の秘儀(GER)が秘儀のままで吸収した。
    J・デリダによると、秘儀を秘儀のままに
    吸収することは、対象に責任を負わないことだ。
    かつて部下だったジョルノが、
    秘儀を使うボスにもはや責任を果たさなくなる
    ボスにはそれが最も恐ろしいことなのだ。
    ライフカードのたとえを使えば
    オダギリジョーの後輩がジョルノだ。
    GERを持つことで
    オダギリだけではなく
    敵意を持ついかなる相手に対しても
    責任を負うことはなくなる。
    相手を無理解のまま放置するスタンド。
    無駄無駄と断言するだけでなく
    実際に行為で体現すること。
    無駄という思想と行動のバランスの完成型。
    無理解のまま自分の中に抱擁し、かつ捨て置く
    理性へのレクイエムがGERなのかもしれない。