「もしもタバコがなかったら、あの名作は生まれませんでした」

シェアする


雑誌『BRUTUS』No.566(2005年3月1日発売)は、1冊まるごとコーヒー&タバコ特集が組まれているが、その中の、映画や小説、音楽、漫画の名「喫煙」シーンを紹介する、「もしもタバコがなかったら、あの名作は生まれませんでした」にて、ジョジョ屈指の名場面、「リサリサ先生、たばこ逆さだぜ」(ジョジョ10巻)が紹介ッ! コメントも実にベネ!

「女神のごとく慕われていた」弟子のシーザーが殺された事実を知り、必死に感情を抑えようとタバコを口にするリサリサ先生。もうひとりの弟子(というか主人公)であるジョジョにタバコが逆さであることを指摘される。そして、震える手でタバコを持ち直す。
そこが敵地であること、ジョジョの前であることから気丈に振る舞おうとした結果の逆さタバコ。視覚に訴える手法で、最愛の弟子を失った悲哀が強調されている。

ちなみにジョジョ以外で紹介されている漫画は、青い春―松本大洋短編集新さん青い車Nana船を建てる国民クイズ哭きの竜(Amazon)。「シブイねぇ…まったくおたくシブイぜ」(というか正直全然分からない…)

#コーヒーやタバコに興味が無くても面白く読める濃い記事なので、是非チェック…と言いたいんですが、書店ではもう次のNo.567が並んでいると思われるので(紹介遅れてスミマセン(つД`) )、書店で無かった場合はバックナンバー常設店でチェック。

関連:

  • ジョジョの奇妙な冒険 23巻、作者コメント

    最近、苦手なものにタバコの煙がある。近くで他の人が吸っていても、つい気になってしまう。と、いうわけで、ホル・ホースにも禁煙してもらうことにした。しかし、以前に決定した登場人物の小道具を、イキナリ変えるのは問題があるぞ。うーむ。だが冷静に考えれば、ホル・ホースは考えをコロコロ変える男。「まっ、いっか」 というわけで彼はいきなり禁煙用パイプになったのであった。

  • 『BRUTUS』2005 3/15号JOJO – 本日のはてなジョジョ
    個人的には62巻169Pの「スッパーッ」な人も印象深いです(笑)。
(情報グラッツェ!<QTQさん、Dさん、CON$さん、)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい