SBR感想 #17 敵はどいつだ?

シェアする

スティール・ボール・ラン #17

SBR感想 #17 敵はどいつだ?
4th. STAGEで何とかDioを撃破し、遺体「脊椎部」をゲットしたジャイロとジョニィ。しかし、リタイアしたかに見えたDioはボロボロになりながらもゴールし、何と大統領と手を組んだ! 部下を得たDioは、チームでジャイロたちを狙う。そんな中、5th.STAGEが始まる!!

【「@JOJO」に寄せられた、今月のSBR感想】

  • おいおいおいおいおいおいおいおいおい。

    ちょっと待て、ドット・ハーンおまえ何やってるのか分からない。リタイアだと?かませ犬だったのか、優勝候補の分際で・・・。

    ハーンの活躍に期待してたがガウチョ以下の価値しかもたなかったね。残念。

  • 折角だから、あの曲に公式な旋律を作ってほしいです(笑)。
  • SBRが映像化した場合、メインテーマは
    『レラレラレラレラレラ』
    OH MY GOD!!
  • ジャイロとジョニィ仲良すぎだろ。「バンド組む?」に超笑った。
    もうお前ら結婚しろよ。
  • あーん!ドット様(略
  • まず一言、「合作の影響で荒木が壊れた!」
    と本気で思いました。
    本編は緊迫感があり申し分ありませんでした。
    スタンドはスタンドでしか攻撃できない原則が有効なら
    遠隔自動タイプの敵を倒せるのか疑問です。
    鉄球1号2号はスペアが手に入るのか?
    国王との連絡などのサポート係りは登場するのか?
    まあホットパンツ達も側にいるので大丈夫かなと思います
    皆さんに警告です。
    荒木の作品は危険です。気が付くとUJを手にしている。
    いったいいつの間に!!「スタンド攻撃」だと思います。
    気が付くと読んでいます。
    「最後まで読んだはずなのに最初のページに戻っている」
    時間が戻っている!!
    「気が付いたら夜だった」
    時間が加速している!!
    「なぜ名古屋にいる。気が付くと引き寄せられてる」
    空間を削り取られたんだ!!
    恐ろしい体験です。もう20年間この調子です。
  •  ドット・ハーンが敵かと思いきや、敵の能力によって愛馬ごとバラバラにされるという悲惨な最期を遂げた『被害者』だった訳で。
     ジャイロは二つの鉄球を失い、今や敵に立ち向かう事ができるのはジョニィだけ。次号からジョニィがさらなる生長を遂げる事に期待したい。
  • ドット・ハーン、使い捨て……
    新しい敵の姿も分からないし、ちょっぴり展開が遅くなった気がする……
    ジョニィの脊椎もまだ能力は出てない様子で、今回の戦いの最中で発現しそう
  • 今回は…
    ドットハーン追悼。
    チーズの歌は名曲。

    それぐらいかな。

  • 敵は、追いかけてくる人影の肩に棒のような物が描かれている状況から、間違いなく、ノリタケ・ヒガシカタであるようである。
    ジャイロの奇行にジョニーが乗っているのか乗っていないのかイマイチ掴めなくて爆笑。
    今後、鉄球はどーするのだろうか???
    最近、本人が名付けたのに、本人さえ爪弾(つめだん)は「タスク」と呼ばない…。
    ついに、脊椎の能力発動か???
    ああ~~~早く9月の後半になってくれっっっっっっ!!!
  • とぼけた歌を歌うジャイロ&ジョニィから第七部完ッ!なピンチまで、読んでて目が離せないとはこの事か!!!
    「ドット・ハーン=DIOの相棒」説もきっちり生かしての構成にディ・モールト満足!!

    「買いにくい表紙だ・・」なんて気にしてる暇はねぇっ!!
    見つけたら「即・買い」だァッ!!

  • レラレラレラレラ♪
    ゾラゾラゾラゾラ♪

    ・・・何を言ってるだァーッ!ジャイロッ!

    そんな貴方が大好きです!!

  • 「ピザ・モッツァレラピザ・モッツァレラ レロレロ・・・」メロコアで聴きたい歌だね。というかこのツェぺリの和まそうとしてくれる話にジョニイーがのり良く付き合ってくパターンは黄金パターンとかしてるな。

    どいつなんだ・・・スタンド使いは・・・
    ドットハーン!!やはりかませか!(登場したときからみんな言ってたけど)

    やっとジョジョが一人で何とかしない場面が来ましたね。敵のスタンド攻撃のとき超早口になるのは伝統!
    鉄球どこから手に入れるのかな。。まさか新能力の複線?

  • ジャイロが変な歌を・・ジョニイはノリがいいなあ・・・
    今月号は敵が誰かわからない不気味さと得体の知れない
    能力がよかった!!
  • 個人的に黒い男=ドットハーンだと予想していたので、
    彼が出てきたときにはやった!と思いました。
    ・・・が、さすが荒木先生、予想を裏切るのが上手いです(笑)

    最近ビーティーを読んで、どうやったらこんなに画風変わるんだ・・・と

  • チーズの歌の『譜面』を作って欲しいッ!
  • 期待してたドット・ハーンが見開きで登場した時は心躍った。
    が、やはり只の雑魚だった・・・。
    それにしてもジョニーってこんなに弱かったっけ?
  • 結局ドット・ハーンもガウチョなみの扱い・・・
    ちょっと悲しい

【今月のSBR 感想サイトリンク集】

  • 5thSTAGEがスタートし、いつものメンツはいつもの通り上位を占めている様です。
    だが、その中に謎の影が…!!

    果たして、これは誰なのか!?
    かなり思わせぶりなのですが、先月からの流れだとやはりノリスケ?
    それともまだ見ぬ『ランキング表の名前だけキャラ』か!?
    ノリスケと考えるのは、単純かなあ?
    【続きを読む】

  • *やっぱりドット・ハーンは当て馬だったァ~~!!!

    *ピザ・モッツァレラ♪ピザ・モッツァレラ♪レラレラレラレラレラレラレラ♪「そこちょっと420」に次ぐ一ページ丸々を使ったおバカギャグにシビれた!!どういう神経してんだ、荒木センセは。
    【続きを読む】

    サイト:toppoiの部屋
  • ●5th.STAGEも8日目。すでに行程の半分を過ぎています。サンドマンにポコロコ、ホット・パンツ、ドット・ハーンと、トップグループは相変わらずの顔ぶれ。そんな緊迫の中、ジョニィはいつものように冷静かつ客観的に状況を見極めていますね。ここらへんは、さすが天才ジョッキー。
    ところが、ジョニィは大真面目にレースを考えているってのに、ジャイロは思いっきり能天気です。「失礼ィィ~」のギャグに続き、今度は自慢のオリジナル・ソングを作っていました。この男、いつもこんな事ばっか考えてるのでしょうか?無邪気なジャイロと冷たい視線のジョニィが笑えます。ただ、もう何週間も一緒に旅してきただけあって、ジョニィもジャイロの扱い方(あしらい方?)は上手くなっている様子。一応、ノッてあげてます。ちょっと本気で気に入ってる感もありますけど。ジャイロも祖国ではあんまり友人も作れなかったろうから、やたら生き生きしてますね。微笑ましい2人でした。
    【続きを読む】

    サイト:あらき100%
  • 5th.STAGEスタート!
    ジャイロ・ジョニィをはじめとするレース参加者は、一路ゴール・シカゴへ。

    で、ここでジャイロのシュールネタきましたw
    『作詞作曲 ジャイロ・ツェペリ ~チーズの歌~』
    ああああ・・・!レラレラが頭から離れない・・!!w
    ジョニィの返しが良いね。
    「耳にこびりつくんだよ! レラレラのとこが」
    前にも書いたけど、こーいったどーでも良い会話大好きっすw
    【続きを読む】

    サイト:しやわせ空間
  • 5thステージ開始から早8日。
    いきなりトップ集団の中でのシーンからスタートです。
    謎の黒い影ですが、背負っている道具を見るとノリスケ・ヒガシカタのようにも見えますが…ブラフかなぁ。

    こういうバトルの合間には一ネタ入れるのが恒例のようになっていますが、今回もジャイロの歌という素晴らしいネタが(笑)
    ジャイロ可愛いよジャイロ。
    【続きを読む】

    サイト:よりみち帳
  • ド、ドットハーンどの!!・゚・(ノД`)・゚・。
     ここまでひっぱってきた優勝候補の一角でありますが、ミスリードに使われてあっさりリタイアでした。
     残念ッ、メインになれるよーな人物ではなかったかッ。

     そいえば今回はなんか短いような気がするな、と思ったら48ページでした。
     まぁこれでも普通の月刊連載では充分長いほーなんですが。
    【続きを読む】

  • ミシシッピ川を渡ってミシガン湖をめざす第5ステージです。いきなりジャイロが自作の歌を歌い始めました。この前のギャグといい、どういうセンスなのか理解に苦しむところです。こんなものにも「スゴクいい!」といってくれるジョニィ、あんたはいいひとだ。

    先月号ではディオの求めに応じて、大統領が部下にするようにと用意したスタンドでしたが、その能力はいかなるのものか。
    【続きを読む】

  • チーズの歌が最高すぎました。
    レラレラレラレラ♪
             「マジすか!?」ここら辺が最高すぎます。
    だけどスタンドなしで8位のドット・ハーンがぁ・・・・・
    【続きを読む】

  • 1.レースの状況
     すでに5thステージの中盤に差し掛かっているようです。ポコロコ、ホット・パンツ、ドット・ハーン、サンドマンといまして、あとはよくわからない人物が2人ですかね?ポコロコの後方にいた人物と、トウモロコシでよく見えない人物はたぶん同一人物ではないと思います。たぶん。てか、1人はノリスケ・ヒガシカタなのではないかと。

     んで、後半でジャイロとジョニィが襲われるんですけど、明らかにディオの能力が使われたと思える恐竜が出てきます。そうなるとディオがトップグループのペースに追いついてこれているってことになって、前回言っていた馬のダメージはどうなったのよ?て話になりますよね~。ルールを無視して、なにかいかさまをして追いついてきているんでしょうか。
    【続きを読む】

    サイト:空気供給管
  • 「こんな時、どんな顔をしたらいいのか分からない」、そんな気持ちになりそうなジャイロの歌。しかしそれをジャイロに「聴きたいのかよ?聴きたくねーのかよ?」と言われて、嫌な顔をしながらもちゃんと聴いてあげているジョニィも友達思いのいい奴です。
    1st. STAGE、2nd. STAGEの頃のジャイロだったら絶対にこんなことはしなかったでしょうが、これもおそらくジャイロがそれだけジョニィと打ち解けてきた証なのかもしれません。以前はジョニィが偶然ジャイロの荷物の中身を見そうになっただけで怒っていたのに、今となってはジャイロはジョニィに自分の素性も明かしていますし、ヴァチカンからの手紙も包み隠さずジョニィに見せるようにまでなっています。
    【続きを読む】

  • トウモロコシ畑という遮蔽物が多い状況で、ついにDioチームが仕掛けて
    きます。しかもすでに周到に張られた罠にはまってしまっている状況。
    この小屋がバラバラと崩れてきて、それそのものが脅威である描写が
    何故か凄く好きです。超常的能力を用いた攻撃=エネルギー波が
    当たり前になっている中で、あくまで物理的な干渉で相手を攻撃する
    というところが他のバトルマンガとは一線を画しているからなのかも
    しれない。
    【続きを読む】

    サイト:るつぼ
  • 久しぶりに「ポコロコ」登場!
    まじめな顔しちゃって、ラッキーマンの影も形もない。
    「鉄クズのような、ゴミ箱のようなスタンド」気に入ってたんだけどなぁ。
    寂しい限りです。

    そして「サンドマン」の後方にいる「銃を背負ったような黒い影」。
    「ノリスケ・ヒガシカタ」かと思いきや違うんだろうなぁ。

    なんだか、見え見えの罠にかかってるみたいで「ノリスケ・ヒガシカタ」と思いたくないだけなのかもしれないけれど。
    【続きを読む】

  • 5thステージのトップグループを走るジャイロとジョニィは小屋で小休止をすることにします。
    その途中、ジャイロは自作の歌『チーズの歌』をジョニィに聞かせます。
    「ピザ・モッツァレラ♪ピザ・モッツァレラ♪レラレラレラレラ…」
    すいませェん、さすがにこの荒木ギャグ?のセンスにはついていけません。どう反応したらいいんでしょうか?
    【続きを読む】

    サイト:ISIKASA DASH
  • 5thステージが開幕です。現在地点はミシシッピー側手前3kmの地点。「遺体」の場所は五大湖までないのでガチンコのレースが展開されています。現在トップグループはジャイロ&ジョニィの他に、サンドマン、ポコロコ、ホット・パンツにドット・ハーン、そして詳細が確認できない一人で形成されています。現時点で差が開くような要素は少ないと見て、問題のミシシッピー川をどう渡るかの検討も含め小休止をとることに。これらは全て冷静なジョニィの判断。珍しく従うだけのジャイロでしたが、それには当然の如くワケがあった!
    【続きを読む】

多数の感想、ディ・モールト・グラッツェ!!(投稿18+サイト14)
#投稿が普段より明らかに少ない(つД`) 。そんなにあの表紙が買いづらかった!?

今月号の「SBR」は、いつもよりボリュームダウンし、47ページ昨年の9月号も37ページだったし、この時期はお盆休みの関係で、普段より締め切りが早くなっているのだろうか?

5th.STAGEは、開幕からとんでもないギャグ展開ッ!?

「チーズの歌」 作詞・作曲:ジャイロ・ツェペリ

<1番>
ピザ・モッツァレラ
ピザ・モッツァレラ

レラレラ レラレラ
レラレラ レラレラ
レラレラ レラレラ

ピザ・モッツァレラ

<2番>
ゴルゴン・ゾーラ
ゴルゴン・ゾーラ

ゾラゾラ ゾラゾラ
ゾラゾラ ゾラゾラ
ゾラゾラ ゾラゾラ

ゴルゴン・ゾーラ

さすがジャイロ・ツェペリ、というより、さすが荒木飛呂彦ッ! おれたちに出来ない(以下略)。あまりの唐突さとシュールな歌詞、そして何処まで本気なのか分からないジョニィの反応。この歌の公式なメロディが是非知りたいところだが、それは荒木先生の頭の中にしかないッ!?

そして、衝撃的だったのがやはり、ドット・ハーン、死亡。
第1話から優勝候補の一角として登場、常に上位をキープし続けていた、チンギス・ハンの子孫! 今回の「謎の敵=ドット・ハーン」と思わせた登場も束の間、あまりに「噛ませ犬」な最後に、同情の声が多数聞かれた。

<ドット・ハーン 全セリフ>

「うおおおおおおおおおおおおっ」

「助…けて くれ… うああ…… 何がぁぁ~~~?
 いったいオレは何なんだあああああ!?」

「助けてくれェェェェ―――ッ」

そして強すぎる敵の能力! 触れただけで破壊される謎の能力に、ジャイロの鉄球は2個とも無くなり、ジョニィもいつになく弱気になり、「爪弾では勝てる気がしない」と強調。これはやはり、多くの方が予想されている通り、次号で脊椎のパワーが!? それとも、先日のルーシーが遺体を手にした時のように、またしても読者の予想を大きく外してくるのかッ!? とにかく続きを読ませろッ!としか言いようが無い「SBR」、次号ウルトラジャンプ10月号は、9月19日(火)発売ッ!!

関連:
SHOUT零前さんから、「例の「チーズの歌」をアカペラで歌ってみましたァン!」と、そのmp3ファイルを頂きましたので、ここでせっかくだから公開!

「チーズの歌」
作詞:ジャイロ・ツェペリ / 勝手に作曲&歌:SHOUT零前

SHOUT零前さんからのコメント:
「飾らないボクのスタイルで、テキトーに鼻歌を歌っていたら、なんか曲っぽくなったので、せっかくだから録音してみました。言うまでも無く、作曲スキルなんてありませんよ、ファンタジーやメルヘンじゃあないんですから。っていうかギャグなのでマジツッコミは禁止! 詮索も禁止! …で、どよ? どうなのよ?」

#他にも、「いや、チーズの歌はきっとこうだ!」と、マジに作曲された方がいたら、是非、当サイトにお知らせ下さい!(居るとは思えないけど…)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい
  • Dan

    零前さん、あんた男だぜっ!

  • ガウチョ

    敵はノリスケにほぼキマリ!という意見があったが、まだそれを判断するのはまだ早いと思う。
    ジョニィの「もう一人誰だかわからないけど近くにいる」発言の時の影は確かにノリスケに見えるが、それと畑の中に潜んでた男が同一人物だという保証は無い!さらに言えば畑の中にいる奴が本当に本体か否かもまだ断言できないし。
    前号で影のついた謎の敵を意識させたのも、「影のついた奴は同じ人物だ、そして敵だ」と思いこませるための荒木の巧妙なワナではないのかッ!?と個人的には思ってます。

  • 機関銃トンプソン

    そうか、ジャズだったのか!
    それじゃあ欧州で流行るかも!

  • 「ヨーロッパなら大ヒット」って「ここじゃ流行んねーよ」と言う皮肉かと思った。でもどこまで本気かわかんねー描写だしなぁ。荒木先生め。

  • シロッコ

    感想投稿し忘れた・・・。
    本編もジャイロの歌がおもしろかったですが、PS2ゲームパッケージの書き下ろしイラストが、ディモールト気に入りましたw
    「ずいぶん…君…暇そうじゃぁないか」っていうジョニィのセリフも好きです。今度から返答に困る話題ふられたときはこう切り返そうっとw

  • ぎゃはは

    敵だと思っていたら味方としてかっこよく登場してくれる。
    それがノリスケ!だと思うw

  •   

    とりあえずジャイロの指が六本になってるのに気づけ!

  • エコーズ

    ゼニヤッダ・モンダッタが怪しい

  • たまご

    こいつは大物の味だぜ・・・
    零前!!!

  • cat

    ピザ・モッツァレラ!
    零前さんの歌が耳から離れません。

  • dkkc

    ここでまさかのアヴドゥル復活を期待

  • johney

    バンド組む?

  • ドット・ハーンが噛ませ犬!?
    いや!
    あれは噛ませ犬以下の捨て駒!!
    馬だし捨て駒!!
    マジで!?
    たまらんちゃん

  • そんな・・・
    ハーン様に賭けてたの・・・

  • うん

    今はやらないがいつかはやってくれると思ったのに・・・
    ハーン様・・・