ジョセフもきっと読みたがる? 英訳版「JOJO」が登場!

シェアする


追記:Americanさんから頂いた情報(ジョジョ紹介文、擬音の一覧)を追加ッ!!
追記2:紀伊国屋書店の洋書コーナーに SHONEN JUMP があったとの報告が!

「ドラゴンボール」「ワンピース」「BLEACH」他、日本の人気ジャンプ漫画が英訳され掲載されている、北米版少年ジャンプ「SHONEN JUMP」8月号(No.32)で、遂に英訳版「ジョジョ」が登場ッ!!

リンゴテイのもなこさん、そして、Americanさんより頂いた情報(ディ・モールト・グラッツェ!!)を纏めると、

  • 8月号には、ジョジョ1部~6部の解説(カラー2P)と、ジョジョ3部の第2話(コミックス13巻の1話目)が掲載。ただし連載ではなく、コミックス(9月発売)のプレビューとしての掲載
  • 「SBR」の紹介は無し。また、荒木先生のコメント等も無し。
  • カラー解説ページには、ジョジョの歴史として以下のような文章が。

    「ホラーとアクションの入り混じった荒木飛呂彦の『ジョジョの奇妙な冒険』は、1987年から始まった(!)、週刊少年ジャンプ史上最も怪奇で面白い漫画である。この漫画は、高橋和希や武井宏之など多数のマンガ家に非常に大きな影響を与え(彼らはこの漫画の熱狂的なファンでもある)、『ジョジョ』は初めて戦闘中に主人公がモンスターや魂を操った戦った漫画である。」(意訳:Americanさん)

  • ジョジョの擬音は、英語だと以下の通りに。
    ・「ドォ~~ン」→「BOOSH」
    ・「ザザザザザ・・・」→「SHAAASH」
    ・「ゴォ~~~~~ッ」→「SHAROOOOO」
    ・「ガンッ」→「WMP」
    ・「ウリ ウリ」→「Koo! Koo!」
    ・「ヌオオオオーッ!」→「NOOOOOOO!」
    ・「パチン」→「SNP」
    ・「コツ コツ コツ コツ」→「TMP TMP TMP TMP」
    ・「ド~~~~~~~ン」→「DOOOOOOOM」
    「ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ」→「RMMMB RMMMB」
    ・「ガッシャ~~~~ン」→「KLAAAANG」
    ・「ドォオオオオオ」→「FWOOOOOM!」
    ・「シュゴオオオ」→「SHWAAAAAM」
    ・「ドン」→「VOOOOOM!」
  • 3部の英訳版コミックス(GRAPHIC NOVEL)が、9月より刊行予定! 北米でのコミックス価格は $7.95。出版元はVIZ MEDIA

これまでなぜか英訳されて来なかったジョジョだが(「BAOH」は英訳されている)、この3部の第1話を見る限り、セリフや独特の擬音も丁寧に英訳されている様子。今後続々登場する、洋楽から名付けられたキャラ名やスタンド名が、果たして何処まで忠実に英訳されるのかが気になるところ。

この北米版ジャンプは、SHONEN JUMP公式サイトより、日本からでもネットで購入可能 (※現時点では、先月号の31号までしか注文できないので注意)。価格は送料込で1冊 $10.95(日本円で1200円程)とかなり割高。ジョセフもきっと読みたがる(?)英訳ジョジョ、興味のある方は買ってみては?

追記:
紀伊國屋書店の洋書コーナーでも、この北米版ジャンプが販売されている模様!(大阪・梅田本店福井・福井店で報告アリ)。気になる方は、最寄の紀伊国屋や、洋書を扱う大型書店をチェックしてみるベシ。

関連:

(情報グラッツェ!<七誌さん、もなこさん、Americanさん、J-フィルさん、
チコリ・ケェルケゴール さん、FANEEEEE!さん、名無しさん)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい