旅館全焼、竹久夢二の絵も焼失

シェアする

平利を定宿にしていた画家竹久夢二ら文人墨客が残した多くの書画も、今回の火災ですべて焼失したという。

どこかで「絵の幽霊」になってたりして。

(情報グラッツェ!<Gペンマニアさん)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい