映画のディオ役も緑川光! 劇場版アニメ映画『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』は”2007年春”公開予定!

シェアする

2004年3月に制作決定が告知「TAF2004」でプロモ映像が流され、その後OVAジョジョのサイトで「2006年秋 公開予定」と書かれたが、それ以降は情報らしい情報が出ていなかった「劇場版ジョジョ1部」だったが、9月13日に行われた「ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド共同プロジェクト」記者発表会で、待望の最新情報と上映時期が明らかにッ!!

劇場版アニメ映画「ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド」は、”2007年春(2月~3月)”公開予定。会場では劇場版の最新映像が放映された(スクリーンショット1 / スクリーンショット2 / ポスター)。製作は「OVA版ジョジョ3部」と同じく、アニメーション制作を「A.P.P.P」、音響を「スカイウォーカーサウンド」ブレイブレポートに同社の映像がアリ)、配給を「クロックワークス」が行う模様。今作の監督を勤めるのは「OVA版ジョジョ3部」でキャラクターデザイン・総作画監督を勤められた羽山淳一氏。


発表会では羽山氏も登場し、映画の見所について、「全編、見所なんですが、CGが良い感じに仕上がっています。物語としては二人(ジョナサンとディオ)の最終決戦と、そこに向かっていくシーンですね。原作特有のしなやかに流れているカラダのラインも再現すべく努力しています」、「映像表現だけでなく音響にもこだわっているので、擬音の再現にも注目して欲しい」と語られたとの事(Gpara.com電撃オンラインの記事より)。ちなみに劇場版の声優は明らかにされなかったが、ディオ役については、PS2「ファントムブラッド」でもディオ役緑川光氏であると発表された

映画はジョナサンの成長に合わせて「少年パート」「青年パート」「“ディオ”との対決パート」の3パート(3本立てという意味では無い)構成の約90分。しかし、コミックス5冊分を90分に収めるのはディ・モールト(非常に)厳しく、苦渋の決断としてスピードワゴンの登場をカットせざるを得なかったと衝撃の事実が明らかに。
この事を世界で最も残念に思ったのは、トークイベントにも出席されていたお笑い芸人「スピードワゴン」の2人で、急遽「ワンチェン」役はどうか、という話が持ち上がったとか。

正直、スピードワゴンが登場せずにジョジョ1部が成り立つのか? と誰もが不安になるのは事実。しかし羽山氏もジョジョファンとして悩みに悩みぬいた末の決断なのだろうし、ファンの不安を杞憂にさせる魅力ある映画に仕上げてくれると、オレは信じている。

なお、PS2「ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド」(10月26日発売)の予約特典ディスクには、劇場版のスペシャル映像が収録予定。

関連:
Amazon.co.jp
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

合わせて読みたい
  • (´;ω;`)

    スピードワゴンの名言も聞けないのか・・・

  • 吐瑠磨凛

    この・・・・この「絵柄」はッ・・・
    「北斗の拳」ですかァ――――ッ

  • キタロー

    時間的に一部が削除されるのは仕方ないですね。
    しかし個人的に羽山氏のジョジョは別物ですね。もう少し絵柄に女性的な要素が欲しいです。
    この絵だから北斗の拳と言われちゃうんです。

  • 匿名

    ↑漫画版のファントムブラッド見たこと無いの?
    っていうか確実に第3部まで女性っぽさのかけらもねーだろw

  • とげぞ

    スピードワゴンを削るってことは…二部以降作る気、まったくなし?

  • ディオのリンク集

    ディオのリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。